カーポートの屋根の台風対策、被害を受けずに済む方法

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

カーポートの屋根の台風対策、被害を受けずに済む方法

更新日 : 2020年02月19日

更新日 : 2020年02月19日


カーポートの屋根の台風対策は可能? 不可能?? 被害を受けずに済む!?

樹脂製波板のカーポート ポリカ平板のカーポート

 お車を雨から守るカーポート。横殴りの雨では濡れてしまう造りも多いのですが、それでも乗降の際に雨に濡れづらくなりますし、いろいろと重宝することは確実です。2019年の台風15号や台風19号では木更津市でもさまざまな地域のカーポートが被害を受けました。ほとんどは屋根材が飛ばされてしまったというものでしたが、中には支柱ごと曲がり、倒壊してしまったものもありました。自然の力は本当に恐ろしく、それを環境破壊によって凶悪化させてしまったのは人類の責任です。カーポートの屋根はお家に較べると簡素な造りのため、強風被害に遭いやすいことは理解できると思います。しかし、簡易的な造りのカーポートの屋根でも工夫次第では被害を防ぐことも可能なのです。

台風対策はもちろん可能です、正しい対策をしておきましょう

台風でパネルが吹き飛ばされたカーポート カーポートを施工中飛

 カーポートの屋根の台風などへの強風対策は可能ですが、間違った方法ではより被害を拡大してしまう可能性もあります。ネットで検索するとさまざま方法が出てきますが、その中には非常に強い台風が来た場合、かえって被害が拡大してしまうようなやり方が紹介されていることもあります。ここではどんな時でもやっておいて方がいい強風対策とやると被害が拡大してしまいかねない台風に対策に分けて説明していきます。ぜひ、正しい方法を理解して実行してください。

やっておいた方がいいカーポートの屋根の台風対策

2019年台風15号の進路 横風注意

 現在のカーポートは主流は樹脂製の波板が取り付けられたタイプのもの、または厚さ2~3mmの平板、またはアーチを描いた平板を取り付けられたものが主流になっています。固定しているフックボルトやボルトが錆びておらず、無理なく締め付けたり、緩ませるのが可能でしたら、次のような対策をしましょう。なお、カーポートの屋根は手を伸ばしても届かない位置にあることが大半です。脚立や作業台に上がっての作業となりますので平地よりも不安定になります。力を入れないと姿勢を保てないような強風の中での作業は絶対にやめてください。脚立や作業台から落下するかもしれませんし、外した波板や平板が煽られて飛んでいく可能性もあります。落下した上に波板や平板が飛んでいってしまったのでは痛い上に損失までプラスされますので、絶対に行わないでください。

固定しているフックボルトやビスに緩みや外れがないかを確認する

フックボルト フックボルトが外れた波板

 基本的に波板タイプのカーポートも平板タイプのカーポートもやることは同じです。波板や平板を固定しているフックボルトやボルトが緩み、ガタついているとより緩みやすくなり、最終的には外れてしまいます。また、フックボルトやボルトがの緩みは波板や平板を強風でガタつかせるので、それらのひび割れや破損にも繋がります。そういった部分がないか目視したり、触って確かめてみましょう。緩んでいたら、締めこんでおいてください。また、外れて紛失していた場合は近くのホームセンターなどで購入し、取り付けてあげてください。ホームセンターへ行ってもどれを買っていいか分からないということもあるでしょうから、屋根からフックボルトを外して持っていくことをお勧めします。風が強くならないうちに購入し、これまた風が強くならないうちに固定してあげてください。

台風が強力、直撃しそうだったら樹脂製の屋根材を全て外してしまう

台風に備えて波板を外す 平板を途中まで外したカーポート

 ご自分で復旧できる自信があるのなら樹脂製の板を全て外してしまうのもいいでしょう。室内などに保管しておけば飛散しませんし、割れたりすることも防げます。風をうける部分が骨組みにだけになるので、強風で支柱やフレームが変形してしまうことも防げます。樹脂製の板を外すのは簡単なのですが、元に戻すのは意外と複雑です。適当に組み立てていくと手が届かない部分が出てきたり、周囲との立地やフレームの位置関係で体が入らない部分が出てくるからです。どのように復旧させるかは樹脂製の板の取り付け順番と位置が関係してくるため、パズルのように複雑です。紙などに図を書いて確認してから取り外しましょう。計画性がないと復旧させる際に付けては外しを繰り返すことになりかねません。

 最近はスマホなどで撮影もできますので、それぞれの樹脂製の板にテープなどで番号を付けて撮影し、それから外していけば確実に間違いは少なくなります。樹脂製の板を外した順番とそのフックボルトやボルトを緩めていった順番をメモっておけば、取り付ける時もスムーズにいく可能性が高くなります。

