台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

木更津市|棟板金交換(ハイブリッド建材使用)工事で強風対策!

施工内容屋根補修工事、棟板金交換

before
棟板金
horizontal
after
棟板金交換工事
【お問い合わせのきっかけ】
強風の影響で大屋根の棟板金が飛んでしまいました。棟板金の飛散原因は強風が多いのですが、そもそも釘や貫板の劣化が原因となります。適切な補修工事を行っていきます。

【施工内容】
棟板金交換工事(貫板:ハイブリッド建材)
棟板金
タスペーサーはずれ
木更津市のO様邸ですが、強風によって棟板金が飛散してしまいました。棟板金が飛散する原因として、釘と下地の腐食が考えられます。釘と下地貫板は経年劣化によって、錆びたり腐食を起こし、浮きや破損を起こしやすくなります。浮きかかっている場所に強風が入り込む事によって、棟板金の飛散事故は起きてしまいます。

普段見る場所ではありませんので、どの程度腐食が進んでいるのか?と不安になるかとは思いますが、施工方法も問題になりますので、一概には〇年で腐食します!という回答はできません。
外壁塗装等のメンテナンスの際に専門業者に、棟板金の固定の確認と釘浮きのチェックをしてもらいましょう。

ちなみにO様邸、一度塗装メンテナンスをされているようですね。塗装時に必要なタスペーサーが見られました。落下している部分もありましたので、次の塗装補修時にもタスペーサーは必要項目になりそうです。
継ぎ目,シーリング
棟板金
腐食までの時間は施工方法によって異なります。棟板金にはシーリング工事をしなければ、雨水が入り込む場所がいくつかあります。板金同士の継ぎ目にはシーリング工事が必要不可欠です。また釘穴からもいずれ入り込みますので、シーリングで塞ぐ業者もいます。

このシーリング工事をするとしないでは、貫板の腐食速度は大きく変わってきます。通常、新築時の棟板金の施工には木材の貫板が使用されます。雨水が当たれば少しずつ腐食し、釘も利かなくなってしまいます。
雨水が入るような場所には必ずシーリングがされているかの確認はしておきましょう。

同じ板金で見ていくとスレート屋根には谷板金があります。谷板金もガルバリウム鋼板と頑丈な素材が使用されていますが、経年により錆や穴あきは起きてしまいます。塗装や取替等のメンテナンスをすることによって、雨漏りを防ぎますのでここも要チェックです。
ヒビ
色褪せ,下屋
棟板金が飛散した場合、気になるのは屋根の状態と他の棟板金です。棟板金が飛散した際にスレートに衝突していると割れを起こしますが、今回はそのような破損は見当たりませんでした。
経年劣化によるひび割れは多数ありましたので、シーリングや塗装での補修工事は必要でしょう。

下屋にも落下物等はありませんでした。棟板金の釘浮きは少し見られ、このまま放置しては同じように飛散するような事故が発生してしまいます。
1ヶ所の破損は他の箇所の腐食も指しています。今回の破損個所については火災保険や火災共済の補償対象にもなりますので、同じ工事時期に全て取り替えることをお勧め致します。
養生
塗膜
飛散した個所については棟板金をビスで固定した後、雨水が隙間から入り込まないよう、テープで養生をしていきます。このままではまた飛散してしまいますので、早急に工事の日程を組んでいきます。

棟板金とは違う屋根点検です。塗装メンテナンスはされたようですが、その後かなりの時間が経過しているようで、塗膜の剥がれ、色褪せが目立ちます。剥がれの原因は屋根材と塗料の密着力が悪い(下地調整不足)、屋根材の傷みが酷かった等、様々な要因があります。今の状態では屋根材が水分を含みやすくなっていますので、再度メンテナンスをした方が良い状態です。
屋根点検
縁切り
前回施工でタスペーサーによる縁切りはされていましたが、少しずつタスペーサーの落下があったようです。所々、屋根材同士の接着が見られましたので、次回の塗装でもタスペーサーの設置もしくは縁切り作業が必要となります。
ちなみにタスペーサーは910㎜の屋根材幅に対して左右15㎝の場所に1ヶ所ずつ挿入(W工法)すると、1㎡あたり10個は使用するような計算です。ポリカーボネート樹脂製のタスペーサーは強い衝撃や荷重が掛からない限り、割れる事はありません。
縁切り作業が必要な場合、1件に対し3~4万円程かかりますが、雨漏りを防ぐための作業と考えれば決して高くはありません。
他点検
棟板金歪み
下屋の棟板金は破損はしていないものの、歪みや凹みが見られました。また表面の塗膜が剥がれてしまっていました。いずれ錆の発生・腐食に繋がりますのでこの機会に全交換工事を行いましょう。
棟板金,貫板
貫板撤去
棟板金交換工事です。まずは既存の棟板金と貫板の撤去をしていきます。この状態ですと、防水紙はあるものの、釘穴などから雨漏りを起こす可能性もあります。棟板金を撤去した場所はその日のうちに棟板金の取替が完了できるよう作業を進めていきます。
シーリング
貫板撤去
貫板撤去後は屋根材に付着したシーリングもカッターで綺麗に除去し、綺麗な状態にします。
撤去した貫板は既に雨水を含み、黒く変色しひび割れも多く見られました。水分を含んだ後に乾燥を繰り返すことで木材は肉痩せを起こします。釘も利かなくなってしまいますので、飛散する前に交換をすることが非常に大切です。
シーリング
タフモック
下地を綺麗にした後に、貫板の取付を行います。今回は木材ではなくセイキのハイブリッド建材、SKシリーズを使用します。発泡樹脂にアルミ芯材を一体成型することで伸縮を少なくすることに成功しています。加工等は木材と変わりませんが、耐腐食性に優れている為腐りにくく扱いやすい素材です。

