台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

古屋のもりという雨漏りを題材にした昔話

更新日:2016年11月5日
今も昔も雨漏りはお住まいにとって大変なことです。その雨漏りは狼よりも、泥棒よりも、何よりも恐いとされている昔話もあります。皆様も雨漏りが何よりも恐いという『古屋のもり』という昔話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
昔の家
昔の農村のお住まい
泥棒
風呂敷を担いだ昔ながらの泥棒
この昔話に登場する主なキャラクターは狼、泥棒、猿です。これだけだと全く、雨漏りと結びつきませんよね。この物語の舞台は一軒の農家で、お爺さんとお婆さんと幼い子供と馬が1頭というシチュエーション。ある日、泥棒が馬を狙って、この農家に忍び込みます。ちょうど同じ頃、狼も馬を狙って、侵入してきます。

お婆さんは幼い子供を寝かしつけようと話をしています。幼い子供は「泥棒よりも、狼よりも、恐いものは何?」とお婆さんに尋ねます。すると、お婆さんは「ふるやのもりだ」と答えます。これを聞いていた泥棒と狼はビックリです。世間から恐れられている泥棒と狼より恐い「ふるやのもり」って何だろうと考えはじめます。ちょうどその頃、雨が降ってきてその農家では雨漏りがはじまります。お婆さんは「ふるやのもりが来た」というと、泥棒は驚いて狼の上に落下。狼はふるやのもりが自分の上に落ちてきたと思い、泥棒もまた狼のことをふるやのもりと勘違いし、大慌て。泥棒を背に乗せたまま、山中を走り回ります。
狼
昔話では悪者にされがちな狼
猿
実はふるやのもりの主人公格の猿
途中、泥棒は適当な木の枝を見つけ、飛び移り、何とか難を逃れます。狼もまた、気がつけば背中にいたふるやのもり(と思っていた泥棒)がいなくなったので、一安心。仲間の動物に恐ろしい目にあったとを話します。仲間の動物達はそんな恐ろしいやつにこの辺をうろつかれては困るということで、ちょうど泥棒が木に飛び移ったあたりを確かめにやってきます。この時、泥棒は飛び移った木に穴が開いていたので、そこに隠れていました。動物たちは木の穴が怪しいといい、猿が長い尻尾をその中に垂らし、確かめます。泥棒はそれを木の蔓と勘違いし、掴んでよじ登ろうとします。一方、猿はそれをふるやのもりと勘違いし、必死に抵抗すると尻尾が切れて、前のめりに転び、顔をすりむいてしまいました。それ以来、猿の尻尾は短く、顔も赤いということです。

ふるやのもりとは古屋の漏り、つまりは古い家の雨漏りということです。物語は途中から、なぜ猿の尻尾は短く、顔が赤いかということになってしまうのですが、雨漏りは襲来してくる獣や泥棒よりも恐れられていた?ようです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!