工場・倉庫の屋根や外壁に使われる大波スレート(波板スレート)のメンテナンスについて

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月20 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

工場・倉庫の屋根や外壁に使われる大波スレート(波板スレート)のメンテナンスについて

更新日 : 2020年04月08日

更新日 : 2020年04月08日


 大波・小波を問わず、波板スレートと言えば工場や倉庫、そして畜舎の屋根材や外壁材として使われてきました。したがって、工業都市部などだけでなく、畜産業が盛んな農村部でも見ることができます。もともと作業時や保管している物品への雨・風だけを凌げればいいという考え方なのか、現在では割れたり、欠けたり、穴の開いた波板スレートの屋根や外壁も多く見かけるようになりました。このページではそういった大波スレート、小波スレートのメンテナンスを中心にご案内していきます。

※このページは約6分程度で読了できます。

 日本が工業国だった昭和の象徴的な建物と言えば屋根も外壁も波型スレートという工場や倉庫ではないでしょうか。昭和生まれの大人にはちょっと懐かしい総波型スレートの建物ですが、まだまだ現役という建物も多いのです。現役という建物はメンテナンスを続けて長く使い続けてほしいという願いを込めて、波型スレートの改修方法を中心に特徴などを紹介しています。

大波スレートの建物が建ち並ぶ工場・倉庫地帯

波板(波型)スレートの特徴、材料、種類など

 波形スレートはセメントと繊維を成型して作られた波型の形状の板です。繊維としてアスベスト(石綿)が使われており、この有無が社会問題化しているのは皆様もご存知の通りです。アスベストの有無の目安は規制と製造年によって大きく変わります。

2004年まで アスベストを含有
2004年以降 アスベストをほぼ含まず

 2004年以降はアスベスト(石綿)の代替品としてグラスウールやロックウール(岩綿)が使用されています。ロックウール(岩綿)は字面から石綿と混同されていることも多いのですが繊維が大きく、発癌性は極めて低いとされています。

かつて工場で精製されていたアスベスト ロックウールの断熱材

 

波板スレートのメリットとデメリット

メリット
耐久性 耐用年数は25年以上とも言われている
耐火性 法定不燃材料 他の材料との組合せによるが各種防火・耐火構造として認定されている
遮音性 内部に伝わる音、外部に漏れる音が少なく、雨の日も静か
税金面 老朽化した波板スレートを同じ波板スレートで葺き替える場合は一括損金で処理できる
価格  比較的安価

デメリット
アスベストが含まれているものがある
土埃などが付きやすく、汚れやすい

波板スレートの種類(大きさ)と用途

 波型スレートは規格で大きさが決まっており、現在はピッチ(一山の横幅)130mmの大波とピッチ63.5mmの小波が流通しています。用途も大きさによって決まっており、大波スレートは屋根材、壁材、両方に使えますが、小波は壁にしか使用できません。ただ、かなり昔に作られた建物の場合、小波が屋根に使われているということもあるようです。また、非常に似た形状のものとして金属の波板も流通しています。こちらはピッチ76.2mmの大波とピッチ31.5mmの小波が規格となっています。過去、金属波板の大波の規格、ピッチ76.2mmで作られたスレートもあったようです。さらに現在でも小波スレートの規格、ピッチ63.5mmで作られた金属波板が中波と呼ばれ、流通しています。

大波スレート ピッチ(一山)130mm
 小波スレート ピッチ63.5mm

大波(金属) ピッチ76.2mm
 小波(金属) ピッチ31.5mm

スレートを使用して生産されている波板はほぼ130mmか63.5mm
金属を使用して生産されている波板は76.2mmと31.5mmが主流(63.5mmのものが中波として生産されていることもある)

波板の形状のサイズ

 それぞれで波の幅(ピッチ)と高さが違うので見分けるのは簡単だが、稀に小波スレートの規格、63.5mmのピッチで金属波板が中波として生産されていたこともあった。

 

