工場や倉庫によく使われる折板屋根のメリット・デメリット

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

工場や倉庫によく使われる折板屋根のメリット・デメリット

更新日 : 2020年01月23日

更新日 : 2020年01月23日

texts
折板屋根と聞いてピンと来る方はあまりいないと思いますが、実は身近な存在です。駅の自転車置き場や体育館に使われることの多い、台形が連続した凸凹の金属屋根と言えば、「ああ、あの屋根ね」と思い出す方も多いでしょう。ご自宅の車庫や倉庫、カーポートが折板屋根という方も多いと思うので、その特徴を説明したいと思います。
このページではこの折板屋根のメリットやデメリット、種類や材、メンテナンス方法などについてご紹介いたします。
texts columns
1ae2fb25537b7df645f25d4c317c12ff_m-columns11
headlinesstrapline

折板屋根の特徴

texts
使用されることの多い建造物 車庫、カーポート、工場、倉庫、大規模な自転車置き場など
材質 鋼板、ガルバリウム鋼板が最も多い。フッ素鋼板やカラーステンレスもあるが、高価なので使われることは少ない。

メリット
金属製なので耐火性が高い
水捌けが良い
価格も安い
加工しやすいので工期も短縮でき、工事費を抑えられる

デメリット
金属製なので、夏場は高温になりやすい
雨音が響きやすい
headlinesstrapline

折板屋根の工法(取り付け方)

texts
梁の上に取り付けたタイトフレームに固定します。屋根だけという構造物の自転車置き場には不要ですが、工場や倉庫などの場合は軒先面戸を取り付け、雨水の吹込みを防ぎます。

 ハゼ締め 屋根材を折り曲げ加工して固定
防水性と経済性に優れ、屋根材の端と端をタイトフレームに取り付けた金具に巻き込んで折込み、固定する方法です。屋根に穴を開けないので防水性に優れる他、ボルトを使わないので経済性も優れています。

重ね ボルトで固定
風に強い屋根になります。タイトフレームに取り付けたボルトにナットで固定する方法です。強風地域向けの固定方法です。

嵌合 吊子で固定
突起が見えなくなるので、美観に優れています。屋根材を吊子でタイトフレームに固定します。吊子の上にキャップを被せますので、屋根の上のハゼ締めや重ねと違い、突起が見えなくなります。美観に拘る方にお勧めです。
columns
tenken042
koji321
headlinesstrapline

折板屋根で気をつけたいデメリット

texts
ハゼ締めのデメリット 固定力に難あり 経年で緩みやすいかも
屋根材の端と端をタイトフレームに取り付けた金具に巻き込んで折込む方法で固定しているハゼ締め。強風と経年で徐々に緩んでいき、外れやすくなることもあるので、点検時には緩んでいないかを確認してあげてください。

重ねのデメリット 雨漏りしやす
ボルトで固定する重ねはボルトが錆びないように樹脂製のキャップを取り付けます。この樹脂製のキャップ、紫外線に弱いものもあり、固くなって割れてはずれてしまったりします。こうなるとボルトが錆びだして、折板屋根にもサビが移り、雨漏りに繋がります。外れてしまった箇所には錆止めを塗布してから新しいキャップを被せてあげましょう。
columns
017f0a283b00a086479376930d0a255a1
4643b15e06441b7bfed79b55edc6c9171
headlinesstrapline

折板屋根を長持ちさせるには屋根塗装

texts
錆びにくいガルバリウム鋼板の折板屋根であっても、メンテナンスは必要です。錆びさせず、長持ちさせるためには定期的に屋根塗装してあげましょう。屋根塗装するにあたって正確な面積を知りたいという方はコチラをご覧ください。
headlinesstrapline

折板屋根のメンテナンス時期のサインとその方法

texts
折板屋根を管理する上でかならず訪れるのがメンテナンス時期です。屋根は夏場の強烈な紫外線や、風雨にさらされる過酷な環境ですので、それに耐えうる材が使われていますが、塗装をするにもやはり屋根専用の塗料を使ったメンテナンスが必要になります。
それでは折板屋根ではどのような現象がでるとメンテナンスが必要になるのでしょうか?

