台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/15更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ご自宅の屋根の状況を上らずに確認する方法

更新日:2018年2月23日
お庭やお家のことを気にかけている方なら「何とかして屋根の上を見たい」ということもあると思います。そして、1階部分の屋根でもその上にのぼるのは危険だということを皆様、ご存知でしょう。実は屋根の上にのぼらず、確認する方法もあるにはあります。
屋根がいっぱい
一番、スタンダードなパターンです。ご自宅のすぐ近くに見下ろせるような建物や施設があれば、何の苦労もせずに屋根の状況を確認することができます。陸橋があったり、道路があったりするのなら、屋根の確認には困らないわけです。詳細までは分からないという方はオペラグラスなどを使えば、細かい部分も見えるでしょう。変な誤解を受けるかもしれませんが。

ただ、この方法は立地に頼る部分が大きいため、実行不可能という方も多いと思います。
自撮り
君津市 化粧スレートの状態
高所カメラは文字通り、高い所を撮影するためのものです。簡単に言えば、スマートフォンの自撮り棒を長くしたようなものですが、倒れないように三脚がついています。お値段は数万円から数十万円とさまざまで、高い所を取れるものほど高くなります。一般の方が持っていても、その他の利用方法がないために勿体ないものとなってしまうでしょう。
ドローン
空港
数年前から低価格化し、ホビーとしても身近なものになったドローン。スマホで操作できるものもあり、リアルタイムで画像を送ってくるものもあります。屋根の上を撮影するのにも便利そうですが、人口密集地では許可なく飛行させることはできません。また、建物などから30m以上の上空を飛行させないといけないという決まりもあります。近隣に空港がある場合も飛行禁止です。ちなみに千葉県の東京湾側は羽田空港、成田には新東京国際空港があるため、飛ばせるエリアが限られています。これらの禁止地域で飛行させる場合は地方航空局長に申請をし、承認や許可を得ないとなりません。飛ばせるエリアは国土地理院の地図で確認することができるのですが、こちらを見ると飛ばせるところがかなり少ないことが分かります。

ドローンが落下してしまいますと、建物や人に被害が及びますから、こちらも危険です。屋根の様子を知りたいという方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。しっかりと屋根を撮影した画像をお見せし、状況をご説明いたします。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!