袖ケ浦市でトタンの張替工事!集水器の増設も行い、雨樋本来の性能を発揮!

工事のきっかけを伺いました!

トタンの張替依頼でお問い合わせを頂いたのは、袖ヶ浦市のA様からです。 2軒の建物の間に設置されているトタンですので、雨漏りを起こしていようと問題はありませんが、放置しておくと建物のどちらかに支障が出る可能性もあります。 お住まいの点検を行ったところ、雨樋の排水機能も悪く、改善の余地がありました。 今回は部分的な屋根の補修と、雨樋を正常に機能させるためのメンテナンスをご提案させて頂きました。

平屋アイコン 屋根葺き替えアイコン 雨樋交換アイコン

施工内容屋根補修工事、屋根葺き替え、雨樋交換

before
トタンの張替工事前
horizontal
after
トタン葺き替え工事完了

お問い合わせのきっかけ

トタンの張替依頼でお問い合わせを頂いたのは、袖ヶ浦市のA様からです。
2軒の建物の間に設置されているトタンですので、雨漏りを起こしていようと問題はありませんが、放置しておくと建物のどちらかに支障が出る可能性もあります。

お住まいの点検を行ったところ、雨樋の排水機能も悪く、改善の余地がありました。
今回は部分的な屋根の補修と、雨樋を正常に機能させるためのメンテナンスをご提案させて頂きました。

点検の様子

袖ヶ浦市のお住まい
トタンを張り替えてほしい
今回点検にお伺いしたのは、袖ヶ浦市のA様邸です。
建物間のトタンの張替えを検討しているとのことですが、建物の真上ではありませんので、雨漏りを起こしたとしても最悪の自体は免れます。
但し、トタンの設置状況によっては、お隣の建物に悪影響を及ぼす可能性もありますので、補修を検討した際にメンテナンスを行うように致しましょう。

建物間の屋根は、建物上の屋根どちらからも雨水が流れてくるため、傷みやすくなってしまいます。
波板の取り合い
建物の状態も合わせて確認いたしますが、外壁にもトタンを使用しており、複雑な形状でした。
外壁と屋根が接している面は、雨水が溜まり傷みやすい為、定期的な補修が必要です。
金属屋根は頑丈ではありますが、築年数や破損により錆が発生し、錆の進行によっては劣化が早まりますので、耐久性に頼らず、塗装保護をしていきましょう。
棟板金の錆
塗膜の劣化,剥がれ
トタンはシンプルな印象が強いようですが、瓦調の棟板金を使用しており、日本住宅の風合いが感じられますね。
繰り返し塗装メンテナンスはされていたようですが、塗膜が剥がれ錆が発生してしまっていました。

一度錆が発生すると被害範囲を広げ続けます。被害を抑えるために塗装を行うのですが、既存塗膜を綺麗に取り除き、錆止め処理を充分に行わないと、塗膜がまた剥がれてしまいます。

板金の隙間
建物の間
トタンの重なりには隙間がありました。屋根材は重ね葺いている為、隙間が生じるのは仕方ありません。
が、ここから雨水が吹き込むと屋根材内部に雨水が入り込んでしまいます。

すぐに雨漏りを起こすわけではありませんが、徐々に下地が傷み、雨漏りを起こすだけでなく、下地材が腐食させてしまいます。
また金属材は、埃が溜まる場所が錆びやすいです。雨水が当たりにくい場所は、知らぬ間に穴あきが起きている恐れがありますので、細かな場所の確認も怠らずに行いましょう。
集水器増設を検討
支持金具の錆
下から見た状態です。
雨水を集め地上に流すはずの雨樋ですが、集水器が無く排水させる機能がありません。
通常は他面まで雨水を流しますが、この面は最も雨水が多く集まりますので、他に流しているだけの余裕はありません。
そこで今回はこの部分に集水器を増設し、排水をサポートし、雨樋の破損を防止します。

雨樋を支える支持金具は、築年数と素材に応じて錆びてしまいますので、雨樋に問題が無くとも、交換が必要になります。
雨樋と金具はまとめて交換し、破損を起こさないように補修しましょう。
雨樋の劣化確認
トタンの隙間から雨水の浸入
雨樋にはトタンの表面塗膜が落ちていました。屋根材の塗膜が更に劣化すれば、いずれは雨樋の水の流れを悪くし、集水器を詰まらせるほどになってしまいます。
定期的に清掃をすれば解消出来ますが、頻繁に清掃を行う方もそういらっしゃいません。
トタンの耐久性や雨漏りのリスクを考慮し。屋根塗装もしくは葺き替え工事を行う事も検討していきましょう。
雨樋全体は若干の歪みが見られますが、このまま使用することは可能ですので、今の状態だけは頭に入れておきましょう。

