屋根の大棟、隅棟に取り付けられる棟板金の注意点とは?

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

屋根の大棟、隅棟に取り付けられる棟板金の注意点とは?

更新日 : 2020年07月10日

更新日 : 2020年07月10日

 屋根の異常の中でも、特に多くお問い合わせいただくのが、「棟板金」です。棟板金は、その名の通り屋根の棟部分に取り付けられる板金のことを指します。では、屋根の棟部分とはどこの部分を指すのでしょうか?「棟」といっても、「大棟」と呼ぶ箇所もあれば「隅棟」と呼ぶ箇所も存在します。
 この記事では、屋根の棟についてや棟板金についてお話してまいります。

目次【表示】
目次【非表示】

棟とは?

 屋根には棟が存在します。棟とは、屋根の面と面が交わる山の部分のことを指します。屋根の中でも棟部分は、雨仕舞いに関わる重要な部分でもあります。屋根の一番頂上部分の棟を「大棟」、屋根の流れに沿って屋根の隅の軒へ向かう棟を「隅棟」と呼びます。
 屋根の形状により、大棟のみが存在したり隅棟が存在しないこともあります。屋根の形状別でご紹介いたします。

切妻屋根

 切妻屋根は一般的に多く見られる屋根の形状です。皆様が「家」という単語を聞いて一番想像しやすい屋根の形でしょう。切妻屋根には、隅棟はなく大棟のみが存在します。

切妻屋根 隅棟

寄棟屋根

 寄棟屋根は、大棟が存在し、4つの隅棟が存在する屋根の形状です。寄棟屋根も切妻屋根と同様、比較的見かけることの多い屋根の形状です。屋根の面が三角形の物が2つ、台形の物が2つ存在する屋根の形です。

方形屋根

 方形屋根とは、「かき合い」と呼ばれる屋根の頂点から4方向に棟があるピラミッド型の屋根の形状で、大棟はなく隅棟のみ存在します。

屋根

 その他にも、屋根の形状はたくさん存在します。屋根の形状には様々な名称がつけられているので気になった方は一度屋根の形状についても調べてみると面白いかもしれません。
 では、棟部分に取り付けらている「棟板金」についてお話していこうと思います。

棟板金の注意点

 棟が存在する屋根には、「棟板金」が取り付けられています。棟板金は、主に化粧スレート屋根や金属屋根に使用されています。
 棟の構造は、屋根材を貫板(ぬきいた)という板で抑え、上から棟板金を被せ釘で固定してあることで雨水の浸入を防いでいます。そのため、棟板金に何か異常が発生すれば、雨漏りするリスクは高くなるのです。特に、棟板金の異常として多いのが、”固定している釘の浮き”です。釘の浮きは、築7~10年程で浮きが発生し抜けてしまうこともあります。「しっかり固定していれば釘が浮くことなんてないのでは?」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、棟板金、つまり金属に起こる現象として”熱膨張”という現象があります。

貫板 板金

 熱膨張とは、簡単に説明すると「金属が日光などの熱で温度が上昇した場合に膨張が起きる」現象です。棟板金は、金属のため太陽光などの熱で膨張し、夜に気温が下がれば収縮します。膨張する際には棟板金と共に釘も引っ張られることになりますが、収縮した際には棟板金のみが収縮を起こします。それを繰り返すことで、徐々に釘が浮いてきてしまうのです。

棟板金 劣化

 では、棟板金の釘が浮いてしまうことで考えられる異常とは何でしょうか。釘が浮き、抜けてしまうことでその部分から雨水などが浸入し貫板の腐食に繋がります。貫板が腐食してしまえば、釘を固定する力も低下してしまうため、貫板自体の交換も必要になってきます。また、釘が浮いている、抜けてしまっている状態を放置すれば、その分棟板金の固定力はもちろん下がりますよね。そのため、台風などで強風が吹いた際に棟板金が飛ばされてしまうことも多くあります。棟板金が飛んでしまった後のことを考えると、恐ろしいですよね。雨仕舞いとして機能していた棟板金が無くなってしまえば、雨水が直接貫板に当たることになります。もちろん、雨漏りのリスクも非常に高くしてしまうでしょう。

棟 板金

 棟板金は、屋根に存在するためご自身では確認しにくい部位でもありますよね。まだ一度も点検を行っていない方は、一度専門の業者に見てもらった方が良いかもしれません。しかし、中には見えない位置であることを利用し、状態を偽って伝える業者も中には存在します。専門の業者に依頼する際には、気を付けなければなりません。
 私達、街の屋根やさんでは状態を写真で撮り、お客様にご確認いただきます。また、点検は無料で行っておりますので安心してお任せください。

まとめ

作業中

 屋根の面と面が交わる部分を「棟」と呼び、棟は雨仕舞いに関わる重要な部分でもあります。また、屋根の一番頂上部分の棟を「大棟」、屋根の流れに沿って屋根の隅の軒へ向かう棟のことは「隅棟」と呼びます。そして、その棟部分には板金が取り付けられており、その板金のことを「棟板金」と呼ぶのです。棟板金は、屋根の被害の中でも最も多い部分であり、固定している釘の浮きなどが発生するとそこから雨漏りが発生するリスクも高くなります。雨漏りを防ぐためにも、屋根の定期的なメンテナンスをした方が良いでしょう。
 私達、街の屋根やさんではもちろん板金工事も行っております。屋根のことでお困りの際は私達、街の屋根やさんに何でもご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金工事
棟板金工事
棟板金工事|街の屋根やさん千葉家屋で板金(ばんきん)というと、主にスレート(カラーベスト・コロニアル)系の屋根を留めている金属部分のことを指します。 右下の図をご覧になれば分かるように、屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分、ここを覆い、保護し、なおかつ屋根材を固定している金属部分が板金です この屋…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      隅棟に関連する新着ブログ

      強風により隅棟の棟板金が飛散  松戸市下矢切にて強風により飛散した棟板金の調査の様子をご紹介致します。「台風で屋根の板金が飛んでしまったので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お客様 ...続きを読む
      台風15号の影響により被害を受けた瓦屋根の調査 市川市奉免町で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。令和元年9月9日に上陸した台風15号の影響により瓦屋根に被害を受けたお客様邸になります。「台風で屋根の瓦が落ちてきたので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。梯子を使い屋根に上がると隅棟が崩れているのを発見しました。隅棟の周りの平瓦も割れています。 ...続きを読む
      点検の様子 四街道市内黒田で行った瓦屋根の隅棟の棟取り直し工事の様子をご紹介します。「瓦屋根の漆喰が剥がれているように見えるので点検をお願いします。」と、お問い合わせをいただき調査したところ、瓦のズレや隅棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。このままですと棟が崩れたり雨漏りの原因になる事から隅棟の棟取り直し工事を行なう運びとなりました。 ...続きを読む
      調査時の様子 千葉市稲毛区長沼原町で行った築30年が経過した瓦屋根の隅棟の棟取り直し工事とケラバ瓦の修繕工事の様子をご紹介します。「下屋根の隅棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい」とお問い合わせをいただき調査を行ったところ、隅棟の漆喰が剥がれており葺き土が露出している状態でした。放置してしまうと、隅棟が崩れてしまったり雨水が葺き土に浸透し、建物内部へと雨水が浸 ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!