素人がやってしまいがちな間違った雨漏り補修

更新日:2016年10月3日
私たち街の屋根やさんはよくお客様から「以前、他の業者で雨漏りを修理したのにまたはじまってしまった。何とか止めてほしい」というご相談を受けています。確かに雨漏りは浸入経路が複数あったりすると、それを突き止めるのにかなりの技術を要することもあります。それだけ厄介なトラブルなのですが、中にはどう見ても人災としか言いようがないものもあります。
漆喰で塗り固められた瓦
漆喰で塗り固められた瓦
コーキングで隙間を埋め尽くされた瓦
コーキングで隙間を埋め尽くされた瓦
正確には雨漏りを止めようとして修理をしたのだけれど、それが原因で余計に酷くなってしまったという事例です。例えば上の画像、片方は過剰に漆喰が盛られ、片方はコーキングで隙間をぴっちりと埋められています。雨が浸入してくるところを全て防ぎたいという気持ちは理解できるのですが、こんな修理の仕方は百害あって一利なしです。
コーキングで隙間を埋められたスレート屋根
コーキングで隙間を埋められたスレート屋根
縁切りされていないスレート屋根
縁切りされていないスレート屋根
瓦棒などの金属屋根を除くと、ほとんどの屋根には表面の下に雨水染み込んでしまった場合の通り道が設けられており、そこを伝って排水されるようになっています。その通り道や出口をコーキングや漆喰などで潰してしまうと、うまく排水できなくなり、余計に雨漏りが酷くなるのです(浸入する隙間が塞がれるため、一時的には止まることもあります)。残念ながら、屋根の専門知識を持たず、このような補修をしてしまう業者が未だにいます。お住まいに深刻なダメージを蓄積させてしまう雨漏りだからこそ、しっかりとした業者を選びたいものです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!