千葉県内で稀に見かける間違いだらけの屋根補修~漆喰編

更新日:2017年2月23日
お客様からご相談を受けて、屋根を点検していると「どうしてこうなった?」ということが稀にあります。専門職なら絶対にやらないであろう、間違った施行がなされていることがあるのです。弊社が目撃した間違いだらけの屋根補修、瓦屋根の漆喰編をお送りします。
漆喰の代わりにセメントで固定されていた瓦
漆喰ではなくセメントが使われていた
漆喰編と宣言したのに漆喰が登場しないという展開にです。瓦屋根には付き物である漆喰、本来であれば漆喰を使わなくてはならないのに何故かセメントが詰められていたというケースです。漆喰には繊維が配合されており、それによって欠けや割れを防いでいます。セメントにはそんなものは配合されていませんし、用途が違うのですぐに傷んでしまいます。
漆喰の代わりに石膏で固定されていた瓦
漆喰ではなく石膏が使われていた
これまた漆喰が登場しません。その代わりに石膏で詰められていました。そもそも石膏と漆喰では用途が違います。石膏は像を作ったりするのに使われたりします。建築では石膏ボードに加工されて使われていますが、漆喰の代用にはなりません。すぐに欠けて屋根から落ちてきます。
漆喰の特盛りサービスのせいで雨漏りが発生
漆喰がたっぷりと使われていた
漆喰には吸水性があります。多少、雨がかかっても平気ですが、できるだけ濡れないように瓦と瓦の間に詰める場合は瓦の側面より内側、3センチ奥くらいに引っ込むようにしなければなりません。側面との差がなくなってしまうと直接、雨がかかるようになり、劣化が早まります。
こういった間違った施行がされていたお客様にお話をお伺いしますと、ほとんどの方が「業者に頼んだ」と言います。業者に頼んだのにこんな施行をされてしまう理由はその業者が屋根の専門業者ではないからです。単純に知識がないからです。丁寧な仕事がされていることも多く、恐らくその業者達は屋根以外の建築に携わっている方なのでしょう。しかし、屋根のことを知らないからセメントや石膏を用いたり、漆喰を詰めすぎたりしてしまうのです。リフォーム業者にも弊社のように屋根など外装が得意なところ、内装が得意なところに分かれます。屋根リフォームをするなら専門のところに頼んだほうが後々、問題は発生しにくいのです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!