陸屋根やバルコニーの雨水を排水させるための水勾配とは

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

陸屋根やバルコニーの雨水を排水させるための水勾配とは

更新日 : 2020年03月16日

更新日 : 2020年03月16日

歩行可能な屋上やバルコニーの床面、見た目は平らですけど、健全であれば雨が降ったらしっかりと排水され、水溜りができることなく乾燥しますよね。大方の予想通り、屋上やバルコニーの床面には見た目では分からないくらい、歩行しても分からないくらいの勾配が付けられているのです。それを水勾配と呼びます。

※この記事は7分程度で読了できます。

陸屋根、バルコニー、ベランダに必須の水勾配

屋上 インナーバルコニー

子供の頃は不思議でしょうがなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。屋上やバルコニー、ベランダに雨が降り、床面を濡らしていた雨水がいつの間にか乾いており、しかも他の部分よりも早く乾くことを。大人に教えてもらったり、大きくなれば、勾配(傾斜)が付けられているからだと分かるのですが、その勾配が微妙過ぎて肉眼で見ても分からないし、歩いてみても体感できないため、とても疑問に感じたものです。また、そんな微妙な勾配を作り上げる技術にも感動したものです。この排水のための勾配を水勾配と呼びます。陸屋根、バルコニー、ベランダはもちろんのこと、玄関のポーチや外階段と建物には意外とこの必要な部分が多いのです。

 

駐車場やウッドデッキにも水勾配は付けられています

 水溜まり

これまでは水勾配というと主にアスファルトやコンクリートで駐車場を施工する方が気を使っていたものでした。たまに見かけませんか。屋外や屋内のアスファルトやコンクリートの駐車場で一部だけ水溜りができている部分を。おそらく施工直後にはしっかりと排水されていたのに何らかの不具合がおきてそのようになってしまったのでしょう。現在は透水性のアスファルトがあるので、それで施工されている駐車場もあります。

ウッドデッキを備えたお家にお住みの方もいるのではないでしょうか。よく「数年毎の塗装が大変」と言われるウッドデッキですが、実はウッドデッキにも水勾配が設けられており、そのお手入れの手間を低減してくれているのです。水勾配が設けられていないウッドデッキの場合、水切れが悪くなり、お手入れの回数はより多くなってしまうでしょう。

 

実際の建物の水勾配はどれくらい?

ノロ引き 水勾配

ここで建物の話に戻します。現在のALCや鉄筋コンクリートの建物の場合、水勾配は1/100~1/200が適切であると言われいます。水平方向に1mで落差が5~10mmです。かなり気付きにくい勾配なのではないでしょうか。これ以上にすると歩行に支障が出たり、不自然な勾配となってしまうそうです。確かにビルの屋上などは勾配を感じませんし、僅かな傾斜でしっかりと排水させる技術は驚嘆に値するものです。

 

勾配の向きと角度が変わるのも水勾配の特徴

パラペット 防水工事中

陸屋根の水勾配を見ていると面白いことが分かります。陸屋根は外周部を取り囲むようにパラペットと呼ばれる壁が設けられているのが普通であり、そのパラペットの内側にはほとんどの場合、排水溝が設けられています。普通の平部(床面)は排水溝に向かって下りの水勾配が付けられており、排水溝自体には排水口へ排水するための勾配が設けられています。急激に勾配の向きが変わり、さらには排水させるための傾きも変わるのです。当然のことながら、普通の平部よりも排水溝の方が勾配を設けられています。また、普通の平部(床面)において頂点をどこにおくかも重要であり、どのように水勾配を設けるかも重要になってきます。陸屋根の中央を頂点として満遍なく360°方向に水勾配を取るのか、片方に流れるようにするのか等、さまざまな手法があるのですが、ここら辺は腕の見せどころだそうです。

 

水勾配の直し方

ウレタン防水 アスファルト防水

屋外の駐車場では経年で水勾配が変わってしまうのはよくあることです。巷の交通量が激しい舗装道路では轍ができていることがほとんどです。一般的な建物ののバルコニーベランダ、屋上でも水勾配が変わってちょっとした排水不良が起こります。こういった場合はポリマーセメントペーストやポリマーセメントモルタルを床面などに塗り、水勾配を作り直していくことになります。ノロ引きと呼ばれる作業で熟練の腕が要求される作業です。もちろん、狭い面積よりも広い面積をノロ引きする方が高い技術力を要求されます。正に職人の世界です。

水勾配のまとめ

バルコニーやベランダ、陸屋根の一部分に水溜まりができるようになるとその部分の劣化は早くなりますし、付近の壁などに藻なども発生しやすくなります。また、ベランダや床面など人工芝などの敷物を敷くのは紫外線を防ぐという意味ではいいのですが、水勾配を台無しにしている可能性もあります。敷物ををする場合は必ず定期的な掃除を心掛けてください。その敷物がきっかけで雨漏りに繋がる可能性も忘れないようにしましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。 屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を大きくして、雪が自然に落下するように屋根を作ることもあります。  屋根勾配は屋根材の…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!