千葉県で工場や倉庫によく使われる折板屋根のメリット・デメリット

更新日:2017年5月24日
折板屋根と聞いてピンと来る方はあまりいないと思いますが、実は身近な存在です。駅の自転車置き場や体育館に使われることの多い、台形が連続した凸凹の金属屋根と言えば、「ああ、あの屋根ね」と思い出す方も多いでしょう。ご自宅の車庫や倉庫、カーポートが折板屋根という方も多いと思うので、その特徴を説明したいと思います。
折半屋根

折板屋根の特徴

使用されることの多い建造物 車庫、カーポート、工場、倉庫、大規模な自転車置き場など
材質 鋼板 ガルバリウム鋼板が最も多い。フッ素鋼板やカラーステンレスもあるが、高価なので使われることは少ない

メリット
金属製なので耐火性が高い
水捌けが良い
価格も安い
加工しやすいので工期も短縮でき、工事費を抑えられる

デメリット
金属製なので、夏場は高温になりやすい
雨音が響きやすい

折板屋根の工法(取り付け方)

梁の上に取り付けたタイトフレームに固定します。屋根だけという構造物の自転車置き場には不要ですが、工場や倉庫などの場合は軒先面戸を取り付け、雨水の吹込みを防ぎます。
メリット 防水性と経済性に優れる
屋根材の端と端をタイトフレームに取り付けた金具に巻き込んで折込み、固定する方法です。屋根に穴を開けないので防水性に優れる他、ボルトを使わないので経済性も優れています。
メリット 風に強い屋根になる
タイトフレームに取り付けたボルトにナットで固定する方法です。強風地域向けの固定方法です。
メリット 突起が見えなくなり、美観に優れる
屋根材を吊子でタイトフレームに固定します。吊子の上にキャップを被せますので、屋根の上のハゼ締めや重ねと違い、突起が見えなくなります。美観に拘る方にお勧めです。
ボルト止め 折板屋根
タイトフレーム

折板屋根で気をつけたいデメリット

ハゼ締めのデメリット 固定力に難あり 経年で緩みやすいかも
屋根材の端と端をタイトフレームに取り付けた金具に巻き込んで折込む方法で固定しているハゼ締め。強風と経年で徐々に緩んでいき、外れやすくなることもあるので、点検時には緩んでいないかを確認してあげてください。

重ねのデメリット 雨漏りしやす
ボルトで固定する重ねはボルトが錆びないように樹脂製のキャップを取り付けます。この樹脂製のキャップ、紫外線に弱いものもあり、固くなって割れてはずれてしまったりします。こうなるとボルトが錆びだして、折板屋根にもサビが移り、雨漏りに繋がります。外れてしまった箇所には錆止めを塗布してから新しいキャップを被せてあげましょう。
錆び付いた折板屋根
屋根塗装された折板屋根
錆びにくいガルバリウム鋼板の折板屋根であっても、メンテナンスは必要です。錆びさせず、長持ちさせるためには定期的に屋根塗装してあげましょう。屋根塗装するにあたって正確な面積を知りたいという方はコチラをご覧ください。


折板屋根のブログ一覧

富津市の工場折板屋根雨漏り面戸の詰まりが原因

富津市の工場折板屋根雨漏り面戸の詰まりが原因

富津市の工場で雨漏りが起きたとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。内部の状況の確認を行います。天井材が雨漏りによって染みが広がりかなりの雨水が浸水している状況です。内部を確認するにあ...続きを読む

千葉市美浜区の雨漏り調査プレハブ折板屋根の腐食

千葉市美浜区の雨漏り調査プレハブ折板屋根の腐食

千葉市美浜区にお住まいのお客様より倉庫して利用しているプレハブに雨漏りが起きたとの事で雨漏り修理のご相談をいただき調査にお伺いいたしました。内部の雨漏り箇所の確認を屋根の調査を行います。屋根材は折板屋...続きを読む

君津市の折板屋根雨漏り補修箇所の劣化不適切な施工

君津市の折板屋根雨漏り補修箇所の劣化不適切な施工

君津市の雨漏り調査です。工場と使用している建物で雨漏りが起き困っているとの事でご相談をいただき調査にお伺いいたしました。雨漏り箇所の確認です。雨漏りによって天井が下がってしまい、カビまで発生してしまっ...続きを読む



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!