大波スレートのメンテナンス

 大波スレートの屋根の場合、まず問題となるのがスレートよりもそれを固定しているボルトなどの金属類です。これらが錆びてきたり、ボルトの周りのシーリング材が劣化してきて雨漏りするという病状は古い工場や倉庫でよく起こっている問題です。シーリングやコーキングによって対処はできますが、いたちごっこになってしまいがちなので傷みが見られるボルトはすべて交換してしまうことをお勧めします。

スレート屋根の錆びたボルト 屋根を清掃中

 古くなった波形スレート屋根のボルトは錆びていることが多い。また、苔が繁殖しているという風景もよく見られる。

 

大波スレートの屋根塗装

 大波スレートに限らず、波板は半円と半円を組み合わせたような形状をしているので、その正確な表面積が分かりませんよね。屋根塗装するには正確な表面積を知る必要があるので、大波と小波別に係数を掲載しておきます。屋根の斜面の長さに係数をかけることによってほぼ正確な表面積を算出することができます。外壁に波板が使われている場合もこの係数によって正確な面積を求めることができます。

大波スレート ピッチ130mmの場合 係数は1.154
斜面の長さ×水平方向の長さ×係数1.154
小波スレート ピッチ63.5mmの場合 係数は1.144

大波(金属) ピッチ76.2mmの場合 係数は1.15
小波(金属) ピッチ31.5mmの場合 係数は1.20

 

大波スレートの部分交換(張替え)

 飛来物などによって大波スレートが一部破損してしまったという場合、その部分だけを交換して張り替えるということも可能です。老朽化してきた大波スレートで傷んだ部分だけを交換するということも可能ですが、交換したら他の場所が悪くなる、そこの交換したら他の場所が悪くなるといったいたちごっこになることが多いので、思い切って全面改修すべきでしょう。

 交換した新しいスレートは新しいので水弾きもよく、雨水が流れやすくなります。そうなると、その周辺の古くなったスレートにこれまで以上に雨水が流れることになり、負担が増えるので傷みやすくなるのです。これが替えた傍から悪くなるといういたちごっこの原因です。結果的には全面的に換えてしまった方が良かったということも少なくないのです。

大波スレートの建材 部分張り替え完了

 

大波スレート屋根への屋根カバー工法

 全面張替えや葺き替えはアスベストを含んだ屋根材を撤去するため、どうしても費用が高くなりがちです。廃材をほとんど出さず、大波スレート屋根の全面改修を行う場合は屋根カバーが最適です。これまでの大波スレート屋根の上に金属屋根材を被せるので屋根が二重になりますので、断熱性も向上します。屋根カバーに使われる屋根材はガルバリウム鋼板が大半で、最近のものは生産時に遮熱塗料が塗られている上、屋根が二重になるので、夏の暑さ対策にもなります。

屋根カバー工法の施工中 倉庫の屋根カバー工法

 近年では大波スレートに屋根カバー工事を行うために造られた屋根カバー工法専用の屋根材も存在。全国的にかなりの需要があることを伺わせる。

 

老朽化した波板スレートを同じ波板スレートで葺き替えたり、貼り換えは税制で優遇されています

 同様の屋根材を使用して波板スレートを葺き替えたり、貼り換えたりした場合は一括損金として処理できることをご存知でしょうか。税制面での優遇処理が受けられるのです。破砕しない限り、アスベストが飛散する心配はないといっても、やはり近隣の住民は不安ですよね。新しい波板スレートに葺き替えてしまえば、雨漏り等の心配もなくなりますし、近隣の方々の不安も取り除けます。ご近所の方に働いてもらい、雇用の問題を解決したいと考えている経営者の方もいるでしょう。このような改修は周辺地域へのアピールにもなりますので、お薦めです。

 

波板スレート(大波スレート・小波スレート)のまとめ

 工場や倉庫に使われることの多い大波スレート、丈夫で耐用年数も長いのですが、それを過ぎて使われているであろうものも見かけられます。耐用年数を過ぎたものは割れやすくなっていますし、また、工場の屋根の場合、下で生産されていたものの影響を受けるため、極端に弱くなっている場合もあります。組み立てや生産でものづくりには自信があるからといって、屋根に上ったりするのはやめてください。勝手が違い、かなり危険です。街の屋根やさんは工場や倉庫の屋根に関しても豊富な実績がありますので、私たちにご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!