台風後の点検忘れずに!

寿命が長いカラーベストをお探しの方へ、耐用年数30年「グラッサ」

更新日:2017年10月4日
「色が豊富」、「屋根材が薄くて軽快な感じいい」、「洋風のお家に合う」… 現在のお家の屋根の主流となっているカラーベスト(スレート・コロニアル)。屋根業者や建築関連の方はよく「価格が安いから普及した」と言いますが、私はそうは思いません。お客様にお聞きしてみると、前述のような答えが返ってくるからです。「どうしても赤い屋根にしたかったから、カラーベストを選んだ」というお客様もいます。
緑のカラーベスト屋根
赤いスレート屋根
カラーベスト(スレート・コロニアル)のデメリットとして、他の屋根材よりもメンテナンスの頻度が高いことが上げられます。築10年前後で最初の屋根塗装、築20年目になると再度、屋根塗装しても数年しか持たないのではないかという状況になっている屋根もでてきます。そこで屋根カバー工法か屋根葺き替えの選択を迫られたりもします。瓦屋根などに較べるとメンテナンスという点ではちょっと手間がかかる屋根材なのです。
カラーベスト 屋根塗装
グラッサで屋根葺き替え
金属屋根材がトタンからガルバリウム、そしてSGL(超耐候ガルバリウム)と進化してきたように、カラーベスト(スレート・コロニアル)も進化しています。30年経っても、ほとんど色褪せず美観を保つカラーベストがあるのです。ケイミューのグラッサシリーズは30年経っても、ほとんど色褪せません。つまり、築10年目、20年目の屋根塗装をする必要がないのです。カラーベスト(スレート・コロニアル)にこだわりのある方にお薦めしたい屋根材です。屋根葺き替えをご検討中で、次もカラーベスト(スレート・コロニアル)したいという方、街の屋根やさんへご相談ください。0120-989-936



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!