お住いの屋根の長寿命にする通気下地屋根構法とは

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月18 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください
台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

お住いの屋根の長寿命にする通気下地屋根構法とは

更新日 : 2020年03月30日

更新日 : 2020年03月30日

この記事は通気下地屋根構法についてご紹介いたします

 

お家

 環境や資源面の配慮から国策としてお住いの長寿命化が推進されています。その中でも木造住宅に対する耐久性向上が大きな課題とされています。
 昔から長寿命なお住いに対応する屋根として、瓦屋根の通気構法があります。また、最近ではその通気構法を学問的に取り決めた長寿命な屋根構法として、通気下地屋根構法が国土交通省国土技術政策総合研究所によって発表されました。
本日は通気下地屋根構法についてご紹介をしたいと思います。

 


自然現象から家を守り、メンテナンス費用を抑えることができる

 通気下地屋根構法は、屋根葺き材と下葺き材の間に浅木を入れて隙間を作ることにより、通気性を高める構法です。屋根材を留める釘やビスが下葺き材を貫通しないことが特徴で、下葺き材に穴を開けないことにより、下葺き材の劣化を防ぎ、雨漏りのリスクも減少します。通気下地屋根構法は、様々な屋根材に施工できます。トタン屋根やガルバリウム鋼板のような金属屋根の雨音を気にする方もいると思いますが、雨音軽減にも通気下地屋根構法は役立ちます。
 直射日光を受ける屋根の表面温度は高温になり、夜になれば冷やされて結露が起こり、屋根を腐らせる原因を引き起こします。しかし、空気が通る空間があれば、自然換気が行われ、屋根の劣化を防ぐことができます。夏は屋根にこもった熱を逃して熱伝導を抑え、冬は結露を抑え、1年中室内で快適に過ごすことができます。
 また、メンテナンスの期間が長くなることもメリットです。通気下地屋根構法を行うことで屋根内の空気を循環させ、劣化を防ぐことができます。メンテナンスの回数が少ないため、メンテナンス費用を抑えることが可能です。


 

通気下地屋根構法のメリット

温度を下げる お住い
 今までのような標準的な工法では約30年で下葺材や下地材が傷んでしまい、交換などの補修が必ず必要とされていました。しかし、通気下地屋根構法では外皮内部で空気を自然循環させて木材の劣化を抑制します。メンテナンスの期間を長くする効果を高めてくれ、下地の耐久性の向上を目指しています。
 また、野地と屋根材の間にできる空間と屋根裏、その両方の熱気や湿気を換気棟で排出することで屋根裏の環境を快適にしてくれます。屋根裏からの熱の伝達を抑えて移住空間の心地よさを高めてくれます。ほかにも、夏場の温度上昇や冬場の結露を抑えてくれるためお住い内部の傷みを抑えてくれるのです。


 

施工手順

通気下地屋根構法の施工手順についてご紹介いたします。
①野地板キャップ、軒先水切りを取り付け
②下葺材の後に縦桟を固定
③縦桟を固定した後、横桟、軒先水切などを設置
④スターターと本体をビスで取り付けて完成


 

通気下地屋根構法以外にもある、暑さ対策工事

 暑さ対策のリフォーム工事は何種類かあるのをご存じでしょうか。どのようなリフォーム工事があるのか知っておくと、後にお住いをリフォームする時や購入時に役立つと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

屋根 足場

・屋根通気工法
 二重野地工法などの屋根通気工法で屋根の通気層を付加させます。通気層は屋根の断熱効果以外にも屋根下地を湿気から守ってくれる効果もあるのです。ほかの工事に比べると付加価値の高い工事になります。
この通気工法は屋根の葺き替え工事、または屋根カバー工法を行う際に実施できます。

・自然換気
 屋根の通気効果を高める手段として換気棟の増設もしくは新設をする方法もあります。昔のお住いには換気棟がないことも多く、最低限の数しか取り付けられていなかったため、最近は屋根面から換気する屋根面換気ユニットや下り棟用換気棟なども販売されているようです。
屋根カバー工法や屋根塗装のタイミングでおこなうと一石二鳥です。

棟 屋根裏

・機械式換気システム
 ダクトを通して室内と屋根裏の温かい空気を室外へ排出させる機械式換気システムです。屋根裏の温度や湿気も排出することができ、ダクトのない外壁取り付け商品もあります。取り付けには足場があるほうが良いため、屋根や外壁のリフォーム時に足場を仮設したタイミングで一緒に行うことがおすすめです。

・断熱材を付加
 野地板の上にボード上の断熱材を設置することで屋根の断熱効果を高めます。屋根全体を断熱材で覆うため大きな効果が期待できます。この工事を行う場合は屋根葺き替え工事のタイミングのみになります。

家 断熱材

・天井断熱
 屋根裏にある断熱材を増やすことで屋根空間の熱を遮断できます。室内から屋根裏に入ることができる場合はDIYでも行えます。
 全ての断熱材に言えますが、断熱材は10年経過すると約10~20%弱断熱効果が失われることがわかっています。ですので、断熱効果が永遠に続くことはないと把握しておくことも大切です。

・断熱材一体型屋根のカバー工法
 断熱材一体型の金属屋根は最も熱を抑える効果があります。屋根カバー工法で用いる屋根材として断熱材一体型屋根は最適です。金属屋根の表面は焼き付け塗装された遮熱塗料で熱を抑え、吸収された熱は断熱材で抑えます。

・隙間ができる金属屋根の葺き替え
 瓦屋根や一部の金属屋根は屋根を張ると隙間ができ、その隙間が通気層として機能します。天井断熱や屋根断熱の通気層とは比べられないほどわずかですが、それでも通気層がない屋根材に比べれば5~7度ほど天井裏温度を抑えることができます。


 

まとめ

新築 設計図

 本日は通気下地屋根構法のメリットと施工方法と一緒に、お住いの暑さ対策のリフォーム工事をご紹介いたしました。夏場になるとお住いが暑くて困っているとお悩みの方も多いのではないでしょうか。現在では、上記のようなリフォーム工事や遮熱塗料など、いろいろな手段んでお住いを快適に過ごせる方法があるのです。
 しかし、リフォーム工事を行う場合は必ず信頼のできる業者にお願いすることが大切です。
 街の屋根やさん千葉ではお住いの屋根の点検やご相談、お見積もりを無料で承っております。お住いの屋根のリフォーム工事をお考えの方はぜひご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!