台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

お住まいの大敵となる植物「竹」|千葉県

更新日:2017年5月2日
5月現在、旬な食べ物と言えば竹の子です。千葉県は大多喜をはじめとして竹の産地が多いので、新鮮なものが食べられます。この季節になると、ご近所の複数の方からおすそ分けをもらうことが多いので、我が家は毎日が竹の子づくしです。竹は繁殖力も高く、生長してからもさまざまなものに加工できますので利用価値が高い植物でした、半世紀くらい前までは。現在ではその繁殖力の高さから、樹木への被害、住宅地への被害が大きな問題となっています。
整備された竹林
整備され、管理された竹林。緑が非常に美しい。
千葉県というと前述の大多喜をはじめ、竹林が多い地域です。竹の子や竹の産地となっている竹林は管理されてので問題ないのですが、中には需要の減少から放置された竹林も存在します。管理されていない竹林はその繁殖力から増殖していき、周りを蝕んでいきます。スギやヒノキといった人工林に侵入すると最悪の場合、枯らして全滅させます。竹林が住宅地に隣接していると最悪です。侵入してきた場合、お住まいを容赦なく破壊しますし、コンクリートなどの分厚い基礎もその成長力で割ってしまいます。薬剤を撒いて枯らす、侵入してきた竹を文字通り根こそぎ取り除くなどをしなければ、大きな被害を免れません。
竹の子
今が旬の竹の子
竹と古民家
伝統的な日本家屋と竹の親和性は高いが、管理が非常に重要になる
千葉県の竹林面積は7位です。10位までに含まれるのは九州や西日本で占められるのになぜか千葉県だけ入っているのです。実際に千葉県内を見回してみれば、かなりの頻度で竹林に遭遇します。中には住宅地の間に点在しているような地域もあります。連休中はご近所を散歩してみましょう。お住まいの近くに竹林はないでしょうか。ご自宅の近くが森や山に竹が繁殖していなでしょうか。ご自宅が造成地で盛り土をされた可能性がある方はお住まいのお庭やご近隣の庭に竹が生えていないかも確認してください。篠竹などが生えていることもあります。篠竹も竹の一種ですから、お住まいに被害を与えます。できるだけ、地下茎などを除去し、専用の薬剤などを散布して被害を防ぎましょう。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!