シート防水の費用やメンテナンス時期を屋根リフォーム専門店のスタッフがお話しします

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

シート防水の費用やメンテナンス時期を屋根リフォーム専門店のスタッフがお話しします

更新日 : 2019年12月26日

更新日 : 2019年12月26日

texts

屋上防水工事には様々な種類があり、その一つがシート防水です。塩ビ(塩化ビニール)樹脂や加硫ゴムを材料としたシートを貼る防水工法で、陸屋根やバルコニー以外に屋外にある回廊や外階段などにも施工されています。

他の防水工事の工法と比べて10年~20年ほどの耐久性があることや、高い防水性能があることから通常の雨を防ぐだけでなく、屋上緑化や屋上プールなどにも採用されています。

約1~2.5mm程度の厚さのシートを1枚で防水層を作ることができるので、施工が早くコストパフォーマンスが高いといった特徴があります。また、シート自体が工場で生産されて検査も通過した製品ですので、ウレタン防水のように職人の腕に仕上がりが左右されることもなく安定した防水性能が期待できます。


texts headlinesstrapline

シート防水が必要な症状

texts

シート防水の劣化などで心配になるのは雨漏りです。雨水が侵入している箇所の補修はもちろんですが、屋内に入り込んだ雨水によりクロスや壁面に染みなどの汚れが付着した場合は最悪交換する工事も必要になります。

そうなる前にメンテナンス時期を見極める症状をご紹介します。


columns
シート防水施工中写真
シート防水 施工後
headlinesbyline simple
シート防水がひび割れしている

・シートのひび割れ

塩ビのシートには可塑剤を使うことで柔軟性を出し、カットなどの加工がしやすいようにしています。しかし年数が経過すると可塑剤が気化し、シートが硬化するためひび割れしてしまうケースがあります。


simple
シート防水 トップコートの塗膜が剥がれている

・塗膜の剥離

シート防水には紫外線による劣化を防ぐためにトップコートを塗布しています。5年から10年ほどでトップコートの寿命を迎えるため、それを過ぎるとひび割れや剥離が見られます。


simple
シート防水 表面に苔が生えている

・苔や藻の発生

苔や藻は北側で、なおかつ水捌けが悪い箇所に発生しやすいです。特にトップコートの経年劣化により水分の滞留時間が長くなると発生してくるのでメンテナンス時期の目安になります。


headlinesstrapline

シート防水工事の種類

texts

一言でシート防水といっても種類がありますが大きく塩ビ・ゴムとに分けられます。見た目では塩ビは表面がつるつるしていて、表面が固いのに対し、ゴムは表面がざらっとしていることと弾力があってやわらかいという違いがあります。

どちらもシート状になっており、それを張り付けて防水層にしていますが、シートのつなぎ目の処理にも違いがあります。

塩ビのつなぎ目は溶着処理といって液溶着を使って納めますが、ゴムは重ね幅を50mmほど重ね合わせてローラー転圧でつなぎ合わせます。

他にもゴムは塩ビよりも安価ですが、強度的には弱く人が歩行するような物理的な干渉がある所には向いていません。しかし柔軟性が塩ビよりもありますので地震で建物が揺れても追従して防水層を守ります。

塩ビは逆に強度に優れており回廊や屋上などに使われています。


headlinesstrapline

シート防水のメリット・デメリット

texts

・メリット

シートは工場で検査を通った製品ですので、防水層を形成する上で品質が一定となり防水性能も安定します。また、シートを貼り合わせて防水層を作るのでウレタン防水やFRP防水のような乾燥時間もなく工事の時間も短縮、結果工事費用のコスト削減になります。


・デメリット

シート自体はとても長持ちし、そこから漏水することはなかなかないのですが、つなぎ目からの漏水が弱い部分です。また、シートを設置することから複雑な形状の場所には適しておらず、その場合はウレタン防水などを検討することが多いです。


headlinesstrapline

シート防水のメンテナンス方法

texts
メンテナンス方法は状況によって変わりますが、シートと下地の内側に気泡が入って膨れが出ている場合は脱気筒を取り付けて対応します。また、破れた箇所なども部分的であればパッチを当てて処理をします。
トップコートが塗布されているシート防水の場合は5年から10年ほどの周期でトップコートの塗り替えを行うことで防水層を長持ちさせることができます。
防水と言っても長時間水分が滞留すると防水層の劣化に繋がりますので、排水溝が詰まっていたりシートの浮きによって水たまりができている場合は早めに対処する必要があります。
columns
46027_R-columns2-overlay-columns2
DSCN1975
headlinesstrapline

シート防水の費用

texts

塩ビと合成ゴムで費用を比較すると、

・塩ビ
㎡あたり 3,500円~
工期 1日~4日ほど

・ゴム
㎡あたり 2,500円~

工期 1日~4日ほど

※接着工法よりも機械固定式の方が一割ほど割高になるケースがあります

シート防水の施工方法

シート防水の施工には2つの種類があります。下地の状態や建物の位置によって施工方法が異なります。

・接着工法
接着工法は、高圧洗浄後に下地部分にプライマーを塗布し、シートの接着力を高める工法です。接着剤を塗布した後に、防水シートを貼り付けます。空気が下地と防水シートの間に入り込まないよう、しっかりとくっつけます。接着剤を使用し、シートと下地部分をしっかりと密着させるため、耐風性に優れており、雨漏りの心配もありません。さらに、熱・紫外線・オゾンに対しても耐久性が高く、ある程度強度があるため、歩行にも適しています。しかし、下地が平でない場合はシートを上手く貼り付けることができないことがあります。

