ブロック塀の耐用年数はどれくらい?

更新日:2018年6月22日
6月18日に発生した大阪北部地震、震度6弱という強い地震にもかかわらず、その犠牲者が1桁だったというのは過去の教訓が生かされたからでしょう。しかし、その中には地震はきっかけに過ぎず、明らかに人間のミスが招いた人災と言えるものも存在します。ブロック塀倒壊による女児の死亡事故はまさしくそのケースです。
見るからに危険なブロック塀
一般的にブロック塀の耐用年数は30年程度と言われています。二酸化炭素による中性化、雨水が内部に染みることによって発生する錆で年月と共に脆くなっていくと言われています。貴方が住んでいる地域にも30年以上経過しているブロック塀は結構、存在しているのではないでしょうか。今回、大阪北部地震でのブロック塀崩壊を受けて、公共の建造物に関しては全国的に点検がはじまりました。相次いで不適合なブロック塀が見つかっている最中です。
危険な空き家
袖ケ浦市役所
公共の建造物に関しては今回のことで早急に対策が進むでしょう。問題は個人的な建物です。避難所までの道筋にそのようなブロック塀があったら… 倒壊してしまったら避難所に辿りつくことが困難になるのは間違いありません。問題は避難所に通じる主要道路にそのようなブロック塀がある箇所をどれだけ行政が把握しているかということです。袖ケ浦市役所のサイトを検索してみたところ次のような一文を見つけました。「市は県と連携してパンフレットの配布等を通じて知識の普及に努め、危険なブロ ック塀の撤去、改善を促します。(袖ケ浦市役所のサイトより引用)」… どうやら把握まではしていないようです。個人で避難所までの道筋にそのようなブロック塀がないかを一度、確認しておくべきでしょう。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!