日本瓦のサイズや大きさはJISで規定されているから流用が可能です

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

日本瓦のサイズや大きさはJISで規定されているから流用が可能です

更新日 : 2020年04月19日

更新日 : 2020年04月19日

未だに令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風の影響は色濃く残っており、瓦屋根を補修しようにも肝心の材料、瓦そのものが手に入らない状態が続いております。困ったものです。激甚な2つの台風が過ぎ去った昨年の秋、屋根材をはじめとしたあらゆる建材が不足することは目に見えていました。「このままブルーシートで養生したまま、何カ月も過ごさなくてはならない家も多いのか。さぞかしお客様は不安だろう」と思っていたら、意外なことから問題は解決しました。日本瓦のサイズはJIS規格で明確に決まっていたので流用することが可能だったのです。
※この記事は5分程度で読了できます。


日本瓦の標準的な大きさは約30㎝×30㎝!

ブルーシートで養生された瓦屋根 台風で被災した瓦屋根

専門職でもない限り、あまりまじまじと屋根を見つめることはないと思います。それでも、和瓦(J形瓦)の家に住んでいるという方ならば、ちょっと他の家の瓦屋根が気になるのではないでしょうか。「あそこの家は青緑瓦で外壁と色合いがマッチしていていい感じ」とか「同じ日本瓦でも色が明るいブラウンだと洋風の家にもマッチするのね」とかいろいろと近所のお家をウォッチしたことがある方は多いはずです。ところで、その時に疑問に思わなかったことを疑問に感じたことはありませんか。色が違っても、同じでも、自分の家と同じ形状の瓦なら、何となくその大きさの違いに気づくのではないでしょうか。自分の家と近所の家の瓦を見較べて、「大きさが違うなあ」と思ったことがある方は少ないはずです。

それもそのはず、粘土瓦の日本瓦(J形瓦)は大きさがJIS規格で明確に定められているからです。一般的な戸建ての場合、縦30.5㎝、横30.5㎝のJ形瓦がに使われています。J形瓦の大きさはこれだけではなく、さまざまなものがあり、1坪(3.3㎡)に使われる枚数によって呼ばれ方が変わります。縦30.5㎝、横30.5㎝の標準的な和瓦の場合、1坪(3.3㎡)に53枚使われますので、「53枚版」と呼ばれます。

形状が一緒なら、サイズも一緒なのでこれまで他の家の屋根で使われていたという瓦を他の家に持っていって流用することも可能なのです。これは本当に令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風の時に助かりました。瓦屋根から金属屋根などに葺き替えてしまった方の瓦は不要となります。そういった瓦をお客様の許可をいただいて再利用させていただいたこともありました。

 

J形瓦なら釉薬瓦もいぶし瓦も大きさは共通

燻し瓦 釉薬瓦

同じJ形瓦であっても、日本瓦は製法によって二分されます。陶器とほぼ同じ製法で作られた釉薬瓦と耐候性を上げるために燻されたいぶし瓦です。どちらも同じ粘土瓦とだけあって、大きさは共通です。一般的な大きさのものは縦30.5㎝、横30.5㎝の53枚版となります。よって、釉薬瓦の屋根、いぶし瓦の屋根、どちらにも融通することができるわけですが、あまりお勧めはできません。というのも、同じ粘土から造られている瓦と言えど、工法が違う場合、固さなども違うことが考えられるので、差し替えた部分の瓦が割れてしまう、その周辺の瓦が割れてしまうということも考えられるからです。

 

S形瓦やF形瓦も大きさはほぼ共通しているが流用は難しい

洋瓦の屋根 平瓦

同じ粘土瓦でも洋瓦であるとS形瓦やF形瓦はどうなのでしょうか。S形瓦はそもそも流通量が少ない上に各社で形状が違うことも多いので向いているとは言えないでしょう。F形瓦で現在、流通しているものは防災瓦としての機能を備えているものも多く、側面の雨仕舞などに各社の工夫が見られます。防災瓦としてのロック機能は各社で違いがありますから、そもそも噛み合わせることができません。流用して差し替えるのは難しいと言わざる得ないでしょう。



 

J形瓦・S形瓦・F形瓦のサイズ

 日本瓦は1坪に53枚使用されるので53枚版と呼ばれるとお話しましたが、53枚版はさらに「53A」と「53B」に分けられます。AとBの違いは、Bのほうが横長であることです。日本で一番使用されている日本瓦である三州瓦は53A形、三州瓦の次に販売数の多い石州瓦は横長の53B形です。

・縦、横の長さ
  53A : 縦横ともに30.5㎝
  53B : 縦29.5㎝ 横31.5㎝

・働き長さ、働き幅
  働き長さ、働き幅とは、瓦が屋根に葺かれている状態で瓦同士が重なり合っていない、露出している部分の瓦の長さ、幅を指します。
  53A : 働き長さ23.5㎝ 働き幅26.5㎝
  53B : 働き長さ22.5㎝ 働き幅27.5㎝

・谷の深さ(山の高さ)
  53A、53Bともに3.5㎝以上

洋瓦のS形瓦やF形瓦のサイズも比較してみましょう。ちなみにS形瓦は、瓦の形がS字、スパニッシュ瓦のSをとってS形瓦と呼ばれます。S形瓦は1坪あたり49枚使用され、49Aと49Bに分けられます。F形瓦は、フラットのFから名付けられており、1坪に40枚使用されます。

・縦、横の長さ
  49A : 縦横ともに31㎝
  49B : 縦33.5㎝ 横29㎝
  40(F形瓦) : 縦35㎝ 横34.5㎝

・働き長さ、働き幅
  49A : 縦横ともに26㎝
  49B : 働き長さ27㎝ 働き幅25㎝
  40(F形瓦) : 働き長さ28㎝ 働き幅30.5㎝

・谷の深さ(山の高さ)
  49A : 5㎝以上
  49B : 4㎝以上
  40(F形瓦) : 3.5㎝以上


 

大きな屋根には大きな瓦、小さな屋根には小さな瓦が使われる

大きなお家 農家づくり

塀の笠木に瓦が使われているお家、たまに見かけますよね。また、お家の門の屋根があり、そこに瓦が葺かれているものもあります。これらを観察してみると、かなり小さな瓦が使われていることが分かります。また、凄く大きな建物になると形状は同じでも大きな瓦が使われていることもあります。これは雨仕舞と関係があり、大きな屋根の場合、大きな瓦で葺いた方が瓦が少なく、繋ぎ目も少なくなるため、雨漏りしにくくなるからです。塀の笠木やお家の門の屋根に小さな瓦を使うのはデザイン的にそちらの方がマッチするからで、大きな建物にはやはり大きな瓦が似合うそうです。さすがに歴史があるだけに深い屋根材です。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。自分…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!