台風後の点検忘れずに!

雨樋の不具合はお家全体に悪影響を及ぼします

更新日:2017年10月18日
「それほどでもないけども、雨樋から水が雫となって垂れてきている」、「雨が止んでから数時間、経ったのに雨樋の裏側が濡れたままで乾かない」、貴方のお家でこんな光景を見たことは無いでしょうか。『雫となって垂れてきていても、さほど深刻なようなものに思えない』、『強い風の雨の時は樋の裏側が濡れるなんて普通のこと』とそう考えてはいませんでしょうか。実はその雨樋からの水の滴りや裏側の濡れは貴方のお家に深刻なダメージを与えているかもしれません。
水滴がしたたる雨樋
雨樋から滴ってきた雨水は地面に落下し、泥を跳ねます。雨樋は軒先に設置されており、外壁に近い位置にありますから、外壁に泥が跳ねてしまうこともありますよね。美観も悪くなるし、苔や藻なども生えやすくなります。

雨樋の裏側を塗らしていた雨水は雨が降っている時、最終的にどこに流れつくのでしょうか。雨樋の固定金具を伝って、軒先の鼻隠しやその先の軒天に達しているとすれば、その場所を傷める原因になります。鼻隠しの傷みや軒天の変色や剥がれはこういったことが原因となっていることが多いのです。
底に水滴が付いている雨樋
雨樋交換中
屋根やお家の専門家でもない限り、雨樋が正常に機能しているかどうかは雨が降っていなければ、判断がつかないでしょう。また、普段はよく外に出て、お家の周りやお庭のお手入れをしているという方でも雨の日にお庭に出ることは滅多にないでしょう。そのため、雨樋の不具合などはかなり酷くならないと気付かないことが多いのです。季節毎で構いませんから、雨上がりには雨樋を点検してあげましょう。「ちょっと変だな」と思いましたら、街の屋根やさんにご相談ください。無料で点検を行い、問題があるのか・ないのかを正確に判断し、ご報告いたします。0120-989-936



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!