ガルバリウムなどの屋根材が値上げされるかも

更新日:2017年5月25日
「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないですけれども、経済が極度にグローバル化した現在、海外の会社が倒産しただけでも、その被害が日本国内に及ぶことは珍しくありません。事実、サブプライムローン問題とリーマンショックは国内の住宅メーカーにも大きな衝撃を与え、新築を購入した方でその被害も被ったのも社会問題となりました。
製鉄所
かつて千葉市に存在した製鉄工場
溶融亜鉛めっき鋼板、ガルバリウム鋼板、カラー鋼板などの値上げを日鉄住金鋼板は2017年4月から行うと発表しております。この値上げは2016年7月、2016年12月に続くものであり、高炉の主原料や国内外の鋼材が値上げされていることを反映したものです。亜鉛やアルミといった副原料価格も高くなっており、どうしても値上げせざるをえない状況のようです。
ルーフィング,タディスセルフ
ガルバリウム屋根材
日鉄住金鋼板というと、次世代ガルバリウム鋼板「エスジーエル」を製造している会社です。ガルバリウムの製造には鋼材の他、亜鉛やアルミも必要ですから、それを受けてガルバリウム金属屋根材も値上げされそうです。景気が回復したようには思えないのに値上げは困りますよね。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!