複雑な形状もしっかり防水、強靭な防水層も作成可能な塗膜防水とは?

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月23 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

複雑な形状もしっかり防水、強靭な防水層も作成可能な塗膜防水とは?

更新日 : 2020年01月23日

更新日 : 2020年01月23日

texts
屋上や陸屋根、バルコニーやベランダの防水工事はシート防水やアスファルト防水とさまざまなものがありまずか、一般的な戸建て住宅にお薦めなのが塗膜防水(メンブレン防水)のウレタン防水かFRP防水です。ウレタン防水も、FRP防水も、複雑な形状の部分にも防水工事が可能ですし、FRP防水に至っては下地が強固ならば車の走行も可能です。※このページは約6分程度で読了できます。
headlinesstrapline

塗膜防水とは

columns
塗膜防水(ウレタン)を施工中
メンブレン防水を施工中
texts
防水性を持つウレタンやポリエステルを原料とした液体を塗り重ねることによって防水層を形成し、雨水などの浸入を防ぐのが塗膜防水です。ウレタンやポリエステルといった液体が乾燥した際、水分を通さない塗膜になることによって防水層となるのです。塗膜で防水するから塗膜防水です。

液体を塗り重ねていくので、どんな複雑な部分にも施工できるというメリットを持っています。また、ポリエステルを原料とした液体と繊維を組み合わせたFRP防水では非常に頑健な防水層を造ることも可能です。

塗膜防水にはウレタン防水とFRP防水があります。
headlinesbyline columns
ウレタン防水材「DSカラーゼロ」
ウレタン防水材を立ち上がり部の塗布
texts
ウレタン防水とはウレタンを主原料とした液体の防水材を塗布し、防水層を形成する工法です。塗布面とその周辺の高圧洗浄など綺麗し、下地調整を行ってからプライマーを塗布。その時の温度に合わせて規定時間、乾燥させ、その後、ウレタン防水材を塗布。再度、規定時間、乾燥させてウレタン防水材を塗布し、仕上げていきます。最後にトップコートを塗布し、紫外線による劣化を防止します。

液体ですので、それぞれ粘度が違った立ち上がり部(床面から垂直の壁にかわる部分)用と平部(床面)用の防水材が用意されています。垂直となる立ち上がり部でも垂れにくいよう工夫されていることにメーカー凄さと努力を感じます。
headlinesbyline columns
FRP
CFRP
texts
FRPはFiber-Reinforced Plasticsの頭文字を取ったもので、和訳すると「繊維強化プラスチック」となります。繊維強化プラスチックと言われてもちょっと意味が分かりませんよね。簡単に説明しますと柔軟性があるガラス繊維に固いプラスチックを含浸させて、柔と剛を両立させようという技術です。固いプラスチックが変形に耐えられなくなり、破砕しそうになると裂けるのをガラス繊維が繋ぎとめるという仕組みです。

 水密性に優れるプラスチックですから、防水性は折り紙付きです。FRPはバスタブやプールにも使われる素材ですから数ある防水工法の中でも信頼性が高いものなのです。

世間でカーボンと呼ばれているものはCFRPであり、こちらは炭素繊維が破砕を繋ぎ留めます。ちなみに日本刀も同じような構造をしており、刃はとても固いのですが、刀身は柔軟性がある鉄を用いることによって刃毀れしないようにしています。
塗膜防水の魅力は、一度塗膜防水工事を行えば表面のトップコートだけを塗り替えるだけで防水を継続できることです。そのためメンテナンス費も抑えることができます。ウレタン防水とFRP防水それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

・ウレタン防水
ウレタン防水は液体を塗って防水層を作るため、シート防水と違い繋ぎ目が存在しないのでより防水効果を期待できます。臭いを抑えたものや温度の上昇を抑える素材のものや表面の色も選ぶことができ、お住まいに合った機能、色を選択することが可能です。価格はFRP防水と比べるとウレタン防水の方が低いです。耐久年数は10年ほどです。一方デメリットは、手作業で液体を塗るため、機械を使用したように均一に仕上げるのは難しいことや臭いがあることが挙げられます。

・FRP防水
ウレタン防水に比べて強度が高いので、ベランダなど歩行する部分におすすめです。また、ウレタン防水のデメリットである均一に仕上げることが、FRP防水では可能なので見た目をより綺麗に見せたい方に向いているかもしれません。速乾性もあるので工期が短いのも特徴です。こちらも耐久年数は10年ほどです。デメリットとしては、ウレタン防水に比べてコストがかかってしまうことやこちらも臭いがあります。さらに、施工時の温度に合わせて施工を行うため、天気に左右されやすいことも挙げられます。
headlinesstrapline

防水工法は主に2種類、通気緩衝工法と密着工法

columns
通気緩衝工法の脱気筒
床に何見ない密着工法
texts
防水工事の主な工法として通気緩衝工法と密着工法が知られています。通気緩衝工法は防水層の下に入ってしまった雨水が排出する仕組みを持った防水工法です。密着工法は防水層の下に漏水しないことを前提とした防水工法です。塗膜防水であるFRP防水も、ウレタン防水も、通気緩衝工法と密着工法のどちらにでも対応できます。
headlinesbyline texts
下地と防水層を密着させてしまう工法が密着工法です。メリットは工程がシンプルなので工期が短いこと、それがコスト低下に繋がることです。デメリットは雨漏りで防水層の下に水が入ってしまうと防水層が膨れたり、浮いてきたりしてしまうことです。一般的な戸建てのバルコニーやベランダなどの小面積の防水に用いられることが多い工法です。
headlinesbyline texts
防水層に湿気を排出する脱気筒を設け、防水層の下に入ってしまった水分を排出できるというのが通気緩衝工法です。水分は液体としてではなく、水蒸気となったものが脱気筒から排出されます。メリットは過去に雨漏りしたことがある部分にも施工できることと、水蒸気を逃がせるので防水層の耐用年数が長くなることです。デメリットは通気緩衝シートや脱気筒を設置しなければならず、その手間とコストがかかることと、歩行を前提としている陸屋根などではその脱気筒が邪魔になることです。

ある程度、年月が経過した建物の防水工事をするなら、通気緩衝工法がお薦めです。その時点で雨漏りしいなくても、過去に漏水していたり、気付かないだけで雨水が浸入していた可能性もあるからです。
headlinesbyline columns
さまざまなものを破壊する紫外線
トップコート塗布
texts
屋根があるベランダ、四方を壁に囲まれているバルコニーはまだしも一日中、太陽光が耐えることのないという陸屋根も世の中には存在します。FRP防水やウレタン防水などの塗膜防水はとても紫外線に弱いのです。そのため、トップコートを塗布することにより、紫外線を遮って防水層を守ってあげる必要があります。トップコートの耐用年数は5~7年と言われています。定期的にトップコートの塗り替えを行うことによって、防水層の耐用年数も伸ばせますので、忘れずに行ってあげてください。
texts

木更津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。木更津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する木更津市特設ページはこちら

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!