補強パーツが用意されているカーポートもある

 カーポートには屋根を支える柱が2本の片支持タイプと4本の両支持タイプがあります。もちろん、4本の両支持タイプの方が風に強く、強風時に強度が不足する傾向にある片支持タイプにはサポートと呼ばれる追加できる柱が用意されているものもあります。このサポートには着脱式と固定式があり、着脱式の場合はすぐに取り外せるので車の出入りの邪魔になることもありません。また樹脂製の屋根材の飛散を防ぐ屋根材ホルダーというものもあります。樹脂製の屋根材の場合、強風を受けるとたわんでしまい、外れてしまうことがあります。屋根材ホルダーはこの変形を防ぐための軽金属の部品で強風による屋根材のがたつきを抑えるはたらきもあります。さらには母屋補強材というものもあり、これはカーポートの屋根の骨組みである母屋(水平方向に取り付けるられている骨組み)に補強材を組み込むというものです。補強材の組み込みはカーポートを分解しないと行えませんので、設置する際に予め取り付けてしまうことが理想です。

絶対にやめておいた方がいいカーポートの屋根の台風対策

台風で樹脂板が剥がれてしまったカーポート カーポートに積もった雪

 多くの場合、カーポートが受ける台風被害は樹脂製の屋根材が飛ばされてしまうことです。樹脂製の屋根材を飛ばされたくないという気持ちは理解できますが、次のようなことは絶対にやめてください。被害がより拡大するだけでなく、周囲も危険に巻き込むことにもなりかねないからです。

樹脂製の屋根材が飛ばないようにネットをかける、テープ等で固定するは絶対にNG

カーポートの構造がよく分かる画像

 樹脂製の波板でも、平板でも、カーポートの屋根材は1枚の大きさがある程度決まっており、それが並べて固定されています。適度な大きさの方が運搬もしやすいし、施工もしやすいからです。強風で飛散してしまったとしても、数枚だけだったら復旧費用も少なくて済みますよね。また、飛散してしまったとしても個々の屋根材が飛ばされていくなら与える被害も小さくなることが予想できます。

 強風が予測される時に屋根材が飛ばないようにネットをかけたり、テープ等で固定したとしたらどうでしょうか。ある程度の風速までは飛散せずに耐えられるでしょう。一定の風速を超えたら、どうなるでしょうか。屋根材にネットをかけたり、テープ等で固定したカーポートは屋根全面で強風を受けることになります。風を受ける面積が広く、しかも個々に外れたり、飛散しませんから、限界を超えると支柱が曲がって倒壊する可能性さえあります。また、屋根全部が母屋や垂木といった部分ごと、フレーム丸ごと飛ばされる可能性もあります。

 軽いとはいえ、金属製の骨組みを持った数メートル四方の物体が強風に煽られ、街中を飛んでいく… これがどれだけ危険なことかは言うまでもありません。

建て替えるなら両支持タイプで金属製折板屋根のカーポートがお勧めです

両支持のカーポート

 多くの場合、カーポートは車の出入りの利便性やコストのことを考えて片支持です。片支持とは支柱がどちらかの片側に2本あるタイプのものです。車を複数、駐車しているお家では両支持、支柱が両側にあり、合計で4本以上というカーポートを見かけます。カーポートを新設する、または新しいものへと交換する場合、土地などの制約がないのなら、両支持タイプの方が絶対にお勧めです。

 見た目からも想像できるように、両支持タイプの方が強風にも地震にも圧倒的に強いのです。これで鋼板の折板屋根なら最強と言えるでしょう。鋼板の折板屋根もフックボルトで固定されていますが、そのフックボルトは大きさも強度も全く違います。折板屋根は台形の連なるような折り曲げ加工がされているので、積雪100cmまで耐えられるものもあります。積雪100cmというと一般的な戸建て住宅の屋根の場合、雪下ろししないといけないレベルです。そのことからも相当な強度があることが分かります。木更津市の個人宅で見かけることはほとんどありませんが、雪国では普及が進んでいるそうです。積雪に強いことはもちろんのこと、強風にも強い両支持タイプの折板屋根のカーポート、建て替えたり、新設するなら、間違いなくお薦めです。

 

カーポートは火災保険の補償の対象である場合と対象外である場合がある!!

 台風の強風による被災を補償してくれる火災保険、本当に頼もしい味方ですが、カーポートはその対象に入っているかを確かめておきましょう。意外に多いのがお家の建物のみ火災保険に加入しており、カーポートは加入していないというパターンです。お家の新築時にはカーポートがなく、後から設置したという方に多いようです。物置についても同様で、お家の敷地に物置を新設したからと言って、貴重品を保管するのでもなければ、火災保険についてのことはついつい忘れてしまうでしょう。今一度、保険会社に確認し、必要であるならば加入をご検討ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
お住まいの台風対策はお済みですか?
お住まいの台風対策はお済みですか?
  お住まいのメンテナンスをおろそかにしていると、度重なる台風に耐え切れるものではありません。被害に遭われてしまうことも多くなります。強風によって屋根材が飛ばされる、その箇所から雨水が浸入する、室内が水浸しになる、台風は様々な被害をもたらします。お住まいに不安のある方は台風シーズ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!