・機械的固定工法
固定するための金具を用いてシートを固定する工法です。機械的固定工法は脱気工法とも呼ばれ、脱気工法にはさらにUD工法とUS工法があります。まずどちらも、湿気による防水シートの膨らみを防止するための絶縁シートを敷きます。その後、UD工法では先に金具を取り付け、防水シートと融着させます。US工法は、防水シートを敷いた後に金具で固定します。主にコンクリートに含まれる水分が防水シートに現れ、しわなどを引き起こす際に使用する工法です。耐風性があり、高層や沿岸の建物に適しています。
headlinesstrapline

シート防水施工事例(塩ビシート機械的固定工法)

columns
シート防水 絶縁シート設置の様子
元々ゴムシートの防水が施工されていましたが、経年劣化で防水性能が失われてきたことから塩ビのシート防水を実施します。既存のゴムシート防水の上から施工を行うことができるので廃材が少なく工期も短縮できます。
まずは、全体的な清掃を実施してから絶縁シート(写真の緑のシートを敷設します。
シート防水 UDディスクで絶縁シートを固定
絶縁シートをUDディスクとアンカーを使って固定していきます。絶縁シートの役割は防水シートともともとの防水層との間に空気の層を作ることや表面の凸凹を緩衝するといったものです。
columns
シート防水 シートのジョイント処理(熱で溶着)
シート防水での弱点となるシートのジョイント処理は職人の腕にかかっています。溶着材を添付して専用の機器で熱を出して接着していきます。
シート防水 ジョイント処理完了
溶着の後にさらにシール材で処理をすると写真のように綺麗な仕上がりになります。ここがよれていたりすると、浸水や剥がれなどの原因になります。
columns
シート防水 完工後
シートを全体的に設置して、シートヒーターを使って熱で接合作業を実施。シート内の湿気を逃がす脱気筒や排水溝などの処理を行い工事は完工となります。
一度施工をすれば10年から20年は耐用年数がありますので、この先も安心してお過ごしいただけますね。
headlinesstrapline

まとめ

texts
シート防水はウレタン防水と比較して耐用年数が高いことや、施工における防水層形成が工場製品の品質によるところが大きく安定しているなどの特徴があります。
防水工事にはシート防水以外にもFRP防水やウレタンなど様々で、そのシーンによっても最適な防水工事がありますのでシート防水に限らず建物の状態や形状、用途などでどの施工がよいのか考える必要があります。
(そのほかの防水工事はこちら
街の屋根やさんでは事前の現地調査からどのような工事が最適かご提案し、お見積書も無料で作成いたします。これからシート防水工事をご検討される方はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
  一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろ…続きを読む
失敗しない屋根リフォームのコツ
失敗しない屋根リフォームのコツ
屋根のメンテナンスがなぜ必要なの? 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。 春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで…続きを読む
屋根工事料金プラン
屋根工事料金プラン
 屋根工事と一概に云っても屋根材の種類によっても、また、屋根の状況によっても色々とあります。また、同じ工事でも屋根の状態や傾斜(勾配といいます)、立地などによって費用は変わってきます。そこがこのリフォーム工事を発注するうえで難しいところだと思います。「せめて目安があれば」「基本価格はないの?」そ…続きを読む
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフォームに対して心配や気がかりな事があるのではないでしょうか? 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフ…続きを読む
各種屋根材の初期費用と維持費用を合わせたコスト比較
各種屋根材の初期費用と維持費用を合わせたコスト比較
 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。  それに加えて、お子様がいるご家庭では「学」にもお金が必要です。 生活を豊かさを考えるなら、趣味にもお金をかけたいですし、生活の足としてお車を所有しなければならない方もいるでし…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      シート防水に関連する新着ブログ

      笠木を外し下地調整 市原市ちはら台で防水工事を実施させていただきました。現在雨漏りはされていませんがシート防水が剝離などをされていましたので今回通気緩衝工法のウレタン防水工事を承りました。こちらのお宅の屋根は平になっている造りで陸屋根と言われます。陸屋根に ...続きを読む
      木更津市の雨漏り調査です。アパートの一室で雨漏りが起き困っているとオーナー様より雨漏り修理のご相談のお問い合わせいただきお伺いいたしました。雨漏りは、修理をせずそのままにしてしまうと被害は広がり建物に悪影響を与えてしまいます。原因を、しっかりと特定し適切な工事が必要です。 【アパートの雨漏り調査】 ...続きを読む
      市原市にお住まいのお客様より「ベランダ下の天井材に染みが広がり、天井材が剥がれが出ている」と、ベランダ調査のお問い合わせいただきお伺いいたしました。ベランダ下の天井材ですので、上部のベランダに染みが発生する原因があると思われます。染みを引き起こしている原因を究明します。 【ベランダ調査】 ...続きを読む
      木更津市にお住まいのお客様より「ベランダの下に雨染みが広がり始め、雨漏りではないか」と、雨漏り調査のお問い合わせをいただきお伺いいたしました。ベランダが原因で雨漏りが起きている場合、ベランダの床に施工されている防水施工を新規にやり直す工事が必要になります。雨漏りによって床が傷んでしまっていた場合、床の強度が低下してしまっている状態ですの張替えが必要になります。 【 ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!