ベニヤ、コンパネ、構造用合板のそれぞれの違いとは

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2021年03月06 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根の下地や軒天に使われるベニヤ、コンパネ、構造用合板の違い

更新日 : 2020年02月26日

更新日 : 2020年02月26日

 住まいにあまり詳しくない人でも「ベニヤ」や「ベニヤ板」という言葉を聞いたことがあると思います。ホームセンターなどに行くとさまざまなものが売られていますよね。屋根葺き替えなどでは野地板に補強を兼ねてコンパネを増し張りすることもあります。軒天などには化粧ベニヤが使われることもあります。これらベニヤとコンパネ、どこが違うのでしょうか。

野地板に張られたコンパネ 化粧ベニヤの軒天

野地板に張られたコンパネと化粧ベニヤの軒天

 ベニヤは「ベニヤ合板」を略したものです。ベニヤという言葉自体は木を薄くスライスした単品を指します。これを繊維方向が垂直に交わるよう積層し、奇数枚張り合わせたものが合板です。ベニヤも、コンパネも、構造用合板も合板です。ベニヤ合板は厚さが豊富で、一番薄いものだと2.3mmで数ミリ刻みで30mmまで用意されています。

どうして繊維方向が垂直に交わるよう積層するのか

 木に限らず、植物は繊維方向に沿って裂けやすかったり、変形しやすいといった特性を持っています。巻き割を思い出してください。やったことがないという方も多くおられるでしょうが、映像で見る限り、木の繊維方向に沿って刃を入れれば、労力を掛けずに燃えやすい細い巻きにすることができますが、葉の入れ方を間違えるとなかなか裂けてはくれません。
 ご存知のように木材として加工されてからもこの性質は残っています。いくら太い木材でも繊維が裂ける方向に力が加われば、欠けたり、割れたりしてしまうのです。日曜大工をしたことがある方なら、細く加工された角材の切断面の近くに釘を打ち、裂けてしまったという経験もあるでしょう。このことを防ぐには繊維が一定方向ではなく、複数の方向に向いていればいいのです。縦横の方向に重ね合わせれば、縦の方向に裂けそうな時でも横の繊維が踏ん張ってくれますし、逆に横の方向に裂けそうな時には縦の繊維が踏ん張ってくれます。
 合板の歴史はとても古く、古代エジプト時代には既に使われていたそうです。もともと良質の木材が不足していた背景があったからこそ編み出されたと現在では考えられています。必要は発明の母とはよくいったものです。


 コンパネも略語でして、正式名称はコンクリートパネルです。コンクリートの建造物を作るときに型枠として用いられます。型枠用合板ですから耐水性が高いという特徴を持っています。

コンパネの型枠 家具

コンクリートの型枠として使われるコンパネ 構造用合板は家具にも使われる

 構造用合板は壁や床などの下地とや家具に使われています。ベニヤも、コンパネも、構造用合板も、張り合わせるときに接着材が用いられています。接着材は化学物質なので、体に有害なホルムアルデヒドを放出します。各合板にはアルデヒドの放散量の目安として、F☆~F☆☆☆☆のマークが付けられています。室内で使うのなら、放散量の少ないF☆☆☆☆を選ぶのがベストです。

リフォームに置けるベニヤ、コンパネ、構造用合板の用途

それぞれの違いが分かったところで、実際にリフォームではどのような用途で使われるかのか見ていきましょう。

・ベニヤ

 コンパネや構造用合板と違い、ベニヤは特別用途が定まっていない合板です。比較的薄いものではDIYにもよく使われますが、住宅では軒天や天井、壁面などに使われるケースがあります。表面に塗装や模様などが入ったベニヤは化粧合板とも言われており、そのまま内装に使えます。

ベニヤ板が剥がれている 軒天に新しいベニヤ板を設置している

・コンパネ

 前項でも述べましたが、コンクリートの型枠用ですので、基本は使い捨てです。型枠から水分が逃げないように耐水性にすぐれていますが、意匠性などは考えられていないため表面はザラザラしていたり、場合によっては板が歪んでいることもあります。一見すると構造用合板に似ていますが、目に見えるような所に施工されることはあまりありません。

コンパネで基礎の型枠を作っている コンパネを使った基礎工事

・構造用合板

 名前の通り建物の構造用に使われる合板です。価格的にはベニヤ、コンパネと比較して一番高く厚さが12mmで2,800円ほどで売られています。耐久性があることから、住宅の様々な場所に使われていますが厚みの種類も方保なので用途に合わせて厚みも変わってきます。
9mm、12mm、15mmがの薄いタイプが現在では主流ですが、防音性や耐震性を向上させる目的で厚さが24mm、28mmのものを使うケースも最近は多くなってきました。軸組工法や2×4工法の壁、床、さらには屋根の野地板にも使われています。

