トタン屋根の他、メッキ鋼板の種類とそのメンテナンス方法を屋根リフォーム専門スタッフが教えます

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

トタン屋根の他、メッキ鋼板の種類とそのメンテナンス方法を屋根リフォーム専門スタッフが教えます

更新日 : 2020年01月08日

更新日 : 2020年01月08日

texts
トタンは古くから建材として使われており、住宅の屋根や外壁、さらには倉庫やちょっとした自転車置き場の屋根など様々なところで見かけます。そんなトタンの種類やメンテナンス方法を知ることで今のお住まいを長持ちさせたり、今後のリフォームの参考にしていただければ幸いです。
texts
headlinesstrapline

トタン屋根の種類

texts

「トタン」とは金属屋根の種類の一つです。
主に
・トタン
・ガルバリウム

・ブリキ

などが挙げられます。

それぞれの違いは以下の通りです。


・トタン
亜鉛でメッキした鋼板です。ブリキよりも耐用年数が長いが、最近主流のガルバリウムと比較すると耐用年数が短いため屋根材としては工事をする場合は殆どがガルバリウム鋼板が使われています。耐用年数は10年から15年ほどです。


・ガルバリウム

トタン、ブリキよりも耐用年数が長いため屋根材として現在主流となっています。アルミニウム、ケイ素、亜鉛の合金で耐用年数は10年~20年程です。


・ブリキ

ブリキは鋼板にすずでメッキしたものでトタン、ガルバリウムと比較して耐用年数が10年程度と一番短いです。錆びに弱いことから建材の用途よりも缶詰やブリキ細工などに使われることが多いですが、実は昔の雨樋は主にブリキ製でした。


columns
屋根葺き替え工事後のトタン屋根
錆びの発生したトタンの外壁
texts

また、トタン屋根と一口にいっても工法により違いがあります。


・瓦棒葺き

瓦棒は縦葺き工法の一種で、屋根の頂上(棟)部分から軒先に向かって縦に設置していく工法です。木製の桟にトタンを被せて取り付けていきます。


・縦平葺き

見た目は瓦棒葺きに似ていますが、桟を使わずに「ハゼ」という部分を重ねて設置していきます。桟が木製の瓦棒は年数が経つと木が腐食してしまうのですが、縦平葺きは木材を使わないためその心配がありません。また、桟がないことで施工の自由度が高いためドーム型やアーチ状の屋根にすることも可能です。


・波板トタン

トタンを波状に加工した屋根材を使って葺きます。波状にすることで鉄板が薄くても強度を保つことができるようになっています。ホームセンターでも簡単に入手することができることからDIYにもよく使われるお馴染みの建材です。


・折板屋根トタン

名前の通り折り曲げて台形状に加工された屋根材の屋根です。とても強度が高いことから工場や体育館、商業施設などでも使われています。


columns
瓦棒葺きのトタン屋根
瓦棒葺き屋根
トタンの折板屋根
折板屋根
headlinesstrapline

トタン屋根の特徴

texts
屋根材として多く使われている瓦やスレート(コロニアル)などと比較し、トタンを含めて金属屋根材は軽量です。重量を陶器瓦とトタン屋根で比較すると1/10以下の軽さになります。
他にもトタンの特徴としてメッキにより鋼板むき出しよりも錆びにくくは加工されていますが、やはり雨ざらしでは錆びてしまうため定期的な塗装をしていく必要があります。
軽量であることや加工のしやすさから施工時間が比較的短時間で、さらに継ぎ目が瓦やスレートよりも少ないため勾配が緩い屋根でも雨漏りしにくいことも特徴です。
また、北海道や東北といった北国ではトタン屋根などの金属屋根が今でも主流で、雪の滑りがいいことから雪下ろしの手間が省ける。ヒーターの設置がしやすいといったことも使われている理由です。
columns
瓦屋根
瓦屋根
スレート屋根
スレート屋根
headlinesstrapline

トタン屋根を長持ちさせるためのメンテナンス

texts

それではトタン屋根に状況に応じて必要なメンテナンスをご紹介いたします。


▼錆びの発生

一番多い問題が錆びの発生です。トタン屋根はメンテナンスをしないと早ければ5年程度でダメになってしまうため定期的な塗装が必要です。

メッキ部分の亜鉛が錆びている状況であれば、錆びを落として塗装をすることで回復させることができます。しかしメッキ部分の内側である鋼板が錆びてしまうと強度も落ちるため場合によっては屋根材を交換しなければなりません。


▼雨漏り

雨漏りの原因は様々ですが、多いのが錆びによる穴あき、変形。台風などの強風によって外れてしまうケースもあります。

雨漏りが発生すると屋内を濡らして生活に支障がでるだけでなく、建物の躯体を腐らせ耐久性を低下させたりクロスや天井板などを汚してしまうなどの問題になるため出来るだけ早めに処置が必要です。工事をするまでに日数がかかる場合も多いので、雨漏りが発覚した場合は早急に応急処置を行います。

応急処置の内容は下記の通りです。


・穴あきなどはシーリングやテーピング(防水テープ)で塞ぐ

・雨漏りの範囲が大きい場合はブルーシートを設置


▼屋根材の破損、穴あきなど

屋根材の破損、穴あきなどの範囲が軽微であれば部分補修(シーリング・テーピング)も可能です。しかし、それはあくまでも状況に応じてで、今後も建物を長く使う上で一番良いのは屋根材自体を交換することでしょう。

