台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

人造?天然?スレートについて詳しく解説

更新日:2016年11月21日
一般的なお住まいの屋根でスレートと言えば人造スレートを指します。メーカーによって呼び名が違い、コロニアルやカラーベストと呼ばれることもあります。現在のスレートの元祖は1961年に旧・久保田鉄工が発売した「コロニアル」という商品です。この頃は石綿(アスベスト)が入っていましたが、現在では使用されていません。昔はスレートというと天然石の粘板岩を加工したものでした。
東京駅の天然スレート屋根
東京駅の屋根に天然スレートが使われているのは有名
人造スレート屋根
こちらは人造スレートの屋根
スレートが本物の天然スレートではなく人造スレートを指すようになったのは大きな災害が関わっています。1923年に起こった関東大震災です。それまでは軽量な屋根材としてトタンが流通していましたが、震災被害によって需要が急増し、不足に陥ります。そこで、注目を浴びた軽量屋根材が石綿スレートです。瞬く間に普及し、スレートと言えばこちらが主流になってしまったのです。粘板岩から造られた屋根材は天然スレートと呼ばれ、区別されるようになりました。
天然スレートは加工しやすい
天然スレートの特徴として薄く裂けやすく、加工しやすいことがあげられる。画像では端を丸く仕上げてある
ヨーロッパの天然スレートの建物
ヨーロッパでも天然スレートは屋根材として用いられている
天然スレートは非常に高級な屋根材で日本ではほとんど採取されていません。宮城県石巻市雄勝町が有名な産地でしたが、東日本大震災で壊滅的な打撃を受けました。そのため、東京駅の屋根の改修に支障が出たのは有名な話です。天然スレートも瓦と同じく、非常に耐用年数が長いという特徴を持っています。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!