我孫子市東我孫子の2年前に屋根塗装を行ったお住まいにてタスペーサー設置と棟板金交換で雨漏りを防止

工事のきっかけを伺いました!

棟板金交換アイコン

施工内容屋根補修工事、棟板金交換

使用材料プラスチック樹脂製貫板,タスペーサー

before
棟板金の釘浮き
horizontal
after
棟板金交換工事完了
2年前に他業者様にて屋根塗装工事を行った我孫子市東我孫子のお住まいですが、棟板金を固定している釘が浮いているように見える為、釘打ちのみの補修をご希望されていました。もちろん釘打ち補修のみの工事も承っております。しかし今回は屋根塗装で行っておくべき「縁切り」が不十分だったため、今後雨漏りを起こす可能性があります。そこで今回はタスペーサーの設置も行いました。

2年前に屋根塗装を行ったお住まい点検

2年前に屋根塗装済
釘浮き
まずは屋根の状態確認です。スレート屋根材は2年前に塗装を行っていますので、色褪せや苔の付着も一切見られず非常に綺麗な状態でした。棟板金の浮きが見られた釘は釘頭しか塗装されていなかったため、恐らく2年前には浮きは無かったのでしょう。しかし強風等で煽られることで徐々に釘は浮きや抜けが起こり、棟板金が飛散する危険性が高くなります。一時的に打直しで補修を行いますが、再度釘が抜ける可能性があるため棟板金交換工事で貫板から補修し直していきたいと思います。
縁切りが不十分
棟板金とは別にお住まいへ危険を及ぼすのは、屋根材同士の密着です。通常スレート屋根の塗装を行った際には、「縁切り」と呼ばれる作業を行い、塗料による屋根材同士の接着を解消していかなければなりません。屋根材間の隙間を設けなければ屋根材内部に入り込んだ雨水の出口が無くなり、毛細管現象で雨漏りを起こす可能性が高くなってしまいます。スレート屋根材は1枚が非常に薄い為、屋根塗装で隙間が塞がれてしまうのです。その為、スレート屋根材の塗装メンテナンスには縁切りもしくはタスペーサーの設置をセットで行う必要があるのですが、2年前の塗装では縁切りがされておらず屋根材が接着されてしまっていました。毛細管現象は施工後何年で発生するか分からないため、縁切りがされていない事が分かった以上、早急に補修を行っていきましょう。
棟板金の浮き
雨漏り確認
今回不具合が見られた棟板金の浮きも、棟板金交換工事で一気に改善することが出来ます。2年前に施工された際にはコーキング補修を行っていたようですので決して施工不良という訳ではありません。このように2年経過するだけでも不具合が生じます。特に台風や地震が発生した際にはお住まいへダメージを与えている可能性も高い為、必ず定期的な点検を行い必要に応じた補修・補強を心がけていきましょう。
点検時には小屋裏での雨漏りも確認できず毛細管現象は発生していませんので、縁切り不良の発見は不幸中の幸いです。前回施工業者から施工保証等の約束がある場合は、無償での補修が可能ですので前回業者へ補修依頼をしましょう。また施工不良に関して施工後1年以内に気づいた際には施工保証に関係なく瑕疵担保責任がありますので、前回業者へ連絡しましょう。

雨漏り防止対策

棟板金撤去
換気棟設置
まずは棟板金交換工事を行っていきます。既存の棟板金と貫板を撤去し新たな棟板金を取り付け直していきます。今回は補修時に主棟に換気棟を取り付ける為、その箇所だけ小屋裏までの穴を開けていきます。この後に雨水は浸入しませんが小屋裏の換気が出来る特殊な棟板金を取り付けていきます。雨漏りを起こすリスクがある為普及率は少ないのですが、適切な施工を行っていれば全く問題ありません。軒天や妻側に換気口を設置されているお住まいは換気効率が高くなりますので、是非一度ご検討ください。
樹脂製貫板
棟板金交換工事
棟板金の下地となる貫板には木材が使用されている事が多いのですが、雨水の吹き込み等により腐食する可能性が高くなります。その為補修時には木材よりも耐久性に優れたプラスチック樹脂製の貫板の使用をご提案させていただくこともあります。プラスチック樹脂製貫板は木材と同様の加工が出来るにも関わらず、腐食しにくく棟板金を強固に固定することが出来ます。貫板設置後は棟板金を取り付け、側面に向かってビス留めしていきます。更に棟板金の重なり部分には棟板金の固定と雨水浸入防止の為にシーリング材を打設します。
縁切り確認
タスペーサー設置
続いて屋根材からの雨漏りを防ぐ為に縁切りとタスペーサー設置を行います。まずはカッターや皮スキで屋根材間を塞いでいる塗膜を切っていきます。塗料が完全に乾いてから縁切りを行えば屋根材が再度接着する心配はありませんが、全体を確実に切っていかなければなりません。そこで部分的な縁切りを行いタスペーサーを設置していきます。屋根材1枚に対してタスペーサーを1箇所設置するのはシングル工法、屋根材1枚に対しタスペーサーを2箇所設置する際にはダブル工法と呼ばれます。ダブル工法は屋根材が割れやすくなると言われていますがそのようなことはなく、確実な縁切りが期待できます。

工事を終えて

タスペーサー設置
棟板金交換工事と縁切り・タスペーサー設置を行ったことで、雨漏りの発生を回避することが出来ました。現在は縁切り作業を行う業者がほとんどですが、数年前までは縁切りを行わずに屋根塗装を行っていた業者も少なくありません。適切な施工が当たり前とは思わずに施工中や施工後の様子を写真等にて保管し、何かトラブルが発生した際に対処できるようにしましょう。
街の屋根やさんは釘固定や簡易的な補修はもちろん承っておりますが、お客様のお住まいに今後大きな被害をもたらすような不具合を発見した場合は適切な補修工事をご提案させていただきます。点検・お見積りは無料にて承っておりますので、屋根の状態に不安を感じる方はお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        千葉市稲毛区園生町にて棟板金の飛散、仮復旧を行い新規棟板金交換工事を実施
        千葉市稲毛区園生町にて棟板金交換工事を実施致しました。築30年程で10年程前に屋根葺き替え工事をされていました。棟板金は屋根の最上部にある板材の事で釘などで固定されている事がほとんどです。年数を経過し ...続きを読む
        富里市七栄にて強風の影響で棟板金が飛散、当日伺い棟板金の養生を致しました
        富里市七栄にお住まいのお客様になります。当日の強風の影響で屋根の一部が取れてしまったとの事で屋根の調査を実施致しました。屋根の登らせて頂きました所、棟板金の箇所が取れて飛散されていました。棟板金は屋根 ...続きを読む
        千葉市稲毛区黒砂台にて瓦屋根から雨漏り、原因は防水紙の劣化が原因でした
        千葉市稲毛区黒砂台にて雨漏り調査を実施してきました。瓦屋根のお宅で室内の天井から雨漏りされていました。梅雨時期はやはり雨漏りにお困りのお客様が多くなります。まずは室内の雨漏り箇所の調査になります。天井 ...続きを読む
        千葉市緑区平山町にてスレート屋根の棟板金の釘浮き、飛散する前に交換工事
        千葉市緑区平山町にて棟板金の調査を実施致しました。築15年程でスレート屋根のお宅でした。下から見て屋根の一部が浮いているとの事でした。棟板金はスレート屋根の最上部にある板材の事を指します。板金、棟板金 ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!