トタン屋根は部分的に屋根材の交換も可能です。また、範囲が広い場合は屋根全体の葺き替え工事。もしくは既存の屋根の上に新しい屋根材を設置する屋根カバー工法をお勧めします。


columns
トタン屋根の塗膜が剥がれている
トタン屋根の塗装
headlinesstrapline

トタン屋根のメリット・デメリット

texts

▼トタン屋根のメリット


・軽量で施工がしやすい

・屋根自体が軽くなるため耐震性に優れている

・屋根材の継ぎ目が少ないため傾斜が緩い屋根でも雨漏りしにくい

・材料が安いため工事のコストを下げることがでいる


▼トタン屋根のデメリット


・薄い鉄板でできているため熱を通過しやすいので夏場部屋の温度上昇に繋がる

・雨音が響く場合がある

・比較的錆びに弱いため定期的な塗装が必要


実は上記のトタン屋根のデメリットを解消すべく、最近では様々な屋根材がでております。例えば熱を通しやすいことや雨音が響くといった問題に対して断熱材を内側に入れることで解消できます。また錆びやすい問題についてはガルバリウム鋼板を使うことで解消され、軽量なことや雨漏りしにくいといった美味しいとこ取りもできます。

他にも、遮熱・断熱効果の高い塗料もありますので、塗装によるメンテナンスをする場合は選択肢にすると良いでしょう。街の屋根やさんでは遮熱塗料のサーモアイシリーズをお勧めしています。


columns
温度計
雨音が気になるトタン屋根

現在主流の金属屋根

現在主流となっている金属屋根、ガルバリウム鋼板についてご紹介します。
 金属屋根の欠点は錆に弱いことですが、ガルバリウム鋼板は金属屋根の中でも比較的錆にくいことが魅力です。そのため、耐用年数もトタンと比べて長いですが、塗装は必要です。また、金属屋根なので軽量で耐震性を重視する方におすすめです。ほかの屋根材に比べて、つなぎ目が少なく、雨漏りのリスクが低いことや、加工しやすく、あらゆる場所に使用できることなどトタンのメリットも兼ね備えています。一方のデメリットは上記でご紹介したトタン屋根と同じで、防音性が低いことや傷がつきやすいことが挙げられます。
 ガルバリウム鋼板の見た目は、トタンとほぼ同じで見分けることができないほどです。屋根がトタンだと思っていたら、ガルバリウム鋼板だったということもあります。ガルバリウム鋼板は1982年から日本で発売されたので、それより前はトタンです。トタンとほぼ見分けがつかないので、「トタン屋根の修理をしたいけど、見た目を変えたくない」という方にも、トタンより機能性の高いガルバリウム鋼板がおすすめです。
headlinesstrapline

トタンに代わる建材、ガルバリウム鋼板

texts

トタンのデメリット部分である錆びやすい問題を、最近主流となるガルバリウム鋼板を使うことで解消できます。ガルバリウム鋼板は耐用年数が20年以上と長く、酸性雨にも強いです。また、トタンよりも日射反射率が高いことから夏場の温度上昇も防ぎます。

これらのメリットからトタン屋根が傷んできたタイミングで、ガルバリウム鋼板への屋根葺き替えをお勧めします。また、耐久性が高いことからメーカーが10年以上保証していることが殆どですので、この先も長く安心してお過ごしいただくためにもこの機会にガルバリウム鋼板への葺き替えを検討してみてはいかがでしょうか?


屋根葺き替えや屋根カバー工法でのお勧めの金属屋根材は下記の通りです。


ディーズルーフィング

スーパーガルテクト




街の屋根やさんでは無料でご相談から現地調査、お見積り作成を承っております。お気軽にご連絡ください。

※お問い合わせから施工までの流れはこちら

texts

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
  一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろ…続きを読む
失敗しない屋根リフォームのコツ
失敗しない屋根リフォームのコツ
屋根のメンテナンスがなぜ必要なの? 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。 春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで…続きを読む
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフォームに対して心配や気がかりな事があるのではないでしょうか? 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      トタン屋根 種類に関連する新着ブログ

      コーキング剤(シーリング材)は屋根や外壁の工事によく使用されますので、一度は耳にしたり、お見積り書で目にしたことがあるかもしれません。しかし、コーキング剤と聞いても、よく分からない方のほうが多いと思い ...続きを読む
       一般的な屋根の形といわれて思い浮かべるのは三角屋根のお住まいではないでしょうか。普段生活するうえではあまり屋根の形状を気にされている方も少ないかと思います。最近では、一般的な寄棟屋根や切妻屋根だけで ...続きを読む
       お住いの屋根材というと、瓦屋根や金属屋根など様々な種類がありますが、一般的に多くのお住いで使用されている屋根材といえばスレート屋根材ではないでしょうか。スレート屋根材の中でも4つの種類があるスレート ...続きを読む
       皆様のお住いの屋根はスレートですか?それともトタンや瓦でしょうか?  一般的なお住いでよく使用されている屋根材といえば最近はスレートが一番多く使用されているかと思いますが、屋根材にはスレート以外に ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!