コロニアル屋根のメンテナンス、屋根リフォーム診断、習志野市

更新日:2014年6月15日
2014年6月15日更新 本日ご紹介するのは習志野市のI様邸の屋根調査です。 屋根の上の板金の劣化が気になるので調査をして欲しいとご依頼を頂きました。
習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根001R.jpg
早速お伺いして屋根の調査を行います。 屋根の種類に拘わらず、屋根の調査は主に ・屋根材の状態 ・棟の状態 ・谷の状態 を中心に見ていきます。 今回はコロニアル(スレート)屋根でした。 先ずはお問い合わせのあった棟板金の調査です。
習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根008R.jpg
棟板金は中にある貫板に釘で留まっていることが多いのですが、経年や風の影響で 釘が緩んだり、抜けたりします。そうすると強風や突風に耐えられず飛んでしまうケースが良くあります。 今回のI様の屋根も釘の抜けや浮きが見られました。
習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根009R.jpg習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根006R.jpg
中の貫板が腐食していると新しく釘を打ち込んでも効かず、同じように外れてしまいます。 その場合は棟板金、貫板の交換をご提案しています。 続いて屋根材の調査です。
習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根002R.jpg習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根003R.jpg
屋根は雨水の影響を一番受ける箇所です。水はけの良い南側は比較的早く水が乾きますが 北側や勾配のゆるい屋根は水はけが遅いのでコケの付着が良くみられます。 下の写真、左側が北側斜面、右側が東側斜面です。しかも東の方が斜面が急です。 コケの生え方もてき面に解ると思います。 習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根004R.jpg
コケや藻は屋根材に根付き、塗膜を剥がしてしまうのでメンテナンスが必要です。 屋根材の割れも軽微なものは簡易補修で対応可能です。
習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根005R.jpg習志野市 屋根の調査 コロニアル屋根007R.jpg
今回はありませんでしたが谷板金は雨水が一番多く通る部位です。錆や塗料の劣化に注意する必要があります。 今回のI様邸、棟板金の釘浮き、錆が気になります。交換の時期に来ています。 屋根材も北面を中心にコケが生えていますので洗浄・塗装をお勧めいたします。 お客様へは写真・動画を見ていただき、状況を把握頂いた上で工事のお打合せをさせて頂きます。 皆さんの屋根も無料診断いたします。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!