雪の降った次の日には雨樋の点検を

更新日:2018年1月19日
1月19日現在、週明けの月曜日に関東地方でも雪が降るとの予報が出ています。しかも、結構な降雪量になるそうです。関東地方の中でも温暖な千葉県は雨の予報となっていますが、気温も低いため、雪になる可能性もあるでしょう。皆様、充分にご注意ください。

雪止めなどが設置されていない屋根で雪が積もった場合、一番ダメージを受けるところはどこだかご存知ですか。正解は雨樋です。
今年の干支、犬が雪の中を駆け回る
ある程度の量になりますと、屋根に積もった雪は滑り落ちていき、雨樋にその重さがかかるようになります。雨樋はそれほどの重量がかかることを前提に設計されていませんし、取り付けられてもいません。なので、変形したり、外れてしまったり、折れてしまったりするのです。
変形し、外れてしまった雨樋
外れてしまった雨樋
積もるほどの降雪があった場合、天候が回復しましたら、雨樋の点検をしてあげましょう。歪んだり、変形したりしていないかを確認してあげてください。外れたり、破損している場合はすぐに業者に連絡し、修理してあげてください。雨樋がないと雨水は軒天や外壁を必要以上に伝うことになりますから、後々、不具合を起こします。お家を傷めないためにも、雨樋の不具合は放置しないでください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

       街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根工事なら街の屋根やさんポータル

      その他の地域の方はこちら



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!