台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

台風シーズン前にやっておきたい屋根メンテナンス「棟板金交換」

更新日:2017年7月23日
数日前に梅雨明けが発表されたと思ったら、今度は海上に台風が3つも発生している状態になりました。現在、台風5号、台風6号、台風8号が発生しています。幸いにも日本への影響はなさそうということで安心ですが、雨台風であるならば関東地方にやってきて現在、取水制限されている荒川水系を潤してほしいものです。

街の屋根やさんでは台風接近後や通過後に必ずご相談を受けることがあります。屋根の棟板金の飛散や剥がれです。
浮いてしまった棟板金
浮いてしまった棟板金
剥がれてしまった棟板金
剥がれてしまった棟板金
棟板金はスレート屋根や金属屋根の頂上や角にあり、最も風の影響を受けやすい部分です。釘などで固定されているのですが、経年で釘が緩むことがあり、強風が吹くと屋根から一部が外れて変形してしまったり、飛散してしまうことがあります。それほど重さのあるものではないのですが、長さ数メートルのものが風で飛んでくるというのは恐ろしいことです。人やご近隣のお家、車などに当たれば、必ずや被害が出てしまうでしょう。
換気棟
換気棟なら夏も涼しく過ごせます
本格的な台風シーズンが訪れるのは8月後半からです。築年数が10年以上経過しているというお家はその前に点検し、問題があるようならば交換をお勧めします。ご近隣の方々に迷惑をかけてから後悔しても遅いのです。

棟板金は必ず交換が必要になる部分です。また、交換するのであれば、夏の暑さ対策と冬の結露対策になる換気棟も選べます。現在、問題を抱えていなくても、点検を受けておけば安心ですよね。街の屋根やさんでは無料にて点検を行っております。ぜひ、ご活用ください。フリーダイヤル0120-989-936にてお待ちしております。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!