台風後の点検忘れずに!

金属屋根は落雷しやすい?

更新日:2016年10月27日
金属は電気を通しやすい、瓦などは通さない、このような事実から金属屋根は落雷しやすいと思っている方も多いかもしれません。確かにそんなイメージがするのですが、実際のところはどうなのでしょうか。事実から言ってしまえば、屋根がどの材質であっても、落ちやすさはさほど変わりません。
雷
田んぼに周辺に落ちると稲の生育がよくなるから稲妻らしい
ガルバリウムの屋根材
ガルバリウム鋼板の金属屋根
雷の落ちやすさには材質もありますが、それよりも高さに影響されます。高い所の方が低いところよりも落ちやすいのです。数十年前は金属類を身に着けていると落ちやすいと言われていましたたが、現在ではほぼ影響ないことが分かっています。腕時計などを身につけていても何も問題ないとされています。金属屋根もこれと一緒で、同じ高さで同じ形状だったら、瓦でも、スレート(コロニアル・カラーベスト)でも、金属でも落ちやすさに差はありません。これまで不安だった方、安心してお過ごしください。
シャッター全閉
とりあえずシャッターを閉めてみて外壁材が金属という状況に近づけました(画像はイメージ)
スマホ
ファラデーケージの効果を期待したがアンテナは4本のまま
話は少し変わるのですが、お住まいの屋根と外壁が金属製だった場合、携帯電話の電波状況や通話品質はどうなるのかということを気にされている方もいらっしゃるようです。似た状況をつくるべく、鉄骨造の事務所で金属製のシャッターを閉めて実験してみました。窓などの開口部が大きいせいか、シャッターを閉めても・閉めなくてもスマホのアンテナ本数は4本のままでした。こちらも同様に気にする必要はないようです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!