最後に、こちらの屋根の重なり部分にも隙間が見られますよね?
実は先ほどご紹介した隙間とは異なり、上方からみて隙間が見えます。これはトタンの葺き方が逆です。
通常、上側(棟)から流れる雨水が内部に入り込まないように、軒先から葺き、上に重ねます。
そうすることで雨水の流れを滞らせず、スムーズに雨樋に流すことが出来ます。
逆に葺いてしまうと、雨水が入り込み雨漏りを起こしてしまいます。これはどのような高耐久の屋根材を使用しようとも、雨漏りを引き起こしますので、ご注意ください。

波板屋根葺き替え工事

近隣挨拶
棟板金固定外し
工事を行う前に、作業車の出入り・駐車、材料の搬入等の為に、近隣にお住まいの方へご挨拶をさせて頂きます。
もちろん「我が家も〇〇が気になっている…」という場合も、点検をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

今回は屋根も滑りにくく傾斜(勾配)も急ではないため。足場仮設は行う必要はありませんでした。
足場費用だけで、金額が大きく異なりますので、ご心配な方はご相談ください。点検時に足場の有無はお答えさせていただきます。

まずは張替を行う範囲の棟板金を取り外していきます。
瓦調ガルバリウム鋼板での交換も可能ですが費用が異なりますので、交換後の仕上がりは施工前に確認させて頂きます。
棟板金撤去
トタン撤去
棟板金・屋根材を剥がし。下地の状態を確認します。
野地板が腐食し、たわみを起こしていると、新たな屋根材を使用しても隙間が発生してしまいます。
そのような時は、野地板の増張り・張替えで下地補強をする必要があります。

下地の状態を確認するためには、屋根を剥がさなければなりませんので、工事中にしか判断できません。
築年数で下地補強の可能性を説明させて頂きますが、実際に施工するかどうかは追加工事としてご説明させて頂きます。
トタン撤去
屋根材撤去
今回は下地に問題が無いようでした。
防水紙(ルーフィングシート)は、常に屋根材に保護されている為、劣化を起こしにくいのですが、築年数が経過することによって、破れやしわを起こしてしまいます。

防水紙は屋根からの雨漏りを防ぐもっとも大事な材料ですので、屋根葺きの際には必ず新たに葺き直します。

防水紙敷設
屋根材加工
外壁の取り合いから隙間なく葺く事で、雨水の浸入を防具ぐことが出来ます。
屋根材も防水紙も、必ず雨水が流れていく方向に合わせて葺き、雨漏りを防ぎます。

既存と同色の波板を鋏で加工しながら葺いていきます。
新規屋根材と比較すると、一見綺麗に見えていた既存屋根材がチョーキング現象を起こしているのか、白ぼけてしまっているのが分かりますね。
トタン葺き
波板の軒先加工
重ねながら屋根全体に葺き替えて、下地の桟木にしっかりと固定します。
棟板金の端と軒先を部分的に曲げ加工をし、雨水の浸入防止と、流れる雨水の勢い抑止対策を行いました。
小さな工夫ですが、屋根を流れる雨水のスピードを抑えることで、雨樋の役割を発揮させることも出来ます。
貫板設置
棟板金設置
棟板金の設置です。屋根葺き替え工事の際にはもちろん交換を行いますが、台風や強風後に棟板金の釘が抜け飛散したり、バタバタと騒音の発生と、不安を駆り立てる原因になります。
その為、屋根工事以外のタイミングでも、補修が必要になる事があります。
ちなみに風災での破損は、加入されている火災保険や共済の補償を利用することが出来ます。
被害に遭われてから3年以内に申請しなければなりませんので、破損に気づいたら早急に、保険会社若しくは組合等に問い合わせましょう。

今回は木材の貫板を使用していますが、少しの隙間から雨水が吹き込むといずれは腐食してしまいます。
そこで、なるべく腐食しない素材を使用したい!という方には、プラスチック樹脂製の貫板のご使用をご提案しております。
若干費用は高くなりますが、劣化しにくい棟に仕上がりますので、是非ご検討ください。

