台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

11月9日は換気の日、換気棟で冬の結露対策をしましょう

更新日:2017年11月9日
本日、11月9日は「換気の日」です。11で『いい』、9で『くう(き)』、『いい空気の日』ということで日本電機工業会が1987年に制定しました。寒くなってくると、どうしても窓を開ける機会が減ります。この機会にお部屋の換気を見直してみてはいかがでしょうか。
換気棟のついた屋根
冬のお家の悩みとしてよく挙げられるのがお部屋の結露です。外と室内の温度差がありますと、結露しやすくなります。屋根に換気棟がつけられている場合、お部屋の湿気を逃がしてくれるので結露しにくくなります。屋根の棟を補修を考えているのならぜひ、検討したいのが換気棟です。また、軒天の張替えを考えているのならケイカルの有孔板がお勧めです。空気が自由に出入りできるので、こちらも結露対策になります。夏は屋根裏の熱気を逃がしてくれますので、オールシーズン役に立つ優れものです。
窓の結露
石油ストーブ
貴方のお家の暖房手段は何でしょうか。エアコンではなく、灯油、ガスなど物を燃やして暖房を取る方法は結露が発生しやすくなることを覚えておきましょう。燃焼という化学反応の結果、二酸化炭素と水が発生します。燃焼と水が結びつかない方もおられるでしょうが、鍋をガスコンロにかけたときのことを思い出してください。最初は鍋の底や周りが薄っすらと曇ります。あれはガスが燃えた結果、発生した水蒸気がまだ冷たい鍋の周りにつき、結露しているのです。車のエンジンをかけたばかりの時、マフラーから水が出てくるところを目撃したことはないでしょうか。あれも燃料が燃えた結果、水が発生しているからなのです。FF式(非開放型)と呼ばれる燃焼式の暖房器具は燃やした排気を屋外に排出しているため、水分も外に排出されています。こちらは同じ物を燃やす暖房器具でも結露しにくいのです。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!