スレートの屋根塗装に必須のタスペーサーに新型が発売されました

更新日:2017年5月29日
スレート(コロニアル・カラーベスト)の屋根塗装に必要なのが縁切りです。縁切りとはスレートとスレートの重なる縁の部分に切れ目を入れて、隙間を作ることです。この隙間から染み込んだ雨水などを排出するのです。塗料がこの隙間を塞いでしまうと、雨水などが排出できないので雨漏りなどの原因になります。
タスペーサーで縁切り
タスペーサーで縁切り
スレートの縁に挿入されたタスペーサー
スレートの縁に挿入されたタスペーサー
その昔、縁切りはスレートとスレートの重なる部分に皮鍬と呼ばれるヘラのようなものを押し込んで、場合によっては塗膜を切断するような方法で行っていました。せっかく屋根塗装したのに塗膜を傷つけるようなこの方法はあまりいいものではないですよね。そこで登場した製品がタスペーサーです。下塗り後にスレートとスレートの重なる部分へ塩ビ製の樹脂製品を挿入することによって、適切な隙間を作っていたのです。
新型タスペーサー01
トランプのスペードにも似たタスペーサー01
今回、新登場したタスペーサーも樹脂製です。これまでのものは5角形やコの字型をしていましたが、今度の物はスペード型をしています。メーカーの実験動画ではこれまでのものより水切れがいいとされています。これまでのコの字型のものの名称は「タスペーサー03」、5角形のものは「タスペーサー02」、今回のスペード型は「タスペーサー01」です。数字が若くなっていくということはそれだけメーカーも自信があるということでしょうか。これからスレート屋根塗装で使う機会も多くなるでしょうから、その時はまた報告したいと思います。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!