千葉市の事例のように屋根カバー工法は部分的に施工可能

更新日:2017年4月3日
これまでの屋根を新たな屋根で覆ってしまうという屋根カバー工法。屋根全体をすっぽりと新しい屋根で覆ってしまうイメージが強いためか、全面的に行うものと思っている人も多いでしょう。実は千葉で行った屋根カバー工法も屋根の1面とパラペットを施工したものです。
部分的な屋根カバー工法
部分的に屋根カバー工法を受けた屋根
スレートと金属部分が分かれている
スレートと金属部分が分かれている
屋根の一面だけ屋根カバー工事をするという方法、実はそれほどお勧めできません。その屋根の下で雨漏りしているということは、他の箇所も同様に傷んでいる可能性が高く、違う箇所でも発生する可能性が高いからです。雨漏りが止まったら、違う箇所でまた雨漏りといういたちごっこになってしまっては非常に気苦労も高いと思われます。
屋根の一部分だけ屋根カバー工事をするというのは、仕事などでそれをせざるえない状況の方だけがやるべきでしょう。例えば、雨漏りしているお部屋が工房で絶対に塗らしてはならない機械や製造物があり、なおかつ現在は繁忙期なのでできるだけ仕事に集中したいという方です。屋根の工事期間も充分に取れないし、私たちとのお打ち合わせの時間も惜しいという方で、取りあえずは工房部分の雨漏りだけ止まってくれればよいという方のみです。ハイシーズンを過ぎれば、時間的に余裕もできるからその時に改めて全体的なメンテナンスを考えたいという方であれば、取り敢えずの応急処置的な工事として施工します。シーズンオフに入ったら、必ず屋根全体のメンテナンスを行いましょう。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!