タフモック
棟板金
使用・取り付け方法は木材の貫板と全く変わりませんので、ビスで固定し、棟板金の取付に入ります。
棟板金は屋根の形状に合わせ加工し、軒方面から取り付けていきますが、ここでもシーリングを打設しておきます。雨水侵入防止と固定力向上につながります。
棟板金,ビス
棟板金取付
下屋も同じようにハイブリッド建材と新規の棟板金で交換工事完了です。固定は釘ではなく、錆びにくく抜けにくいSUSビスを使用することで長期にわたって安全な屋根に仕上がります。
棟板金ビス
外壁取り合い,シーリング
棟板金の固定もSUSビスです。また外壁との取り合いも隙間なくシーリング施工をすることで、内部への雨水侵入を最小限に抑えることが出来ます。もともと腐りにくい素材ですが、腐らない訳ではありませんので事前に対策をすることが大切ですね!

以上で木更津市の棟板金交換工事竣工です。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        木更津市で棟板金の釘抜けを調査、台風に備えて点検をお勧めいたします!
        木更津市にお住まいのお客様より、「隣で工事していた業者から棟板金の釘が抜けていると指摘を受けたので見て欲しい」とのご相談がありました。 お話を伺うと、台風前に早めに補修を済ませないと雨漏りなどの危険...続きを読む
        袖ケ浦市の瓦屋根、瓦の落下や瓦のズレは雨漏りへと繋がる危険性
        袖ケ浦市にお住まいのお客様より「瓦が落ちているの見つけ、屋根の状態が不安」と、屋根調査のご相談のお問い合わせいただきお伺いいたしました。瓦が落下した際に、お客様・お住まいに被害がなく安心しましたが、別...続きを読む
        市原市の瓦屋根調査、漆喰の剥がれ棟瓦のズレ
        市原市の瓦屋根調査です。庭に屋根から落ちた思われる欠片を見つけ、屋根の状態がどのような状態になっている心配とお客様より屋根調査のお問い合わせいただきお伺いいたしました。欠片が落ちた際に、お客様・建物に...続きを読む
        富津市の雨漏り調査、原因は屋根からの浸水
        富津市にお住まいのお客様より「雨漏りによって室内の天井が崩れ落ち困っている」と、雨漏り調査のお問い合わせいただきお伺いいたしました。室内の天井が崩れ落ちてしまうほどの雨漏りですので、雨漏りに影響よる建...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        スタッフとお客様
        k様 大網白里市 工事前アンケート
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        強風により棟の釘が浮いてきたため。

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        インターネット

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        ・すぐ問合せをした。
        ・実際に工事を行う会社、所在地がどこなのか不明

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        ・見積り料金が発生しない。
        ・保険について相談に応ずる。

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        ・明るく丁寧に親切に対応していただいた。
        ・プランなど適切な説明などあり、わかりやすかった。

        before
        ビス打ち替え前
        horizontal
        after
        ビス打ち替え後
        スタッフとお客様
        before
        屋根工事前 雨漏り
        horizontal
        after
        屋根工事後

        H様 いすみ市 工事後アンケート(NO1)
        Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
        スマホ検索で2社に依頼しました。御社の谷さんは雨の日なのにすぐに見にきてくれて、どこが悪くて雨漏りするかを説明してくれました。素人の私にも分かりやすく説明してくれたからです。

        Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
        他の業者の人は、よくみもしないで老朽化の為だから全部直さないとダメと言われ高額な金額でした。態度が偉そうでした。

        Q3お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
        早くしてほしいからです。雨漏りは精神的に苦痛です。

        Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
        担当者の人柄・誠実そうにみえました。

        Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
        満足しています。次もなおすところがあるので、ぜひ、谷さんに指名でお願い致します。今回はありがとうございました。またお願い致します。

        お客様とスタッフ
        N様 工事前アンケート 山武市
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        台風でかわらがズレたので。

        Q2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
        インターネットで探しました。

        Q3.街の屋根やさんを知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        はい。

        Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
        信頼出来そうだったから。

        Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
        親切にお話をして下さり、丁寧にチェックと見積もりをして下さいました。ありがとうございました。


        before
        台風 瓦のズレ 瓦の割れ
        horizontal
        after
        瓦の差し替え工事



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!