台風で窓ガラスが割れないようにするために必要な対策とは

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

台風で窓ガラスが割れないようにするために必要な対策とは

更新日 : 2019年12月03日

更新日 : 2019年12月03日

texts
※この記事は7分程度で読むことができます。

texts
一般的な戸建てのお家の中で最も弱いところはどこでしょうか。ある人は目地のシーリングと答えるかもしれませんし、ある人は雨樋と答えるかもしれません。窓ガラスをを割られて泥棒に浸入されたことがある方は窓ガラスと答えるでしょう。実はお家の中で最も弱いと感じられるところはそれぞれの体験によって異なるため、決めようがないのです。では、物理的に考えたらどうでしょうか。窓ガラスと答える人が大半ではないでしょうか。実際には網戸の網の方が弱いのですが、割れたガラスには物理的なヤバさが満載ですので、ここでは窓ガラスとしておきます。
headlinesstrapline

建物の中で最も脆弱な部分が窓ガラス

columns
割れて応急処置されたガラス
texts
建物の中でガラスが最も弱いのは昔からの通説です。中島がやってきます。そして友人に声を掛けます。「磯野、野球やろうぜ」と。そうするとそれから5分も立たないうちに広場に面した家のガラスがボールで割れることになります。まだ街中にも空き地が多かったよき昭和時代の風景です。

泥棒の侵入口となりやすいのが窓ガラスで、音を厭わないのであれば1秒もかからず割って家屋に浸入することが可能です。泥棒はご近所や警察との連携で防ぐことも可能ですが、台風などの自然現象は未だに人間では防げません。台風などの際は強風や飛来物で窓ガラスが割れるということも起こりえます。2019年の台風15号では木更津市でも屋根の被害の他、窓ガラスが割れてしまったというお家も多く見られました。どうしたら、その被害を防ぐことができるか考えてみましょう。
headlinesstrapline

雨戸、シャッター、鍵、閉められる部分は全部締める

columns
雨戸は締めましょう
窓の鍵も閉めてロック
texts
雨戸やシャッターは窓ガラスより外側にありますから閉めておけば、窓ガラスに直接、風が当たるわけではありません。雨戸やシャッターが風に負けない限り、窓ガラスが割れる心配はないのです。また、ある程度の飛来物にも耐えられます。雨戸やシャッターの強度を上回るものが飛んでこない限り、飛来物が窓ガラスに達することはありません。窓に雨戸やシャッターが備えられている限り、強風時には必ず閉めておきましょう。

雨戸も、シャッターも、窓も、鍵が付けられている場合は全ての鍵を締めましょう。鍵をロックできる場合はロックも掛けましょう。雨戸には上と下、2つの鍵が付けられているものもあります。この場合、必ず上下とも鍵をかけてください。習慣化しており、どちらか片方しかかけないという方も多いのですが、片方だけだと強風による振動で鍵が開くこともあります。また、片方だけだとその部分だけに力がかかるので、歪んだり、壊れたりすることもあります。両方を掛けておけば、それぞれの負担も減るので鍵が開くこともありませんし、歪みにくくもなるのです。

窓の鍵も必ず掛けて、ロックしてください。強風による雨戸やシャッターなどの振動で、鍵が徐々に緩んでくることがあるからです。ロックしておけば、しっかりと固定されるので緩む心配はありません。
headlinesstrapline

窓ガラスの台風対策は割れではなく破片の飛散の防止ために行います

columns
飛来物で割れた窓
ガムテープで養生
headlinesbyline texts
冷静に考えて見れば、分かることだとは思いますが、ガラスに養生テープやガムテープを貼ったところで強度が上がるわけではありません。割れた時の破片の飛散防止のために貼るものです。ただ、ガラスに養生テープやガムテープを貼ると割れた時の破片が大きくなるため、怪我をしやすくなるという意見もあります。カーテンが備え付けられている窓の場合、それを閉めておけば窓ガラスが割れても部屋の中に大きく散乱することはないので、必ず閉めておきましょう。
headlinesbyline columns
割れたガラスを保持するフィルム
割れても飛散しない
texts
一部の合わせガラスは中央にフィルムが入っており、割れても窓枠からガラスが落下することはありません。また、防犯用のガラスフィルムの中にはバールで殴っても、ガラスが崩れ落ちず、穴を開けるのが不可能なものもあります。ガラスが上の写真のようになってもその機能を保持し、ある程度までは雨水の浸入を食い止めるのです。

