雪が多いと夏の水不足の心配はなくなります

更新日:2018年2月1日
今年の冬は例年よりも雪が多いと言われています。1月22~23日にかけて南関東でも結構な積雪がありました。そして2月1~2日も降雪の予報が出ています。平日ですから、通勤や通学という方も多いでしょう。交通機関の乱れとお足元には充分にご注意ください。
雪の積もり始め
毎年のように夏は日本のどこかで水不足となるのですが、実は雪が降る地方においては冬の降雪の量によって、暑い季節の水資源が左右されることをご存知でしょうか。関東、特に東京などでは冬の雪解け水が水道水になっているのです。
奥多摩ダム
水道水
東京の水資源は多摩川水系、利根川水系、荒川水系の3つに大別できます。これらの川にはダムがあり、雨水や雪解け水を貯めておくことにより、水道に利用しているのです。冬の降雪時はもちろんのこと、春の雪解けによっても貯水率はアップします。ダムのある北関東などに雪が降ることは周辺や下流域にとって大きなプラスになるのです。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

       街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根工事なら街の屋根やさんポータル

      その他の地域の方はこちら



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!