梁と桁の違いとは?それぞれの役割をご紹介

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

梁と桁の違いとは?それぞれの役割をご紹介

更新日 : 2020年02月19日

更新日 : 2020年02月19日

木造家

日本のお住いは昔から木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)で建てられています。木造軸組工法とは、建築構造の木構造の工法のひとつで、日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化、発展させたものです。ちなみに、在来工法ともいわれています。
木造枠組壁構法はフレーム状に組まれた木材で構造用合板を打ち付けた壁や床で支える構造に対し、木造軸組構法では、主に柱や梁といった軸組で支えるようになっています。

木造 骨組み

この工法は均等に地盤に力を伝える為の基礎がつくられており、その上に土台、骨組みとなる柱などを建てて、お住いを作っています。
その中でも柱や梁などの木材を組み合わせているパーツは非常に重要な役割を担っています。
本日は、梁と桁の役割とそれぞれの違い、またお住いを組み立てている各パーツの紹介をしていきたいと思います。

梁とはどういった部材?

梁(はり・りょう)とは建物の妻方向に架ける水平部材で、屋根や床などの荷重を柱に伝える重要な部材のことです 梁に架けられた重みは柱や壁、大梁に伝えられます。
柱同様に梁も使用する場所により名称が異なります。
柱と柱をつなぐように配置されているものを大梁といわれており、大梁と大梁の間にかけ渡すものを小梁と呼ばれています。
また、小梁にはさらに小さい梁がついており、これを孫梁といいます。このように、梁は配置されている場所によって呼ばれている名前が異なるのです。

梁の材質について

主に、木材や鉄筋コンクリート、鉄骨などが梁の材料として用いられています。
昔は石造建築にも梁が用いられていましたが、石材は曲げることに弱く、長スパンがとりにくいという欠点がありました。
しかし近年は様々な種類の集成材が開発され強度のばらつきが少なくなり、大きな梁がつくられるようになりました。

鉄骨 基礎

梁とは異なる桁について

桁はお住いの建物の構造において、外周の水平方向に架ける部材です。
床や屋根を支えており、木造建築物では、建物の長辺方向に架ける水平方向の部材が桁になります。
桁には下記のような種類があります。
・軒桁
垂木を受ける水平部材で、小屋梁、柱と接合されます。
・ささら桁
階段の踏み板を受けるため、上端に段形に切り込み、斜めに架ける桁材のことを指します。
ちなみに、階段両側の板材が踏み板を挟み込むような形状のものを側桁と呼ばれています。

ふみ板 階段


短辺が梁、長辺が桁

 梁と桁の違いを簡単に説明すると、「建物を上から見た時に、建物の短辺に使われているのが“梁”、長編に使われているのが“桁”」となります。「橋桁」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、これをイメージするとわかりやすいかもしれません。橋を上から見たときに、岸から岸に架け渡す、長辺の部分が「桁」です。
梁と桁それぞれを詳しくお話します。下の木造軸組工法のパーツの名称の図で、棟木を頂点として垂木が作る三角形の底辺を「梁」(小屋梁)といいます。この三角形の下に、土台と柱を合わせた四角形がくっついた骨組みが見える側を「妻」側と言います。妻側の骨組みだけでは奥行きがなく空間ができないので、奥行き方向に三角形と四角形の骨組みを並べます。このとき、骨組み同士を繋ぐ役割をするのが「桁」です。妻側とは反対に、三角形が見えない側を「平」と呼びます。妻側の左右の方向を梁行、平側の左右の方向は桁行と呼ばれます。
 先ほど妻のお話をしましたが、奥さんを妻と呼ぶのも、昔女性は妻側で生活していたことからきているそうです。

木造軸組工法の各パーツの名称を紹介

木造軸組工法の各パーツ

木造軸組工法の各パーツの名称をご紹介していきます。

・棟木(むなぎ)
屋根の骨組みの中でも一番高い場所にある部材。

・母屋(もや)
屋根を支え垂木を受けている。

・軒桁(のきげた)
垂木を受けている横材。

・小屋束(こやづかい)
梁の上に立ち母屋を支えている。

・垂木(たるき)
棟木・母屋・軒桁の上に渡して屋根の下地を支えている。

・筋交い(すじかい)
柱、梁、胴差し、桁の間に斜めに入った木材。
耐震性を高める効果もあります。

・胴差し(どうざし)
軸組みを構成する部材、1階と2階の境の床の位置にもあたる部材。

・管柱(くたばしら)
胴座しや桁などで区切られた柱で通し柱とは異なる。

・根太(ねだ)
大引の上にある部材。主に床材を支える。

・土台(どだい)
基礎の上にのった横材、建物全体の重さを支えている。

・小屋梁(こやはり)
軒桁に結合し、天井を支えている。

・間柱(まばしら)
壁を作るための垂直な柱。

・梁(はり)
柱で支えられている横材。

・大引(おおびき)
根太を支えている部分。

・基礎(きそ)
地盤の上につくられ、建物全体を支えている部分。

・床束(ゆかづか)
床を支え、大引を支えている部分。

・束石(つかいし)
床束を支える。石やコンクリートでできている基礎の部分。

以上が、木造軸組工法の各パーツの名称になります。
どうでしょうか、ほとんど見かけない、聞きなれない単語ではないでしょうか。
各部名称は工法や構造だけでなく他の分野でも出てくる言葉もあります。
屋根の内部の構造についてはこちらをご覧ください。
部材の名称を把握することで、どこの部材なのかをしっかりと覚え家づくりに役立つのです。

まとめ

木造構造 家

お住いの構造や各パーツの名称を知る機会というのはなかなかないのではないでしょうか。
また、それぞれのパーツの違いや役割を知ることで、今後お住いを購入する際や補修をお願いする際に役に立つのではないでしょうか。

ちなみに、最近ではおしゃれな店舗などで天井がなく、軒や梁が見える状態のお店も見られます。そういった際はぜひ、どういった構造なのか見てみるのもいいかもしれませんね。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!