1、ボルトなどの錆び
重ねタイプの折板屋根はタイトフレームの上からボルトで屋根材を固定しています。最近では錆びにくいステンレスが主流ですが、それ以前のユニクロ(亜鉛メッキした鉄材)は錆びに弱いことから錆びが発生することがあります。錆び程度であれば屋根の塗装に合わせて錆止めを塗るといったメンテナンスで良いのですが、錆びが酷くなると腐食し、そこから雨水が入るケースもあるため、交換が必要になります。

2、屋根材の色褪せや錆び
屋根材表面の塗膜の剥がれや色褪せは屋根塗装のサインです。塗膜が劣化していくことで水捌けも悪くなり、そのうち錆びも発生します。この時点であれば錆びを落とし、屋根の塗装をすることで問題ありませんが、メンテナンスをせずに更に時間が経過すると屋根材が腐食して穴あきが発生します。
ちなみに屋根塗装をする上で、折板屋根は台形に折れ曲がった形状ですので、塗る面積は台形の折れ曲がった部分も含めて算出する必要があります。そのため折板屋根の塗装面積を出す場合は1.4、もしくは1.7を水平投影面積(単純に屋根の水平方向の横幅と縦幅)にかけて計算するのが一般的です。

3、屋根材の穴あきや変形
屋根材の穴あきも一部であれば部分的な補修も可能ですが、範囲が広くなると屋根葺き替え工事や屋根カバー工法といった屋根を新しくする工事が必要です。
屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を設置します。そのため、屋内での作業に制限ができ、店舗などの場合は営業ができないこともあります。それに対して屋根カバー工法は既存の屋根の上から新しい屋根を二重に作る工事ですので、屋内への影響が少ないことや、廃材が少ないことで費用を安くすませることもできます。
columns
seppann1
錆びが全面に出ている
seppan2
折板屋根の屋根塗装の様子
columns
1111
腐食で穴が空いている
safas
台風被害によって変形した屋根材
columns
borutokoukan1
錆びたボルトは錆び止めの塗布よりも、できれば新しいボルトへ交換するほうが安心です。古いボルトは利きも悪くなり、強風時の飛散にも繋がります。
yanehukikae1
折板屋根の葺き替え工事の様子です。折板屋根材はかなり重量があるため、屋根まで重機で運んだ後、人の手で設置してきます。
headlinesstrapline

折板屋根によく使われる材であるガルバリウム鋼板

texts
折板屋根は金属製で、最近では主にガルバリウム鋼板、もしくはカラーガルバリウム鋼板が使われています。ガルバリウム鋼板は錆びに強く耐久性が高いという特徴があります。一昔前はトタンといって鋼板の表面に亜鉛でメッキしたものが使われていましたが、トタンは定期的な塗装をしても15年程度で寿命も迎えます。しかし、ガルバリウム鋼板は20年以上の長寿命で、赤さび20年、穴あき25年の保証が付いている屋根材もあります。
もちろん、メンテナンスとして定期的な塗装は必要ですが、塗装よりも大がかりになる屋根材の交換(屋根葺き替え工事や屋根カバー工法)をするよりもメンテナンス性が良く、結果トータルコストは安く済むことになります。
特に折板屋根は工場や倉庫、店舗などの大型の建物に使われているため、屋根の大がかりな工事をすると営業できない時期ができたりお客様への安全の配慮が必要であるなど工事に関する心配事も多くなります。屋根材が長持ちすればそのような問題を軽減することにもなります。
headlinesstrapline

折板屋根の仮補修や応急処置について

texts
急な雨漏りなどで、すぐに工事ができない場合は応急処置をする必要があります。それは折板屋根のお住まいに限らずいえることですが、雨漏れした状態が長く続くことで木部や鉄骨が腐食して建物の耐久性を下げることになります。
また、電気設備を濡らして破損させたり、さらには漏電によって火事を引き起こすことにもなりかねませんので早めに処置が必要です。

