台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

1981年6月以前・以降、耐震基準について知っておこう

更新日:2017年8月16日
お家の地震に対する強さを測るものとして耐震基準があります。1つの目安となるのが新耐震基準でこれは1981年6月以降に建築確認されたお家は全てこの基準で建てられています。

2016年4月に発生した熊本地震での旧耐震基準と新耐震基準でのお家の倒壊率のデータがあります(調査地は熊本県益城町)。

1981年5月まで建てられたお家の倒壊率 702軒中225軒 32.1%
1981年6月以降に建てられたお家の倒壊率 1042軒中80軒 7.6%

新耐震基準が地震に対してかなり強くなっていることが分かるのではないでしょうか。
対照的な2軒
見た目から分かるとおり左が比較的新しいお家で、右は古め。新しい方は物置がひっくりかえっているもののダメージを受けていないように見える。
そもそも旧耐震基準では震度5程度で損傷しないことが目安とされていました。震度5、私は今まで数十年間で生きてきましたが、この程度の地震は3回程度だった思います。それに対して新耐震基準では震度6強~7でも倒壊や崩壊を防げることを目安とされています。幸いにも私はこの大きさの地震に遭遇したことはありませんが、数十km離れたところではこのくらいの揺れを観測しているので他人事とは思えません。震源地が数十kmずれていたら、遭遇していた可能性もあるのです。
神社・仏閣
一般住宅とは違う造りで古い建物だが、被害をほとんど受けていない
瓦屋根の被害
見た目は古いが瓦屋根以外はダメージを受けていない
現在のお住まいは2000年に定められた新新耐震基準で全て建てられていますから、もっと地震には強くなっています。これから中古住宅を手に入れようと思っている方はぜひ、建築された年に注目してみてください。地盤や造りにもよりますが、熊本地震でのデータが示すように新しいお家の方が安全なのです。神社・仏閣のように古くても地震に強い建物はありますが、一般住宅とは造りは全く違います。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!