 

屋根葺き替え工事で野地板を設置している様子

合板の等級

 一言でベニヤ、コンパネ、構造用合板、どれも一言で言えば合板です。合板には等級があり、使われている接着剤によってランクが分かれます。

・特類
フェミノール樹脂系接着剤がが使われているため、一番耐水性が高いため常時湿気の影響を受ける環境に使用されます。ヨットなどの船舶用の合板や足場板用合板など。

・T1ベニヤ板(一類)
メラミン樹脂接着剤が使われているタイプです。湿気に強く防水性に優れているため屋外など雨水の影響を受けやすいところに使われます。逆に湿気に弱いと変形したり剥がれるなどの問題が発生します。

・T2ベニヤ板(ワラン合板)(二類)
 こちらはユリア樹脂接着剤が使われています。T1よりも湿気に弱いので屋外や湿気の多いところに使うには注意が必要です。一般的にベニヤといえばこのT2ベニヤが使われるケースが多いです。

・T3ベニヤ(三類)
 上記の2つのタイプよりも防水性が低く、さらには耐久性も低いタイプです。現在はあまり販売されていませんが、性能が一番低いが価格もその分安いです。

ベニヤ コンパネ 構造用合板とホルムアルデヒドの放散量について

 合板には接着剤が使われていますが、その成分にはホルムアルデヒドが含まれます。ホルムアルデヒドは人体に悪影響があるため飛散量によってランク分けされています。特徴は刺激臭があり、濃度によって粘膜への毒性があります。呼吸器や目、喉への炎症、さらには皮膚に接触した場合は炎症を起こす場合もあります。

 飛散量は星(☆)の数でランク分けされており、☆の数が多い程飛散量が少なく、さらにはランクにより建材で使用される建築基準が変わってきます。

ホルムアルデヒドの飛散量を表すフォースター ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群

・F☆☆☆☆(フォースター)

ホルムアルデヒドの最高ランクで、日本工業規格(JIS)の規格をクリアしたものをいいます。建築基準法による使用量や用途の制限がないため、内装では積極的にフォースターが使われています。飛散量が少ないといっても0ではありません。多少ではありますが目がしょぼしょぼしたり匂いを感じることもあります。

・F☆☆☆

 国土交通大臣による認定は「第三種ホルムアルデヒド発散材料」です。目への刺激や鼻の乾燥が感じられることがあります。内装の仕上げ材量での使用面積に制限があります。

・F☆☆

 国土交通大臣による認定は「第二種ホルムアルデヒド発散材料」です。ほとんどの人が目への刺激や鼻の乾燥が感じます。F☆☆☆同様に内装の仕上げ材量での使用面積に制限があります。

・F☆

 国土交通大臣による認定は「第一種ホルムアルデヒド発散材料」です。他のランクと違い星(☆)の表示がありません。匂いが強くのどへの刺激だけでなく目の粘膜が炎症を起こしたり、涙が出るような症状があります。

 内装の仕上げ材料としての使用は禁止されています。

重要な部材、野地板とは

 野地板とは防水紙が敷かれており、屋根材が固定されている部分です。屋根材が葺かれている下にはほぼ必ず野地板が存在しています。
 屋根の表面に屋根材があり、その下には防水紙、そして野地板と一般的な屋根ではこれらが必ずワンセットになっています。普段皆様が目にしている屋根は屋根材のみのため、防水紙は知っていても野地板まで知っている方は少ないのではないでしょうか。
 また、屋根材が欠けてしまった、飛散してしまった場合にすぐに雨漏りしてしまうと思われる方は多いのではないでしょうか?しかし、実際はこのように屋根材の下には、防水紙、野地板と設置されているためすぐに雨漏りを引き起こすことはありません。しかし、屋根材、防水紙が欠けてしまえば雨水が浸入してしまいますので定期的な点検やメンテナンスは心掛ける必要があります。

野地板 木造住宅

 野地板自他は垂木に固定されており、屋根材と防水紙は野地板に固定されています。この構造から分かるように、垂木と防水紙、屋根材の間に存在しそれらを結びるけることで屋根を成立させているのです。これらのパーツが1つでも欠けてしまうと屋根は成立しないのです。その中でも表面と屋根材と防水紙、内部の垂木、これらを繋ぐ野地板は特に重要な部分と言えるのです。

