台風後の点検忘れずに!

瓦・スレート(カラーベスト・コロニアル)など屋根材が割れてしまう原因は?

更新日:2017年11月5日
お家の上に道路や橋でもかかっていない限り、ほとんど見えない、もしくは全く見えない屋根の上。お客様の屋根を点検してみると、瓦が割れていたり、スレート(カラーベスト・コロニアル)が割れているということがよくあります。台風などの強風時に固い物などが飛んできて割れてしまうということは考えられることですが、それら以外にもいくつかの理由が考えられるます。
スレート屋根
一つ一つを釘で固定する防災瓦の除き、普通の瓦は固定されている部分と屋根の上に組み合わせて並べられている部分が存在します。この組み合わせて並べられている部分の瓦は外そうと思えば外せるのですが、健全な瓦屋根では隙間無く組み合わせられているため、ちょっとした強風などではずれません。固定されている部分は漆喰で固着されており、動かすことは不可能です。固定されている部分で固定されていない瓦を支えていると言ってもいいでしょう。

強固な固着力も経年で漆喰が崩れ始めるとほぼゼロになってしまい、固定されていた瓦が動きやすくなります。固定されていた瓦が動きやすくなるとそれらに支えられていた瓦も動きやすくなり、固い瓦同士が干渉しあって割れてしまうのです。
瓦の割れ
スレートのひび
スレートは薄く、変な踏み方をすると簡単に割れてしまいますので、街の屋根やさんではスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根にのぼる時は細心の注意を払っています。そのスレートですが、屋根には釘で固定されています。釘で固定する時、衝撃を加えてしまったり、屋根の上を歩く際に傷めてしまうような踏み方をすることが原因となるようです。その時には破損しているようには全く見えないのですが、寒暖で収縮を繰り返すうちに完全に割れてしまうことも多いようです。

見えない・見にくい屋根の上では何が起こっているか分かりません。街の屋根やさんでは無料で点検を行っています。ぜひ、ご利用ください。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!