軒天の塗膜が不思議な剥がれ方をする理由

更新日:2016年10月13日
お住まいの中でも特に傷みやすい部分とされている軒天、傷んだ軒天を見て不思議に感じたことはございませんか。「一部だけ、特に傷んでいる」とか「なぜか特定の部分だけ、塗膜の剥がれが激しい」とか… 実はそのように全体的にではなく、ある部分だけ傷んでしまうのには理由があるのです。
軒天
傷みの出ている軒天
軒天のアップ
傷みの出ている軒天のアップ
上の画像をご覧ください。ある部分だけ集中して化粧(塗膜)が剥がれていることが確認できます。この塗膜が剥がれている部分の中心には雨樋が通っていますね。これは恐らく雨樋が排水不良を起こしており、その影響を受けてしまったものと考えられます。このような場合、塗膜の剥がれの原因となった雨樋の排水不良を解決してあげないといけません。軒天だけを張り替えたのでは同じように同じ箇所が傷んでくるでしょう。
ベランダ下の塗膜の剥がれ
ベランダ下の塗膜の剥がれ
剥がれたところには釘が
釘が打たれているところの塗膜が剥がれていた
こちらはベランダ下の傷みを撮影したものです。化粧ボードの接合部の線を対称に塗膜が剥がれ、下地が露出してしまっています。線対称で剥がれている理由はどちらの部分にもここに釘が打たれているからです。釘を打たれている部分のベランダの防水層に隙間ができており、雨水が浸透してくるのでしょう。浸透した雨水が化粧ボードまで到達し、塗膜を劣化させ、剥げてしまったという例です。このように特定の部分だけ傷むということにもしっかりとした理由があるのです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!