屋根材の変形や強風による飛散などの場合はブルーシートをかぶせて雨水の侵入を防ぎます。他にも小さな穴あきの場合はテーピングといって防水テープなどを貼って穴を塞ぐ、ボルト付近などテーピングでは止められない場合はコーキングを注入して穴を塞ぐケースもあります。
columns
twer
ブルーシートによる養生
images13
コーキングで仮補修
headlinesstrapline

まとめ

texts
折板屋根は様々なシーンで使われる屋根材で、耐久性も高いことなど多くの利点があります。屋根を長持ちさせる上では屋根の特徴を把握し、メンテナンス時期に正しいメンテナンスを行っていくことが重要です。
街の屋根やさんでは折板屋根の工事を多く施工した実績がありますので、これからメンテナンスをお考えの方だけでなく、すでに10年以上が経過している屋根の点検のご依頼についてもお気軽にご相談ください。
※お問い合わせから工事までの流れはこちらのページをご覧ください。

また、このページに関連する以下のページも合わせてご覧ください。
工場や店舗などの大型な建物のメンテナンスについて

このページに関連するコンテンツをご紹介

貴社の工場や倉庫の屋根、傷んでいませんか? 適切にメンテナンスすることで貴社の資産を守ります!
貴社の工場や倉庫の屋根、傷んでいませんか? 適切にメンテナンスすることで貴社の資産を守ります!
 私たちもたくさんの工場・倉庫の屋根工事を手がけています。倉庫や工場などはその企業様の資産としてとても大切なものだと思います。企業様によってはメンテナンスサイクルを検討され、予算も組み、定期的にメンテナンスをされていらっしゃるところも多くあります。 また、そういった取り組みをしたくてもどうしたら…続きを読む
折板屋根の改修方法、塗装・屋根カバー・葺き替えを徹底比較
折板屋根の改修方法、塗装・屋根カバー・葺き替えを徹底比較
 「折板屋根」、一般の方々はあまり耳にしない言葉ではないでしょうか。しかし、その形状を聞けば、どなたもその存在を思い出すはずです。体育館や自転車置き場、バス停などの身近な建物に使われるこが多い屋根で、台形が連続した凸凹の金属屋根が折板屋根です。ご自宅の車庫や倉庫、カーポートが折板屋根という方も多いと…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      折板屋根に関連する新着ブログ

      この記事は倉庫や工場の屋根修理についてご紹介しています。 ※5分程度で読了することができます。 目次【表示】 目次【非表示】 倉庫や工場に使用されている ...続きを読む
      商業施設の屋根調査 本日は、木更津市真里谷の商業施設に屋根の調査にお伺いいたしました。築20年以上が経ち屋根の状態によって必要な工事を考えているとご相談をいただきました。現在、雨漏りなどは起きていないとの事ですが20年が経過している状態ですので、何らかの痛 ...続きを読む
      千葉市美浜区新港で巨大な店舗の折板屋根を点検して参りました。時代は繰り替えすというのか、形態を変えて大型店舗の建設ラッシュが繰り返されており、現在はかつて建設されたそれら大型店舗のメンテナンス時期に来ております。千葉市美浜区新港のこちらの店舗もかなり巨大です。ご相談内容は「天井の一部に雨漏り跡のような染みがあり、それが雨漏りなのか、内部的な漏水によるものなのか、特定したい」というこ ...続きを読む
      佐倉市と言えばさまざま企業の拠点が多い地域で、物流施設や実験施設などが立ち並ぶところです。佐倉市太田のある物流倉庫のオーナー様から「屋根の錆が気になる」とご相談を受け、点検にやってまいりました。物流倉庫というとネット通販が盛んになってからかなり大忙しなのではないでしょうか。改修となればそのスケジュールもかなりタイトなものになりそうです。 ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!