 基本的には屋根材にはほぼ雨が染むことはありませんし、防水紙も当然ことですが雨水は染みません。屋根から雨漏りが発生した場合、最初にダメージを受ける可能性が高いのが野地板になります。野地板に染み込んだ雨水は垂木や天井といった周辺に伝わっていきカビの発生やシロアリの発生、木部が腐食してしまうなどがあります。野地板は耐震性や耐風性といった部分も受け持ち屋根の構造を支えている部分ですので雨漏りなどは絶対に避けなくてはなりません。野地板がしっかりしていれば屋根だけでなくお住まいのしっかりしてきます。丈夫なお住いというと基礎や柱を重点的になりがちですが、実際は屋根の野地板などの箇所も大きく影響するのです。

家骨組み 柱基礎

野地板の種類

 野地板を見ると単なる木の板にしか見えないかと思いますが実際にはいくつか種類があります。

・構造用合板

 耐震性や耐風性を求める部分に用いられることを前提に作られている合板で戸建てやお住まいの野地板として最も使用されているのが構造用合板です。さまざまな厚みの物が用意されており等級も設けられています。よく野地板に用いられているのは厚み12mmでシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの飛散量が最も少ないF☆☆☆☆のものになります。

・バラ板

 お住いが築40年以上の建物に用いられていることが多いものです。名称でも分かるように隙間を設けられて設置され、それぞれ独立したバラバラの板で屋根の一面を全体的に覆うようなものではありません。現在ではほぼ用いられることはなくなりました。

・耐火野地板

 準防火地域、防火地域、屋根不燃区域での使用が義務付けられている野地板です。名称でもわかるように火に強く30分の火災に耐えられる野地板です。火災の際などで安全性が高い製品ですがそれなりに高価な製品になります。

野地板のメンテナンス方法

屋根裏 小屋裏

 屋根の鯉宇三的な強さを増すための増し張りと雨漏りで腐食し悪くなった部分を交換する貼り替えがあります。残念ながら野地板のメンテナンスは屋根材と防水紙を剥がした際にしか行えません。もちろん通常時に目視することもほぼ不可能です。屋根葺き替え、または屋根ふき直しの時にしかお手入れはできないのです。

・増し張り

 野地板がバラ板だった場合によう行われます。増し張りをすることによって屋根の重量が重くなりますが、構造的に強くなるため地震や強風に対しても強くなります。また、屋根材を固定するところを新しくすることによって屋根が屋根が剥がれにくくなる効果もあります。

・貼り替え

 野地板が腐食している場合に行われます。腐食部分を放置するとひろがってしまうので撤去し新しいものへと交換します。また、野地板だけでなく垂木なども腐食している場合はその部分も交換します。

防水紙 屋根下地

 野地板の耐用年数はよく使用されている構造用合板で約30年とされています。通気性が高いバラ板の場合は約40年ともいわれています。
 また、一般的に使用されていることの多いスレート屋根の耐用年数は20~30年とされているため、これらの屋根材の耐用年数時に葺き替えする際などに一緒にメンテナンスを行うことが望ましいです。
 ちなみに瓦屋根の場合は耐用年数が50年以上ですので、屋根の寿命が来る前に野地板の寿命を迎えます。そのため瓦屋根の場合は漆喰のメンテナンスを行う際に一緒に行うことがおすすめです。

お住まいの劣化を促進するものといえば水分です。お住いの内部に雨水が浸入する雨漏りは浸水箇所とその周辺の劣化を極端に早め、寿命を短くします。そのため雨漏りが発生した場合は早めに専門の業者に相談をするようにこころがけましょう。

まとめ

 ベニヤ、コンパネ、構造用合板にはそれぞれ用途があり、特に屋根工事などの外装工事においてはベニヤや構造用合板が使われることになります。工事をする場合、使用する材については殆どが工事をお願いした業者が選定することになりますが、ホルムアルデヒドの飛散率などはシックハウス症候群にも繋がることもありますのでアレルギー体質の方は留意しておくようにしましょう。
お住まい点検
 また、どの材が適切なのかはお住まいの状態や環境にも左右されるためご自身での判断は難しいです。街の屋根やさんでは無料で現地の調査を実施し、最適な工事のご提案をっせていただきますのでお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前 必須

      苗字

      名前

      ふりがな 必須

      苗字

      名前

      ご住所 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号

      番地・ビル・マンション名

      E-mail (半角英数) 必須

      電話番号 (半角英数) 必須

      ご希望の連絡時間帯 【任意】

      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】

      複数選択可

      屋根葺き替え屋根カバー工法屋根・外壁塗装棟板金交換雨樋工事漆喰詰め直し屋根葺き直し防水工事その他

      お問い合わせ内容 必須

      複数選択可

      ご相談・ご質問点検・お見積りその他

      お問い合わせ詳細 【任意】




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!