台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

工場・倉庫の屋根や外壁に使われる大波スレートのメンテナンスについて

更新日:2017年6月7日
日本が工業国だった昭和の象徴的な建物と言えば屋根も外壁も波型スレートという工場や倉庫ではないでしょうか。昭和生まれの大人にはちょっと懐かしい総波型スレートの建物ですが、まだまだ現役という建物も多いのです。現役という建物はメンテナンスを続けて長く使い続けてほしいという願いを込めて、波型スレートの改修方法を中心に特徴などを紹介しています。
大波スレートの建物
大波スレートの建物が建ち並ぶ工場・倉庫地帯

波型スレートの特徴、材料、種類など

波形スレートはセメントと繊維を成型して作られた波型の形状の板です。繊維としてアスベスト(石綿)が使われており、この有無が社会問題化しているのは皆様もご存知の通りです。アスベストの有無の目安は規制と製造年によって大きく変わります。

2004年まで アスベストを含有
2004年以降 アスベストをほぼ含まず

2004年以降はアスベスト(石綿)の代替品としてグラスウールやロックウール(岩綿)が使用されています。ロックウール(岩綿)は字面から石綿と混同されていることも多いのですが繊維が大きく、発癌性は極めて低いとされています。
製品化されたアスベスト
かつて工場で精製されていたアスベスト
ロックウールの断熱材
ロックウールの断熱材
メリット
耐久性 耐用年数は25年以上とも言われている
耐火性 法定不燃材料 他の材料との組合せによるが各種防火・耐火構造として認定されている
遮音性 内部に伝わる音、外部に漏れる音が少なく、雨の日も静か
税金面 老朽化した波板スレートを同じ波板スレートで葺き替える場合は一括損金で処理できる
価格  比較的安価

デメリット
アスベストが含まれているものがある
土埃などが付きやすく、汚れやすい

アスベストが含まれているものであっても、破砕しない限りは飛散することはありません。また、老朽化によって自然とアスベストが飛散するということもありませんので、ご安心ください。
波型スレートは規格で大きさが決まっており、現在はピッチ(一山の横幅)130mmの大波とピッチ63.5mmの小波が流通しています。用途も大きさによって決まっており、大波スレートは屋根材、壁材、両方に使えますが、小波は壁にしか使用できません。ただ、かなり昔に作られた建物の場合、小波が屋根に使われているということもあるようです。また、非常に似た形状のものとして金属の波板も流通しています。こちらはピッチ76.2mmの大波とピッチ31.5mmの小波が規格となっています。過去、金属波板の大波の規格、ピッチ76.2mmで作られたスレートもあったようです。さらに現在でも小波スレートの規格、ピッチ63.5mmで作られた金属波板が中波と呼ばれ、流通しています。

大波スレート ピッチ(一山)130mm
小波スレート ピッチ63.5mm

大波(金属) ピッチ76.2mm
小波(金属) ピッチ31.5mm

スレートを使用して生産されている波板はほぼ130mmか63.5mm
金属を使用して生産されている波板は76.2mmと31.5mmが主流(63.5mmのものが中波として生産されていることもある)
波板の形状のサイズ
それぞれで波の幅(ピッチ)と高さが違う

大波スレートのメンテナンス

大波スレートの屋根の場合、まず問題となるのがスレートよりもそれを固定しているボルトなどの金属類です。これらが錆びてきたり、ボルトの周りのシーリング材が劣化してきて雨漏りするという病状は古い工場や倉庫でよく起こっている問題です。シーリングやコーキングによって対処はできますが、いたちごっこになってしまいがちなので傷みが見られるボルトはすべて交換してしまうことをお勧めします。
スレート屋根の錆びたボルト
スレート屋根の錆びたボルト
屋根を清掃中
屋根に苔が生えていることも
大波スレートに限らず、波板は半円と半円を組み合わせたような形状をしているので、その正確な表面積が分かりませんよね。屋根塗装するには正確な表面積を知る必要があるので、大波と小波別に係数を掲載しておきます。屋根の斜面の長さに係数をかけることによってほぼ正確な表面積を算出することができます。外壁に波板が使われている場合もこの係数によって正確な面積を求めることができます。

大波スレート ピッチ130mmの場合 係数は1.154
斜面の長さ×水平方向の長さ×係数1.154
小波スレート ピッチ63.5mmの場合 係数は1.144

大波(金属) ピッチ76.2mmの場合 係数は1.15
小波(金属) ピッチ31.5mmの場合 係数は1.20
飛来物などによって大波スレートが一部破損してしまったという場合、その部分だけを交換して張り替えるということも可能です。老朽化してきた大波スレートで傷んだ部分だけを交換するということも可能ですが、交換したら他の場所が悪くなる、そこの交換したら他の場所が悪くなるといったいたちごっこになる可能性もあるため、思い切って全面改修すべきでしょう。
大波スレートの建材
大波スレートの建材
部分張り替え完了
部分張り替え完了
全面張替えや葺き替えはアスベストを含んだ屋根材を撤去するため、どうしても費用が高くなりがちです。廃材をほとんど出さず、大波スレート屋根の全面改修を行う場合は屋根カバーが最適です。これまでの大波スレート屋根の上に金属屋根材を被せるので屋根が二重になりますので、断熱性も向上します。屋根カバーに使われる屋根材はガルバリウム鋼板が大半で、最近のものは生産時に遮熱塗料が塗られているので、夏の暑さ対策にもなります。
屋根カバー工法の施工中
倉庫の屋根カバー工法施工中
倉庫の屋根カバー工法
大型倉庫なので屋根が高い

まとめ

工場や倉庫に使われることの多い大波スレート、丈夫で耐用年数も長いのですが、それを過ぎて使われているであろうものも見かけられます。耐用年数を過ぎたものは割れやすくなっていますし、また、工場の屋根の場合、下で生産されていたものの影響を受けるため、極端に弱くなっている場合もあります。組み立てや生産でものづくりには自信があるからといって、屋根に上ったりするのはやめてください。勝手が違い、かなり危険です。街の屋根やさんは工場や倉庫の屋根に関しても豊富な実績がありますので、私達にご相談ください。

大波スレートの施工事例一覧

大網白里市|小波スレート屋根葺き替え工事で災害復旧
大網白里市|小波スレート屋根葺き替え工事で災害復旧
施工内容
屋根補修工事,破風板・軒天部分補修,屋根葺き替え
君津市の工場屋根・雨樋補修工事
君津市の工場屋根・雨樋補修工事
施工内容
屋根補修工事,雨樋交換

大波スレートのブログ一覧

富津市の工場大波スレート屋根リフォーム

富津市の工場大波スレート屋根リフォーム

富津市の工場大波スレートリフォーム調査です。築年数が経過し今後屋根の心配をせずにしたいとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。屋根の状態です。苔が全体に発生してしまっています。苔の発生...続きを読む

木更津市の旧店舗 改修工事の見積依頼で調査に伺いました

木更津市の旧店舗 改修工事の見積依頼で調査に伺いました

木更津市高柳にお住まいのU様。会社を経営されており、今は御子息に代替わりをしたそうです。その最初の事務所が手付かずのままになっているそうで元気なうちに改修をしておきたいとの事でご連絡を頂きました。実は...続きを読む

工場屋根の葺き替え、大波スレート屋根、南房総市

工場屋根の葺き替え、大波スレート屋根、南房総市

2013年11月13日更新   本日は南房総市へ建物調査にお伺いしてきました。 今回の建物は、ご自分で経営されている工場の屋根の葺き替え工事のご依頼でした。     屋根の葺き替え...続きを読む



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!