袖ケ浦市|軒天ベニヤの腐食・剥がれをケイカル板で補修!

更新日:2017年7月28日
before
軒天ベニヤ点検
horizontal
after
完了
【お問い合わせのきっかけ】
軒天が剥がれたことにより、鳥が巣を作って棲みついてしまったと、袖ケ浦市のお客様からお問い合わせを頂きました。
鳥の巣を除去しただけでは、また別の鳥が棲んでしまいますので、軒天の補修は必要不可欠です。
孔が空いた部分の補修に当たりましょう。

【施工内容】
軒天補修工事(ケイカル板増し張り・塗装)

軒天点検
ベニヤ剥がれ
袖ケ浦市の2階建て住宅です。軒天を見るとベニヤの表面が剥がれている箇所が見られます。軒天は普段雨水が当たる所ではありませんが、外壁にぶつかる空気が立ちこもる場所の為、経年によって劣化が目立つ場所です。
以前はベニヤでの施工が多かったのですが、近年はケイカル板やガルバリウム鋼板での施工も目立つようになりました。
軒天の施工箇所は足場の仮設を必要とする場合が多い為、補修には費用が掛かります。
なるべく補修が少なく済む方法を考えたいものですね。
ベニヤ剥がれ
剥がれ
別の場所でも剥がれと捲れが見られます。ベニヤは塗膜によって耐久性を維持していますが、経年により塗膜が劣化し、雨水を吸収するようになると、ベニヤの表面から剥がれ最終的には孔が空いてしまいます。
一見問題が無いように聞こえますが、軒天からの動物の侵入は良くあります。
ネズミ等は配線をかじって漏電の原因になったり、鳥は騒音と糞等の臭いの問題、コウモリ等もノミやダニの繁殖の原因になります。
思わぬ住宅被害が潜んでいますので、穴が開いたら速やかに補修を行っていきましょう。
軒天,下屋
下屋の確認を行いますが、こちらは塗膜の劣化があるものの、穴が開くような大きな被害はないように思います。
まずお客様のご希望としては鳥の侵入対策ですので、まずは孔を塞ぐことを第一に、可能な補修工事を行っていきます。
足場仮設
部分足場
まず2階部分の補修は必ず足場の仮設が必要となります。補修箇所が1面だけであっても、足場が1面では支えきれない可能性がありますので、必ず3面架設を行います。
足場は住宅からおよそ80㎝離れた場所に立てられ、ステップ等を取りつけていきます。庭に植物がある場合は、施工前に確認させて頂きますので、ご不安な点等ございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。
ベニヤ
ケイカル板
足場の仮設後、ベニヤの剥がれ・腐食具合を確認し、雨漏りを起こしていないかなどもしっかり確認します。
屋根からの雨漏りがあるにもかかわらず、気付かずに補修をしてしまうと施工をするだけ無駄になってしまいます。

経年劣化の腐食という事を確認し、ケイカル板での増し張り施工を行っていきます。
増し張り
下地組み
下地が腐食している部分に関しては、内部に下地を組み接着面をしっかりさせる必要があります。ケイカル板はベニヤよりも耐久性は高いのですが、硬い素材の為ビス打ちが外側になった場合、ケイカル板は割れる可能性があります。
使用材料の特徴を確認し補修を行っていきます。
増し張り
全体
増し張り後は継ぎ目にパテをし、段差がでないように下地の処理を行っていきます。

軒天塗装
ローラー
ケイカル板はベニヤよりも耐久性が優れていますが、やはり雨水を長く吸い続けることはできません。その為、表面を塗装し吸い込みを抑える必要があります。
また軒天は湿気がこもりやすい場所の為、通気性の高い塗料を使う方が良いでしょう。軒天に換気口が無い場合は、補修の際に有孔版に切り替える事もご検討してみては如何でしょうか?
小屋裏鳥の巣
今回、小屋裏からとり覗いた巣の残骸です。
住宅のどこかに入り込むことが出来れば、これほど良い環境はありません。
動物が簡単に棲みつくことを考え、早急に補修をしていきましょう。
記念写真
以上、軒天補修工事は完了です。
お住いのお客様もこれで鳥の鳴き声や騒音に悩まされずに済んだと大変ご満足されていました。
また気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!