これらは台風の強風に対しても非常に有効ですが、台風接近中にすぐ用意できるかというとほぼ無理です。そのような施工をしてくれるガラス屋さんやサッシ屋さんも台風の中、工事してくれるかというとかなり疑問です。そして、かなり高価なので、台風の為だけに設置するというのはかなり割高に感じてしまうでしょう。これからの防犯のことを考えれば、安いものかもしれませんが。

台風接近中と通過中にできることと言えば、「雨戸やシャッターを確実に締めて全ての鍵をかける」、「窓の鍵を締めてロックする」、「窓に養生テープを貼る」くらいしかないわけです。
headlinesstrapline

割れたら、どうすべき?

columns
割れて散乱した窓ガラス
割れた窓
headlinesbyline texts
台風通過中に窓ガラスが割れてしまったら、基本的に放置するしかありません。強風が室内に吹き込みますと屋根が持ち上げられて飛散する可能性もありますが、なす術がないというのが実情です。大きなテーブルや板などでできるだけ塞ぎ、家具などでそれを押さえるのが理想ですが、吹き込む強風の中でそうした作業ができるかというとかなり疑問です。少なくとも屈強な大人が複数人必要ですし、そのような方々が作業しても二次被害を受けてしまう方もあります。基本的には放置しかできないのです。
headlinesbyline columns
飛来物で変形した雨樋
image8
texts
私事で恐縮ですが、2019年の台風15号で私の家の窓ガラスが割れました。しかも雨戸を閉め、鍵をしっかりと掛け、サッシの鍵も掛けてロックしておいたのにです。朝方、雨戸に何かがぶつかったと思ったら、間髪入れずガラスの砕ける音… 当初はガラス製の何かが強風で飛来し、雨戸にぶつかって砕けたと思ったのですが、音のした部屋に行ってみると室内のガラスが砕けています。雨戸は変形したようで両方とも開閉不可能です。停電の中、懐中電灯を頼りにガラスを片付けました。 強風と豪雨が頻りに雨戸を打ち付けてきますが、幸いなことに両方の雨戸とも動かないけど健在なので雨水が室内に入ってくることはありませんでした。明るくなってから確認したところ、十数メートル先の近所の瓦が1階の屋根の上に数枚、落ちていました。瓦が飛んできて、雨戸を直撃したのでしょう。屋根には瓦が開けたとおぼしき穴もあります。これ、雨戸を閉めていなかったら、とんでもないことになっていたでしょう。
headlinesbyline columns
格子の付けられた窓
格子の付けられた窓
texts
雨戸もシャッターも取り付けられておらず、剥き出しになっている窓、貴方のお家にないでしょうか。ほとんどの場合、こういった窓は泥棒の侵入が困難な高い位置に取り付けられています。こちらにも雨戸やシャッターを取り付けることはもちろん可能ですが、室内側からでも手が届きにくい位置にあることもあります。自由に雨戸やシャッターを開閉できないケースもあるのです。

現実的に考えて、そういった窓には格子を付けるべきです。もちろん後付けは可能ですし、取り付けてしまえば、ほぼメンテナンスフリーです。アルミ製のものであれば、錆びないし、軽いので取り付けた場所の負担も少なくて済みます。縦格子の場合、格子の間の間隔が広いものもあり、飛来物に対して防御力が低そうなものもありますが、取り付けないよりも防御力は格段にアップします。また格子の間隔が狭いものも選ぶことができます。ヒシクロスの面格子というのもあり、こちらは斜めに格子がクロスしたものですので、防御力は縦格子より高くなります。 

飛来物が格子の間隔や目より小さいものでない限り、窓ガラスに直接当たるということはありませんので、割れるということも少なくなるのです。これにプラスして飛散防止フィルムを貼っておけば、まずは安心して過ごせるでしょう。 気象は年々、凶悪化しています。現在はこれに対抗するためにコストがかかる時代になりました。被災して困るのはご自身やご家族です。建物の防災のこともご家族でじっくりお考えください。

木更津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。木更津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する木更津市特設ページはこちら

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      台風 窓割れないようにに関連する新着ブログ




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!