棟板金の固定方法

棟板金固定
棟板金の固定は、必ず真上からでなく側面でビス止めを行います。
「脳天打ち」と呼ばれる釘の打ち方は、雨水が入り込む恐れがある為、決して行ってはいけない施工方法です。
必ず横からビスを打ち込み、固定をするようにします。

新築時は釘を使用することが多いのですが、補修時は錆びにくく抜けにくいSUS製ビスを使用していきます。
屋根葺き替え工事完了
波板張替
金属波板による屋根葺き替え工事の完了です。
最も雨水が集まり、流れやすい場所の補修を行う事で、雨漏りにも心配がなくなる事でしょう。
桟木に向かって固定がされているのかを再チェックします。波板は1枚交換し、雨水の流れを分散させました。
集水器取り付け
軒樋交換
続いては雨樋です。1面の軒樋の交換と、集水器の増設を行い、排水をスムーズに行っていきます。
受け金具ももちろん新たな物に取り替え、長期にわたりメンテナンスフリーを図ります。
補修工事は高い費用がかかってしまう物と思われがちですが、雨樋は小さな部材を繋ぎあわせていますので、今回の様に部分的な交換が簡単に行う事が出来ます。

素材と形状によって特徴も費用も異なりますので、あらかじめ方針を決め、メンテナンスを行いましょう。
疑問点があればお気軽にご相談ください。

雨樋用ボンド
支持金具の下地補強
雨樋には雨樋用ボンドを使用します。瞬間接着剤のようなものが耐久性に優れていると思う方、多いと思いますが、雨樋は建物の動きに合わせて動きますので、柔軟性が求められます。
隙間が出来た時にコーキング材で繋ぐ方法もありますが、一時的な応急措置であり、本来は破損個所を拡大させないためにも交換した方が良いです。
簡易補修の際には、今後起こり得るリスクをご説明致しますので、あらかじめご了承の上補修を行いましょう。

受け金具を止めていた木材(垂木)が劣化していたため、木材を継ぎ下地の補強を行いました。
これでしっかりと雨樋の傾斜(勾配)の維持も出来ますね。

工事を終えて

屋根と雨樋の補修工事を行う事で、A様のお住まいの問題点が解決しました。
普段気にはなっているけど、補修に踏み切るまでが…と考えられている方は少なくありません。
しかしメンテナンスを行いたい!と思うのは、何かしらの理由が必ずあります。
工事を行うかどうかはまず置いておき、費用や補修方法、今後のメンテナンスやメリットを知る為にも、お気軽に街の屋根やさんへお問い合わせください。
お問い合わせ後も無料点検後も、しつこいお電話等は致しませんのでご安心ください。
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        市川市須和田で化粧スレート屋根の雨漏り調査、屋根葺き替えか屋根カバー工事で解消します
        市川市須和田で行った化粧スレート屋根の雨漏り調査の様子をご紹介します。「屋根から雨漏りしているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。雨天時に天井から音がするという事で、点検口から小屋 ...続きを読む
        千葉市若葉区桜木町で落ち葉により雨樋の詰まり、落ち葉除けネットがオススメです
        千葉市若葉区桜木にて雨樋の調査を実施致しました。以前も雨樋からポタポタ垂れてしまった事があっそうでした。雨樋は屋根の軒下についているものです。雨が降ると全て雨樋を経由して外に排出される造りになります。 ...続きを読む
        千葉市中央区大巌寺町にて日本瓦のズレと割れ、軽量で地震に強い金属屋根葺き替え工事
        千葉市中央区大巌寺町にて日本瓦屋根の調査を実施致してきました。最近外壁の塗装工事をされた際に職人さんから屋根がおかしいと言われた事がきっかけになったそうです。塗装屋さんでは瓦の事は分からないとの事でし ...続きを読む
        千葉市稲毛区黒砂台にて瓦屋根から雨漏り、原因は防水紙の劣化が原因でした
        千葉市稲毛区黒砂台にて雨漏り調査を実施してきました。瓦屋根のお宅で室内の天井から雨漏りされていました。梅雨時期はやはり雨漏りにお困りのお客様が多くなります。まずは室内の雨漏り箇所の調査になります。天井 ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!