台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

8%継続・それとも10%?…どうなる消費税

更新日:2016年3月19日
2017年4月に消費税は増税されるのでしょうか。据え置かれるのでしょうか。屋根リフォームは結構な金額になりますから、消費税が2%アップするだけでも結構な出費になります。日本政府のある人は「増税は規定路線」だと言いますし、ある人は「景気を考えて据え置き」と言います。大きな出費は増税前に済ませたいものです。
税務署
消費税などの税金を管轄する税務署
どこまで上がる消費税
現在は8%だが、将来的にはそれ以上になりそう
屋根リフォームの中でも費用がかかるのが屋根葺き替え屋根カバー工事です。現在、これらの工事を検討している方は2016年度中に行った方がよいのか、それとも先延ばしにした方がよいのか、お悩みになられている方も多いと思います。
コンクリート瓦屋根を葺き替えているところ
コンクリート瓦屋根を葺き替えているところ
屋根カバー工法施工中
コロニアル(スレート・カラーベスト)屋根に屋根カバー工法施工中
お住まいのためにはできるだけ早く工事をした方がいい。これが正解なのではないでしょうか。屋根葺き替え屋根カバー工事を検討しているということは屋根がそれだけ傷んでいるということですよね。現在、雨漏りしていなくても近いうちに雨漏りするかもしれません。家屋内部への雨水の浸入はお住まいへ大ダメージを与えます。そうなると余計な補修費用が発生する可能性があります。また、消費税が10%に上がることが決定した場合、必ず駆け込み需要が発生します。屋根リフォームも例外ではありません。業者も忙しくなりますので、できるだけ早く工事を終わらせて次の現場に向かいたいという心理がはたらきます。あってはならないことですが、手抜きとは言わないまでも急いで工事されれば丁寧さが失われ、後々、不具合も起こりやすくなるでしょう。多くの方が様子見をしている現在が屋根リフォームに最適な時期かもしれません。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!