松戸市にて強風により落下したドーマーの棟板金を交換し雨漏りを防止

工事のきっかけを伺いました!

足場アイコン 火災保険アイコン 棟板金交換アイコン

施工内容屋根補修工事、棟板金交換

施工期間1日

before
棟板金の飛散
horizontal
after
棟板金交換工事完了

お問い合わせのきっかけ

台風の影響で屋根の一部が落下してしまったとご相談を頂いたのは、千葉県松戸市のお客様邸です。
屋根はお住まいを守る非常に大切な部位ですが、常に太陽光や雨水に晒され続けている為、経年劣化を見逃すと思わぬ事故を引き起こします。早速屋根の状態を確認し、雨漏りを引き起こす前に補修していきましょう。

棟板金交換工事

松戸市の棟板金飛散
棟板金と貫板の撤去
2階の屋根にドーマーがあるお住まいですが、ちょうどドーマーの頂部から棟板金が落下してしまったようです。棟板金は敷地内に置かれていましたが、形が変形してしまっていました。どこにぶつかることもなく落下したようですので被害は棟板金部分だけでしたが、屋根や外壁、窓にぶつかると被害の拡大、通行人に衝突するような事があれば一大事です。
ではなぜ外れてしまったのか、屋根を見ていきましょう。
スレート屋根の状態
棟板金飛散
屋根材はスレート瓦です。若干の色褪せや汚れの付着は見られますが破損もなく雨漏りも起きていないようですので、破損した棟板金を確認していきましょう。棟板金はスレートではカバーしきれない頂部に取り付けられますが、そのまま板金が取り付けられている訳ではありません。
下地に貫板と呼ばれる木材を屋根に取り付け、その貫板に棟板金を覆うように固定しています。新築時にはほとんどのお住まいで木材を貫板にしている為、隙間が出来てしまうと雨水が吹き込み貫板が腐食してしまいます。すると貫板自体の固定力が弱まり、棟板金の飛散に繋がります。こちらのお住まいは棟板金だけでなく貫板までも一緒に飛散してしまっていました。少し費用が高くなりますが、プラスチック樹脂製の貫板を使用することで腐食しにくく外れにくい棟板金に仕上げることが出来ますので、ぜひお気軽にご相談ください。
片流れの棟板金
棟板金が取り付けられていた場所ですが。貫板を固定していた釘は残っていますが貫板は残っていません。恐らく木材が割れてしまったのでしょう。
片流れ屋根はシンプルながらお洒落なデザインですが、風や雨水の影響を受けやすい形状です。特に建物が高くなるほど風も強くなりますので、頻繁に補修を行っていく必要があります。
今回は非常に高い場所で傾斜も急なため本来は足場仮設をしたいところですが、火災保険にご加入されていないようですので施工費用を抑える為に、細心の注意を払い足場の仮設無しで補修工事を行っていきたいと思います。
片流れ屋根の特徴
貫板設置
飛散せずにかろうじて止まっている棟板金部分も、貫板が雨により腐食しているため既に固定が出来ていない状態でした。この屋根部分は直線で交換しますので、取り外していきます。打ち込まれていた釘を抜き、新たな貫板を取り付けていきます。補修には釘ではなく、更に抜けにくいステンレスビスでしっかりと固定します。
棟板金加工
ステンレスビスでの固定
棟板金は屋根の形状に合わせ加工し、雨水が入り込まないようにピッタリと取り付けていきます。写真を見るといかに急勾配の危険な施工場所という事が分かりますよね?現場に慣れているスタッフだからこそ作業が出来ますので、決して屋根に上がり確認をしたりすることはお控えください。
棟板金取替工事完了
片流れ屋根の棟板金交換
棟板金の側面から貫板に向かってビスを打ち込みます。広い面に留める方が安心だと思われがちですが、真上で留めてしまうとビス穴から雨水が入り込み、雨漏りの原因となってしまいます。脳天打ちとも呼ばれる施工方法は非常に危険ですので、応急処置としてご自身で固定が出来る場合にも注意しましょう。
屋根のない破風板の方や側面までしっかりと囲い込み、雨水の浸入を防いでいきます。
交換してからは数年ごとに固定がされているのか、隙間が出来ていないかを点検していきましょう。
また片流れ屋根は破風板や軒天も傷みやすくなってしまいますので、腐食する前に塗装メンテナンスで塗膜保護を徹底しましょう。
街の屋根やさんでは、屋根の補修工事はもちろんお住まい全体の塗装工事等も承っております。気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください。点検・お見積りは無料にて承っておりますのでご安心ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        千葉市稲毛区園生町にて棟板金の飛散、仮復旧を行い新規棟板金交換工事を実施
        千葉市稲毛区園生町にて棟板金交換工事を実施致しました。築30年程で10年程前に屋根葺き替え工事をされていました。棟板金は屋根の最上部にある板材の事で釘などで固定されている事がほとんどです。年数を経過し ...続きを読む
        富里市七栄にて強風の影響で棟板金が飛散、当日伺い棟板金の養生を致しました
        富里市七栄にお住まいのお客様になります。当日の強風の影響で屋根の一部が取れてしまったとの事で屋根の調査を実施致しました。屋根の登らせて頂きました所、棟板金の箇所が取れて飛散されていました。棟板金は屋根 ...続きを読む
        千葉市稲毛区黒砂台にて瓦屋根から雨漏り、原因は防水紙の劣化が原因でした
        千葉市稲毛区黒砂台にて雨漏り調査を実施してきました。瓦屋根のお宅で室内の天井から雨漏りされていました。梅雨時期はやはり雨漏りにお困りのお客様が多くなります。まずは室内の雨漏り箇所の調査になります。天井 ...続きを読む
        千葉市緑区平山町にてスレート屋根の棟板金の釘浮き、飛散する前に交換工事
        千葉市緑区平山町にて棟板金の調査を実施致しました。築15年程でスレート屋根のお宅でした。下から見て屋根の一部が浮いているとの事でした。棟板金はスレート屋根の最上部にある板材の事を指します。板金、棟板金 ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!