台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

お住まいや建材に繁殖してしまう虫について

更新日:2016年5月14日
福井県勝山市北郷町伊知地にある国重要文化財の旧木下邸、茅葺き屋根の建物で現在、改修工事が進められております。茅葺き屋根の解体作業の事前調査でその屋根にカブトムシの幼虫が住み着いていることが分かり、地元の子供達と観察会が開かれました。子供達はカブトムシの幼虫に大喜びでちょっとした話題となっています。
茅葺き屋根のお住まい
藁葺き屋根の家屋
成虫のカブトムシ
成虫のカブトムシ
昔は農村地域の場合、多くの建物の屋根が草葺きでした。そういった屋根はカブトムシの幼虫などの最適な繁殖場所ですが、草葺き屋根の建物は囲炉裏を設けることにより、屋根全体を煙で燻して防虫効果を上げていたのです。したがって、虫が住み付くことも少なかったのです。
シロアリ被害
シロアリ被害
蚊取り線香
昔は囲炉裏が蚊取り線香のような役割をしていた
現在のお住まいには囲炉裏もなくなりましたが、草葺き屋根のような虫が繁殖する環境もなくなりました。しかし、雨漏りでもして木材などが水分を含んでしまうと途端にお住まいの天敵であるシロアリが繁殖しやすい環境になります。シロアリはお住まいの木部を食い荒らすので、耐震性にも悪影響を与えます。

姿形は普通のアリに似ているシロアリですが、実はアリよりも種的にはゴキブリに近いそうです。シロアリ駆除の薬剤を散布すると、ゴキブリもお住まいに寄り付かなくなるというメリットもあるのです。最近の薬剤は人体やペットへの影響は極めて少なく、安心です。外装リフォームの際はシロアリ駆除の薬剤散布もご検討ください。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!