台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

雨樋を交換するなら雨水タンクの設置はいかがですか

更新日:2017年8月29日
お家の屋根に降った雨は屋根の表面を伝って雨樋に流れ込み、やがては下水へと排出されます。この雨水、飲み水としては利用するのは難しいもののお庭の植物などの水撒きには充分使えますよね。雨樋を交換するのなら、ぜひお薦めしたいのが雨水タンクの設置です。
雨樋
お家の雨水の流れをコントロールしている雨樋
雨水タンクを設置すれば節水できて、水道費を節約できるだけでなく、さまざまなメリットがあります。まず、災害時の水の確保です。雨水を飲み水にできる浄水器も売られていますし、トイレの水としても使えます。また、各家庭が雨水タンクを設置したとなれば、ゲリラ豪雨や大雨時に道路が冠水することも減ります。地域にも貢献できるのです。
蓋を取った雨水タンク
蓋を取った雨水タンク
樽
樽を模したお洒落な雨水タンクもある
雨水を溜めておくだけなら、バケツなどを並べておけばよいのですが、確実にボウフラが発生しますし、藻も発生しますから衛生的とは言えません。雨水タンクの設置に対し、補助金を支給する自治体もあります(自治体では雨水貯留槽と呼んでいます)。千葉県内の自治体でもいくつかの市が行っているので自治体のホームページなどを見てみましょう。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!