台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

屋根の「唐草」ってどこのこと?

更新日:2017年8月10日
唐草と聞くとほとんどの方が唐草模様のことを思い出すのではないでしょうか。もしくはマメ科の越年草の唐草、「ウマゴヤシ」を思い浮かべるかもしれません。以外かも知れませんが、屋根にも唐草があることをご存知でしょうか。
唐草模様の風呂敷
唐草模様の風呂敷
唐草
家畜の飼料となるからウマゴヤシ
軒先やケラバに取り付ける水切り用の板金のことを唐草と呼びます。板金は金属だし、植物の唐草には似てないし、全く想像がつきませんよね。では、なぜ唐草と呼ばれるようになったのでしょうか。
軒先用の唐草
軒先用の唐草
唐草の取り付け
唐草の取り付け
今でもその名残が残っているのですが、日本ではその昔、軒先など拭く瓦に唐草模様を付けていました。それで、軒先やケラバにつけられる役物を唐草と呼ぶようになったのです。

この唐草、雨水を軒天や破風に染みさせないための重要部分です。金属屋根への屋根葺き替えや屋根カバー工法の際には必ず必要になり、お見積もりの項目にも含まれています。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!