台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

木更津市で屋根の無料点検、瓦の落下と防水紙の劣化を確認してまいりました

更新日:2018年9月1日
木更津市にお住いのお客様より、屋根の点検と補修をお願いしたいとのご相談をいただきました。
お話を伺うと、屋根は瓦だそうで、強風の際に瓦が一枚落ちてしまったそうです。
瓦が落ちてしまった場合、すぐに雨漏りが発生する事はありませんが、早めに補修を行うことが大切です。
早速、ご相談を下さったお客様のお住いを点検してまいりました。
8c7035607d09989f9bfd2707b89766e1
たまにお客様より、瓦が落ちてしまったが今直す余裕がないので当分瓦が落ちたままでもいいですかといったご相談を承ります。
こういった場合、瓦が落ちてしまっても、その下に貼られているルーフィング(防水紙)に異常がなければすぐに雨漏りがしてしまう心配はないのですが、下地が劣化していたり、長い間瓦が落ちた状態を放置してしまうと、やはり雨漏りを引き起こす可能性が高くなるため、なるべくはやく補修を行ってあげることが理想です。
早速、今回ご相談を下さったお客様の屋根を点検するため、梯子をかけ瓦の様子を確認していきます。
確認すると、瓦が落ちた部分の防水紙が切れてしまっているのがわかります。
この場合は、すぐに応急処置を行い、お住いに雨水が入らない様にします。
a46b63b04d05954b17f08dff07566391
8263f808686a37ba039878a4a4a3d0e41
実際に瓦を確認し、瓦が落ちてしまった箇所と、その下の防水紙が切れてしまっている箇所を写真で撮影し、お客様にも確認していただきました。
お客様には、雨漏りが発生する前に屋根瓦の交換と、新規防水紙の設置工事が必要ですとお伝えいたしました。
雨漏りが発生してしまうと、お住まいの内部の腐食が進んでしまい、屋根の葺き替え工事が必要になってしまう可能性も出てきますので、早めに補修を行う事がお勧めです。
街の屋根やさん千葉では、屋根の点検、調査、お見積り無料で行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!