屋根材って外壁材に使えるの?

更新日:2016年9月27日
あくまでもイメージですが、屋根材って外壁材よりも強いような気がしませんか? 屋根はまともに雨にあたりますし、日中は絶え間なく日光に晒されています。外壁は太陽の動きによって日陰になることもありますから、日射量も雨量も比べものにならないくらい浴びていることになります。その屋根材を外壁に使うことができれば、とても耐候性と耐久性に優れたお住まいができるのではないでしょうか。
元興寺極楽坊
1400年前の瓦も使われている元興寺極楽坊 瓦は非常に耐久性に富んでいるが、外壁材に使うには形状が向いていない
なまこ壁
外壁材の一部として平瓦が用いられているが、こちらはコストが高そう
非常に耐久性に優れた屋根材として瓦が挙げられますが、こちらは外壁に使うのはかなり厳しそうです。大変なコストがかかるでしょう。屋根に使われるものと同じ材料で外壁に使われるものと言えば、ガルバリウム鋼板があります。こちらは金属サイディングとして街中でも見かけることも多い建材です。
ガルバリウム鋼板のサイディングのお住まい
ガルバリウム鋼板のサイディングのお住まい
茂原市 完成
ガルバリウム鋼板とほぼ同じ組成を持つジンカリウム鋼板を素材とするエコグラーニ
何と、屋根材と同じものが外壁材として使われるケースがありました。エコグラーニをはじめとする石粒を吹き付けた金属屋根材のディーズルーフィングシリーズはそのまま外壁材としても使用可能だそうです。ディーズルーフィングシリーズは基材30年保証ですから、耐久性としては申し分ありません。屋根、外壁、家一軒丸ごとディーズルーフィング、新築やお住まいのフルリフォームを考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!