台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

瓦、スレート、金属、屋根材別の断熱性能比較

更新日:2016年3月11日
暑い季節(まだまだ先ですが)、室内ではできるだけ涼しく過ごしたいものです。光熱費を抑えつつ、快適に過ごすためには建材の断熱性能が鍵になります。お住まいの中で最も日当たりがよいところは屋根!ということで、代表的な屋根材の粘土瓦、スレート(コロニアル・カラーベスト)、金属屋根で比較してみましょう。
瓦屋根
粘土瓦の屋根
スレート屋根
スレート(カラーベスト・コロニアル)の屋根
金属屋根
金属(ガルバリウム)の屋根
皆様が予想している通り、断熱性に優れている屋根材は瓦屋根です。瓦は粘土を成型し、焼いたものですから陶器などと同じものです。食器として使われる陶器は断熱性に優れていますよね。スレート屋根と金属(ガルバリウム)屋根は瓦に較べると断熱性に劣ります。スレートの方が金属よりもやや優れているといったところでしょうか。
遮熱塗料サーモアイ
遮熱塗料サーモアイ
スーパーガルテクト
アイジー工業の「スーパーガルテクト」
表面は遮熱塗料、裏には断熱材を備えている。
スレートと金属(ガルバリウム)は断熱性において瓦に劣るわけですが、近年ではそういったことも改善されてきています。例えばガルバリウム鋼板の金属屋根材の場合、工場出荷時から遮熱塗料が塗られ、裏面にはウレタンフォームの断熱材が備えられている製品もあります。また、スレートの場合、夏の暑さが気になるなら換気棟をつけたり、遮熱塗料で屋根塗装することによって室温を低下させることができます。お住まいのお手入れだけでなく、こうして暮らしを快適に改善していくのもリフォームの楽しみの一つです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!