あると便利!?テラスの大きな屋根

更新日:2016年10月7日
大きなお寺などを見て、「随分、軒先が長いなあ」と思ったことはございませんか。あれだけ軒先が長いと、雨の日でも窓を開けられますし、洗濯物も干せそうです(お寺などで軒先が長いのは雨の日でも戸を開け、換気できるようにするためという説もあります)。一般的なお住まいであれだけの軒先は現実的ではありませんから、リフォームでテラスを増設するしかなさそうです。
奈良 東大寺
奈良の東大寺 軒先の長い立派な屋根
テラスつきのお住まい
大きな玄関庇なのかテラスなのか判断に迷う建物
大きな屋根を持ったテラスがあると何かと便利そうですよね。テーブルと椅子を用意すればカフェのようにもなります。雨でも、晴れでもゆったりと優雅に過ごせそうです。雨でもテラスの屋根の下にある窓を開け放てますから、換気もバッチリですね。また、使い方としては優雅さとはかけ離れてしまうのですが、雨の日に洗濯物を外干しすることもできます。何かとメリットは多そうです。
テラスの屋根
テラスの屋根 照明もあるので夜も快適に過ごせそう(虫が寄ってこなければ)
テラスでお茶
テラスでお茶
メリットばかりを聞くとテラスと大きな屋根を増設するリフォームをしたいと思えてくるでしょうが、実はデメリットもあります。まず大きく張り出した屋根を支えるのに柱が必要です。これがせっかくの開放感を奪ったり、物理的に邪魔になったりします。また、屋根をつける際に外壁など穴を開ける必要も出てきます。しっかりとした施工がなされれば、問題は無いのですが、以前よりもメンテナンスの必要性が増すことは確実です。お住まいの本体の屋根の向きや角度によってはテラスの屋根に落雪するかもしれないので、その対策も必要です。お住まいのリフォームの失敗のほとんどはメリットだけに捕らわれて、デメリットを無視してしまうことから始まることを覚えておきましょう。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!