台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

ベランダとバルコニー、どこが違うの?

更新日:2017年9月6日
お家の中でほぼ同じ場所にあり、ほとんど同じ機能を持っているのがベランダとバルコニーです。ベランダとバルコニーの違いとして挙げられるのが、屋根の有無です。ベランダは屋根有り、バルコニーは屋根無しが標準的な仕様になります。屋根の有る無しは大きいですよね。ベランダであれば、ちょっとした雨でも洗濯物を干すことができるのです。
ベランダ
こちらはベランダ
普通の木造の戸建ての場合、ベランダとバルコニーの判別は付けやすいのですが、鉄鋼造などになるとベランダのように見えるのにバルコニーと呼ばれるケースも出てきます。下の画像では屋外にありながら雨の日でも洗濯物が干せるような造りになっています。
バルコニー
上層階の床が屋根代わりなのでバルコニー
洗濯物
バルコニーの洗濯物
上の画像はバルコニーになります。屋根というよりも床の部分が延長されているという考え方だからだそうです。マンションや集合住宅に見られるこのようなバルコニーを区別するためにインナーバルコニーと呼ぶそうです。

ほどんどの場合、バルコニーをベランダと呼んでも通じますし、逆でも通じますが、誤用や混同は「言った・言わない」の話になる恐れも多いので、一応は覚えておきましょう。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!