台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

ソーラーパネルの重さってどれくらい?

更新日:2017年9月14日
再生可能エネルギーの買取が決定した時、私の家にもさかんに太陽光の訪問販売業者がやってきました。リフォームとは業種が異なりますが、やはり訪問販売業者はかなりいい加減です。「このお住まいなら屋根に3つぐらい載せても全然、平気ですよ」と、お家や屋根の点検もしないで自信満々でいうのですから、困ったものです。日当たりがいい家ということを分かっているのか今でも、太陽光の訪問販売業者がたまにやってきます。
17b4c04b5f3b573c884fc871e30cd10a_m
太陽光発電はやっぱり魅力的
売電ブームは過ぎたとはいえ、やはりお家で電気を作れるのは魅力的ですよね。最近は蓄電も進化していますから、災害などの停電時でも安心です。多くの場合、屋根の上に設置して使用する太陽光、あれってどのくらいの重さがあるのでしょうか。屋根は軽い方が地震などの時に有利ですから、大変気になりますよね。
瓦屋根のお家
瓦屋根は1㎡で約50kg前後
スレート屋根
スレートの場合は1㎡で約20kg強
調べてみたところ、1㎡で平均的なもので約12~16kgとのことでした。平均的な4kWの容量のものだとソーラーパネルの総重量は約240〜470kgになります。瓦が1㎡で約50kg、スレートの場合は約20kg強ですから、かなり軽いように感じます。現在の住宅の場合、屋根に太陽光を載せること前提に設計しているものもありますが、古めのお家にはそのように設計されていないものがほとんどです。そういったお家の場合は慎重に検討した方が良いでしょう。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!