天窓なら日照と通風を同時に解決できます!

更新日:2017年6月27日
本日、6月27日は日照権の日です。1972年6月27に最高裁によって、「日照権と通風権が法的に保護するのに値する」という判決が下され、日照権・通風権が確立しました。現在は建築基準法や各都市の条例によってその基準が厳しくなり、こうした裁判は減りましたが、現在でも日照や通風にお悩みの方はたくさんいます。
改造された古民家に設けられた天窓
リノベーションされた家に設けられた天窓
日照と通風のお悩みを一気に解決できるのが天窓です。屋根に設置するものですから、日光は日陰にならない限り、容赦なく入ってきます。暖かい空気は上へ昇るという性質がありますから、低いところの窓を開け、天窓を開放すれば、効率よく換気もできます。日照と通風の問題を最も効率よく解決できるのが天窓なのです。
天窓のメンテナンス中
天窓のメンテナンス中
階段の上に設けられた天窓
1階と2階が繋がる階段のところに天窓を設ければお家全体の通風性が高まる
開閉が思うようにいかなくなって放置したままの天窓がある場合は新しいものへと交換してみませんか。通常の平らな天井に天窓を新設するのは少々手間がかかりますが、勾配天井(屋根の勾配に沿った天井)なら比較的、簡単に設置できます。「お部屋を明るくしたい」、「風通しをよくしたい」という方に天窓は一押しです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!